November 2005

November 17, 2005

ボージョレ・ヌーボー4

c53ac8c2.jpgボージョレヌーボー解禁日。
今年のボージョレヌーボーは
夏が暑かったからか前評判もいいですってね。
・・・なのでソムリエ・ナイフを出してきて
お手入れしちゃったりなんかして。
数年前に頂いたモノですが、すっごくお気に入りで
大切に使っています。

軽井沢のあるレストランから
レアもの?のボージョレが入っているらしく
「おいで〜!」とお誘いを頂いたので
是非近いうちに行きたいと思ってます。

ボージョレ・ヌーボーって言っても約300種類もあるとか。
素人の私には何を選べばいいのかサッパリ???です。

聞いたところによると、今年の話題は
「キュヴェ サントネール」とのこと。日本初上陸。
樹齢100年以上の大事に大事に育てられてきた樹から
できたぶどうしか使ってないんだって!すごい!
(普通ぶどうの樹は、古くて樹齢数十年なんだそうだ)
おじいちゃんのぶどうの樹は、枝によって?樹によって?
1つの枝に2房くらいしかつかないんだそうだ。
つまり、そこにすべてが凝縮されているってコト?

それをルイ・テットさんというおじさんが濾過、清澄もせず
手作業で、愛情たっぷりにつくりあげたワインなんだって。
う〜飲んでみたい! 既にかなり品薄らしい。

ポットと呼ばれている瓶がまた可愛いの。買おうかな。

ところでワインパーティって和製英語?
オージーに「ワインパーティしよう!」って言ったら
英語ではワインパーティは「?????」なんだって。
「カクテルパーティとか、ワインナイトなら、よろし」---とのこと。

ボージョレ・ヌーボーの参考ブログ
G-NETmasterさん:詳しい!
贈り物さがし隊さん:ワインの友もいろいろ見つかる

takamaien_n at 13:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 酒談義 

November 16, 2005

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ5

3ae84145.キューバンミュージック=すごく洗練された音楽。

ちょっと前にバーボンのネタを書いていたときに
バーボン⇒ライ・クーダー⇒ブエナ・ビスタと
思い出して前から欲しかったこのCDを購入。
やっと手元に届いてずっと聞いている。カッコいい!

キューバの老プレーヤーたちのほとばしる熱い思いっていうか
内側から溢れ出てくるエネルギーというか音楽を愛する心っていうか
そんなのがいっぱい詰まったアルバムで
聴いていると年をとるのも悪くないな・・・って思う。

私はやっぱりピアノの音が大好きなので
ルベーン・ゴンザレス爺ちゃんのマンボがたまりません。
「#4 プエブロ・ヌエボ 新しい民族: ダンソン」

コンパイ・セグンド爺ちゃんとライクーダーが
デュエットしているボレロも素敵。
「#6 イ・トゥ・ケ・アス・エチョ?私の花に何をした?」
ライ・クーダーがキューバ最高のミュージシャンたちに
敬意を払って、優しい気持ちで、思いをこめて
演奏している姿が目に浮かぶよう。

「#5 ドス・ガルデニアス くちなしの花をふたつ」
というボレロを聴いていたら
ハワイのアラモアナビーチがフラッシュバック。

ショッピングにはあんまり興味がない私がひとりで海を見ていたら
ライブハウスで歌っているという人とちょっと仲良くなって
彼がビーチで歌ってくれたのが
この「ドス・グルデニアス」と「ベサメ・ムーチョ」だった。
音楽ってほんとうにその時を鮮明に思い出させてくれるんだね。
スペイン語はなんでこんなに胸にぐっとくるのでしょう。

