January 2006

January 10, 2006

ツバキオイル ハンドクリーム3

0c52fb3f.jpg











クリームネタ続きです。
この黒ばら本舗のハンドクリーム
おばあちゃんたちも使っていたのかな?
ずいぶん前からあるよね。

黄色の目を引く、何ともレトロ可愛いパッケージ。

ドラッグストアでお金を払おうとしたとき
大掃除で荒れた指先が気になり、カゴに放り込んだ
いわゆる「レジ横商品」¥100也。

オレイン酸の含有量がいちばん多い植物油が
椿油ってコトらしいけど
「オイル」という割には効果の持続性はどうよ?って感じ。
でも変なニオイもないし、すぐにさらさらに変わる方かな。
ハンドクリームはいろいろ試してみるけど
これだ!っていうものがイマイチ見つからない。

ま、ね。コレは¥100なので全然OKです。
それに手先はマッサージ如何によってだいぶ変わるので
クリームのせいなんかにしちゃイケマセン。

手にも化粧水をしっかりつけてその潤いに
蓋をするつもりでクリームを塗りましょう・・・と誰かが言ってました。

黒ばら本舗

takamaien_n at 09:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然ニッキ 

January 09, 2006

アボカドの威力3

ab09a1f6.jpg











乾燥が肌にも髪にも目にもツライ季節。
お肌のお手入れはいつもより入念に・・・。

私も年齢とともに乾燥肌にシフトしているので
お風呂あがりには尿素配合のボディローションなどを
使っているけど
肘や踵にはもう少しリッチなクリームが欲しい。

ということで活躍しているのが
森のバター<アボカド>のボディーバタースティック。
と言ってもコレは買ったものじゃなくて
何だかBUS TOURSのサイトでキャンペーンみたいのやってて
申し込んだら当たったの。去年。もっと前?

肌にのせるとスーっと溶けて馴染んでいくの。
香りは好みが分かれそうだけど、私は好き。

BUS TOURSのことは何で知ったのか忘れてしまったけど
仕事上で参考にしたいと思っているサイトだったので
チェックしていた。
トコトコバスが走っていてとっても可愛かったのに
いつからか普通のサイトになちゃってすごく残念。

でも、このスティックはいいよ。

BUS TOURS

takamaien_n at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然ニッキ 

January 08, 2006

マサムラのシュークリーム

3f6171f5.jpg






松本ではあまりにも有名なマサムラのベビーシュークリームが
長野で買えるっていうんで善光寺参りに寄り道して行きました。

「ぱてぃお大門」

その中の『美し国(うましくに)』というお店で買えます。

善光寺のお参りの前に立ち寄りましたが
完売の貼紙。まさか・・・まだお昼前よ。
きっとまだ届かないんだわ。
お正月だし配送の事情も整わないんでしょう…と
お察し申し上げ
参拝後に再度、TRY!

そしたら、オバちゃんが
まさに、冷蔵庫に陳列しようとしているところではないかっ!
「ちょうど今届いたのよ〜」だって。
やった!!!!

上品な甘さで、大きすぎず小さすぎずのベストサイズの逸品ですね。
松本界隈では年配者を中心に根強い人気なんだそうな。
松本で初めて洋菓子を作ったお店なんだそうな。

パッケージもレトロでGOODですね。
東郷青児さんという方が描いたものだそうな。有名な方なんです?

マサムラのソフトクリームもすごく美味しそうですね。

マサムラ
松本市大手4−3−10
0263-33-2544 

takamaien_n at 01:30|PermalinkComments(9)TrackBack(5) おすすめショップ・スポット情報 | 美味しいモノ噺

January 07, 2006

映画 ALWAYS 三丁目の夕日

always












KUROがビッグコミックオリジナルで西岸良平さんの原作を読んでいるから
別にいいよ・・・と冷たいことを言うので
お正月休みに両親と3人で観に行ってきました。
彼らも最初は「えーいいよ」なんて言ってたんですが
「あなたたちの青春時代の映画なんじゃ!行くよ行くよ」と半強制的に連れ出しました。
親と映画館に行くなんて---よく考えたら大人になってから初めてです。

でも家族で観るなんて我ながらいい選択だったかなと思ってます。
その後、KUROも交えて夕飯を食べ両親が家に帰ったころ、
“お正月はご馳走様、また温泉旅行に行こう”…なんて
ありがとうFAXを送っちゃったりなんかして
こんな優しい気持ちになれたのもこの映画のおかげです。