でも難解な言葉も多いので
SAMURAI LATINO WEBさんのところで確認させていただきました。

Amazon⇒「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」

DVDも借りてこようっと。ヴィム・ヴェンダース監督だったんだ。
そりゃますます楽しみだ♪




takamaien_n at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 音楽のチカラ 

November 15, 2005

タリアテッレ4

b563cd37.jpg別名フェットゥチーネ。
卵入りの黄色い平打ちパスタ。
昨日は季節はずれの楢茸が採れたので
ほうれん草とベーコンを合わせて
クリームパスタにしてみた。
なら茸は火をとおすと色が黒っぽくなるけど
味も歯ざわりも風味もいい優れモノ。

★つくり方は簡単
‘蕕縫丱拭爾30g・キノコ、ベーコンを炒める
↓,離戞璽灰鵑固くなってきたら
ほうれん草1束、牛乳・生クリーム100mm/lをそれぞれ加える。
1コショウで味を調えいったん火から下ろす。
ぅ僖好燭鬚罎任襦今日はデルベルデのフェットゥチーネ3玉
ヨГ脳紊りを見計らっての鍋に卵黄1個を加え
再度火に掛け茹で上がったパスタを加え
クリームが絡んだら出来上がり(火を通し過ぎないように注意)

イタリアのパスタメーカー
デルヴェルデ
ごろーちゃん、訳して!

30ee43d9.jpg

なら茸は
スイスではスパイスに使われているんだって。
初耳〜!
nonbiri-mamaさんが教えてくださいました。
彼女のいうとおり、食べすぎには注意が必要です。

私は今朝、腸の中がすっかりキレイになってしまいました。


takamaien_n at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) なんちゃってレシピ 

November 14, 2005

お絵かきボード5

1e98aae0.JPG先日、担当した結婚式で
新郎新婦が甥っ子、姪っ子とお色直し入場し
その後、子供たちから新郎新婦にはサプライズで
絵のプレゼントをするという演出があった。

この写真はそのうちの1枚。
3歳の男の子が描いた絵なんだけど・・・
すっごく上手だよね。う、うますぎる!!!
将来有望じゃな〜い?
その子のお父様に「彼が描いたんですか?」って
思わず聞いてしまいました。
1歳ぐらいから<お絵かきボード>が大好きで
既に5回も買い換えるほどのヘヴィーユーザーなんだそう。

彼は見るからに感受性が豊かそうないろんな表情を持っている男の子で
改めて情操教育の意味を実感したひと時でした。

Ryoへのクリスマスプレゼントは<お絵かきボード>にしようっと♪

takamaien_n at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然ニッキ 

November 13, 2005

アンドビター4

a6ccb7a7.jpgKuroはチョコレートに鼻が効くらしく
彼が買うとハズレがないから不思議。
今月のヒットは森永の焦がしキャラメル。かなり高得点!
幼い頃、母の手作りプリンのビターキャラメルで
育った私は、ほろ苦系が好きらしい。

takamaien_n at 00:28|PermalinkComments(2)TrackBack(1) B級グルメ 

November 12, 2005

ペルノー4

3680ce73.jpgいつだったかお土産にもらったペルノー。
20代の頃、このお酒を初めて飲んだ時は
歯磨き粉みたいだと思ったけれど
慣れてきたら完全にハマった。

何かの本で画家のロートレック
ムーランルージュ、ペルノの関係についての
記述を読んで、自分も無性に飲みたくなった。
少しはロートレックの気分が味わえるのではなんて
好奇心だけが先に立っていたのかもしれない。

ムーランルージュには5年前に行く機会に恵まれ
これぞエンターテーメント!的な気分を満喫することができた。
ミレニアム記念の歴代のレビュー'Feerie'(フェリ)という
ステージだったが、あっという間の5時間だった。
(移動・食事の時間込み)
パリにいく人は是非!

参考までに。
映画「ムーランルージュ」は自分が思うムーランルージュの世界とは
ちょっと方向付けが違ったけれど、サントラはかなりいけてると思う。

ロートレックが飲んだのは、ペルノーだったのかアブサンかは
記憶が曖昧だが、19世紀末のヨーロッパ芸術家たちが愛した酒を
今晩飲んでみようかな・・・   by KURO

アブサン参考Webサイト

takamaien_n at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 酒談義 

November 11, 2005

涙そうそう3

b88bd4a4.jpg何度聴いてもいい歌やんね〜。
夏川りみも森山良子もいいけれど
ぐ〜っとくるのはBEGINの。

何故また急に「涙そうそう」と
思われるかもしれません。
明日の結婚式のBGMで使うんです。
花嫁がお母様と一緒に中座するシーンのBGMに
リクエストがありました。明日使うのは、夏川りみバージョンですが。

たしかBEGINはデビュー15年になるはず。
なんでそんなこと覚えているかというと
私がまだウエディングの仕事をしていない頃、
まだ社会人になりたての頃、BEGINとの出会いがありました。

スキー全盛期の時代。
ちょうど今頃の季節だったかな、もう少し早かったかな?
名古屋へスキーイベントのプロモーションに出張したときのこと。
私がアシスタントでついていたプロスキーヤーのスポンサーが
CMイメージソングに高野寛の「虹の都へ」を起用。
高野寛って知ってる?最近はプロデューサーとかしてるのかな?
その年はどこのスキーイベントへ行っても「虹の都」がかかっていたっけ。
懐かしいな〜と思った人はコチラ(視聴もできるよ)

で、その高野寛のライブの前座をつとめていたのがBEGINだったの。
その時に初めて聴いた「恋しくて」がすごく素敵で、
ボーカルの比嘉栄昇くんの声にすっかり参ってしまった私。
後半の仕事はどうでもよくなってしまったのを、今でもよく覚えています。
「恋しくて」も名曲だよね。泣きそうになる。

彼らの「涙そうそう」はここで視聴ができるよ。

BEGINのオフィシャルページも沖縄らしさ満載でとっても癒される。
波の音とアコギのBGM。

takamaien_n at 23:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 音楽のチカラ 

November 10, 2005

フレンチマスタード2

9e27a2da.JPGフレンチフライポテトには
トマトケチャップだけじゃ絶対ダメ。
フレンチマスタードがなくっちゃ!

それもこの「フレンチ」の
「フレンチマスタード」があったら最高だね。

でもフレンチマスタードってさ、健康食品だね。
原材料が、酢、ウコン、ターメリック、水あめ・・・とか
だもんね。
あんまり辛くなくて酸味が割りと強いので
私もたくさん食べられる。

いかにもアメリカンなパッケージもいいじゃん!

楽天でも買えるよ。

takamaien_n at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) B級グルメ 

November 09, 2005

マリアージュフレール3

ee7c5493.jpg何故か飲むタイミングを逸して
ずっとお預けになってた“エキゾチック”
もう香りが飛んじゃったかな。
ダージリンベース?花?
果物のピールとかも入っているのかな〜?
結構、美味しい紅茶だったと思う。
最初はストロング目のストレートで
2、3杯目は熟したラ・フランスを入れて
フルーツティーにしました。
ティーライトキャンドルで温めながら飲めば
もっと味の違いを楽しんで飲めると思うけど
今日はちょっとめんどくさかったので
後半は飽きてしまい、残りはポットごと冷蔵庫で冷やして
明日の朝、アイスティーにして飲むことにします。

マリアージュ・フレール

中上さんのマリアージュコレクションも素敵♪

takamaien_n at 23:22|PermalinkComments(9)TrackBack(1) 美味しいモノ噺 

November 08, 2005

ハーブソルト4

0e441e98.JPG以前はクレイジーソルトを使っていたけど
最近はこちらの方がお気に入り。
クレイジーソルトはちょっとワイルドというか
荒削りなカンジ?
岩塩だからかな?アメリカ産だからかな?
大味っていうか、ハーブのひとつひとつの味が
とんがってるかもね。
続きを読む

takamaien_n at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美味しいモノ噺