さて、映画館は満席でした!ビックリです。
いつもレイトショーで「ほぼ貸切」を体験している私は、キョロキョロしてしまったとです。

ご夫婦、家族連れが多く、あちこちからすすり泣きやゲラゲラ声や
ヒソヒソ話す声が聞こえてきました。
そんな客席の声も今回は何だか心地良く、映画館が昭和33年の空気に包まれていたのです。

堤 真一が、朝、湯たんぽののお湯をたらいにあけて顔を洗っているシーンで
ウチの母が隣に座っている父にそっと
「私たちもあーやってお湯を使っていたね・・・」と囁いているのが
聞こえたときにもツーっと涙がこぼれましたよ。不覚にも。



「携帯もパソコンもTVもなかったのに
どうしてあんなに楽しかったのだろう。」

どこかに無くしてしまった忘れてきてしまった
            日本のいつもの暮らしの風景。

◇ストーリー◇
東京タワーが完成する昭和33年。東京下町の夕日町三丁目を舞台に繰り広げられる人間模様。

小さいけれど誇りを持って守っている個人商店が立ち並ぶ
狭い路地にはいつも老若男女が溢れ出て、賑やかに個性豊かに暮らしています。

気は短いけけど心根の優しい父ちゃん(堤真一)と
優しくほんわかした雰囲気の母ちゃん(薬師丸ひろ子)と
ちょっと生意気でやんちゃ坊主の息子(小清水一揮)が
明るく暮らしている自動車修理工場鈴木オートへ
六ちゃん(堀北真希)が青森から集団就職で上京。

鈴木オートのお向かいに住んでいる売れな小説家茶川竜之介(吉岡秀隆)は
駄菓子屋を営みながら細々と生活している。
一杯飲み屋のヒロミ(小雪)に恋をしている竜之介は
彼女に頼まれて引き取り手のない少年・淳之介(須賀健太)の世話をすることに…。

鈴木家を中心に夕日町三丁目で繰り広げられる、あたたかくてちょっぴり切ないストーリー。


私は、吉岡くんって今までどうしても「北の国から」のイメージが
どうしても払拭できなかったけど何だか今回ハマッてました。
無精ひげとか妙に似合うんだもん。

堤さんの無骨なお父ちゃん。
「自転車修理」と「自動車修理」を間違えるあたり、そしてそれを素直に認めて謝るあたり
人情味に溢れて本当にカッコよかった。典型的な日本の父親像を見事に演じてたね。
舞台やっているからですか??
あの胸はってドーンって立ってるだけで、父ちゃんの威厳が表現できるって、スゴイ。

子役たちはみんないい。
一平くんの小清水一揮くんたらいい味出してるよなー。将来いい俳優さんになりそう。

淳之介役の須賀健太くんはすごいうまい。上手すぎる!
「喰いタン」っていう日テレ系のドラマに
レギュラー出演するみたいなので応援しちゃいます。

堀北真希ちゃんも津軽弁すごいがんばったよね。めっさ可愛かv

薬師丸ひろ子も、小雪も、もたいまさこもみんないい★


またさ〜佐藤直紀さんの音楽が涙を誘うのよね〜。今回はモリコーネ風?
佐藤直紀さんといえば
オレンジデイズとかウォーターボーイズとかでも、センス光ってるな〜と思いました。

緻密な時代考証やでっかいロケセットもすごいし
最新のVFX(でしたっけ?)技術もすごいけど
でも今回は俳優さんに拍手ですよね。

本当に本当にいい映画でした。
自然に涙が溢れてくるのです。笑いもいっぱいでした。
「スカ!」のシーンで、だいぶ場内沸いてましたね。
うちの近所の駄菓子屋でもおばちゃんが「スカ」って書いてたのかな〜?

ウチは実家で商売をやっていて
私が生まれて4年ほどで家を建て替えたんだけど
おぼろげな記憶によれば、確かにあんな風に玄関も何もなく
たくさんの人が出入りして
近所にもおっかない頑固オヤジがいて、厳しく、でも優しく叱ってくれた。

近所中のお家に行っておやつをもらったり、池の鯉にエサをあげたり
時には茶の間にあがって一緒にテレビを観たりもした。

お豆腐を買いに行くのを姉妹で争ったのも
いつもお駄賃をくれる優しいおばちゃんに会いたかったからだ。

いつの間にこんなにも時代は移ろいでしまったのでしょう。
みんなが「アノ時代は良かった」って思っているのに。

でもノスタルジーに浸って頬を熱くしてるだけじゃダメだね。
この今の時代をどう生きていくのか…。
経済や技術は発達したかもしれないけれど、そこに人の心が介在してはじめて
“文明”として昇華されるのではないかと思う。


ラストシーンで一平くんが言うセリフ。
「明日だって明後日だって、10年先だって、50年先だってずっと夕日はきれいだよ」

ほんとうに私たちにはきれいな夕日が見えているでしょうか・・・。


『ALWAYS三丁目の夕日』公式サイト

公開:2005年11月5日
配給:東宝
監督・VFX:山崎貴
音楽:佐藤直紀
キャスト:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希
三浦友和、薬師丸ひろ子、もたいまさこ

takamaien_n at 00:36|PermalinkComments(19)TrackBack(27) シネマ茶寮 

January 06, 2006

ハワイの純真5

ペティブーカ1お正月のホワ〜ンとした
平和な空気感にマッチする音楽といえば
ペティー・ブーカがベストチョイスです。

マイナーですみません…。

自称?ハワイ出身(どう見ても日本人ですが)
ペティちゃんとブーカちゃんで構成される
謎のベールに包まれたウクレレコーラスデュオなんですが
ペティちゃんは今は2代目=つまりペティちゃんは役名です。
ちなみに、このペティちゃんのお母さまは森山良子さん
弟クンは直太朗さんでございます。
ブーカちゃんの情報ナシ。
で、今、彼女らがどうしているのかはあんま知らない。
アメリカツアー中らしいよ。

このCDのタイトル「ハワイの純真」
⇒完全にAmiちゃんとYumiちゃんに対抗していると思われますが
私的には十分すぎるくらい勝っとります!!

ただのハワイアンソングじゃないのよ。
このアルバムの前に3枚インディーズから出していて
4枚目にしてメジャーデビュー。
(っと言っても、もうかれこれ9年も前の話ですが)

カルチャー・クラブとかさブロンディーとか80年代モノや
昔の曲もしっかりカヴァーしてるんんだけど
ヘタウマなゆらぎ感が癒しの空間を即効で作り上げてくれます。
いちばん好きなのは
#7「夢見るナンバーワン」かな
CDの解説にも 
【金沢明子のイエローサブマリン音頭に匹敵する快挙】と書いてある♪ 

最近、サッポロドラフトワンのCMにさ
ノリさんと私の大好きなビギンの比嘉 栄昇くんが出てるでしょ?
あそこで歌っている歌が「夢見るナンバーワン」って歌で
ジャマイカのコーラストリオ:ザ・パラゴンズがオリジナル
(66年か67年)

ノリさんと比嘉くんのコンビの前は
映画「クールランニング」も担当してた
ウェイリング・ソウルズって人たちが
歌ってたんだけど、今回の「配役」を決めるのに
サッポロのCMプロデューサーの人
ペティ・ブーカにインスパイアされて比嘉くんを抜擢してない?!
…なんて勘ぐっているのですワタクシ。

ペティブーカ








ペティ・ブーカとは・・・「よい子のモンドミュージック」
言い得て妙!
aloysiusさまのすばらしい解釈です。
ペティブーカとは何ぞ?と思われた方、興味を持った方は
どうぞどうぞご覧になってみてくださいませ。

The Voice of GIRLS 〜 a Taste of PsychoCandies 
というサイト名で
ペティブーカ以外にも“魅力的・魔術的な女声、およびその持ち主”が
たくさん紹介されているんです。楽しい!
個人的にはTOPの写真と
アリス・リデル嬢の気まぐれリスト(分類の仕方)が
とってもよかったですヨ。
また遊びに行こうっと。

クリスマス前からお正月にかけて聴きたくなるなる
ペティブーカのご紹介でした。

PETTY BOOKA公式ページ
視聴だってできるからね♪

takamaien_n at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽のチカラ 

January 05, 2006

うさぎやのケーキ

31787564.JPG






「うさぎや」といえば
上野や日本橋や阿佐ヶ谷のどらやきなど
全国津々浦々「うさぎや」という名前の
お菓子屋さんは多数あれど
私のなかで「うさぎや」といったら
Seiちゃんちです。ね、TOMOりん?

家族みんなが大好きなので
お正月など帰省でみんなが集まるときには
必ず母が用意しておいてくれます。

ショートケーキのふんわり加減と
生クリームの程よい甘さ。
子供のころから慣れ親しんだ味というだけではない
素朴な美味しさがあり
どこへ手土産にお持ちしても喜んでいただける
佐久穂町の自慢です。

この写真はブルーベリー。
他にイチゴのショートケーキはもちろん・・・
マロンとかメロンとかも。
チョコレートも今もあるのかしら?
早い時間に行かないと売り切れます。

うさぎや菓子店
佐久穂町高野町東町 TEL:0267-86-3120
残念ながらWeb上では見つかりませんでした
(お店の画像はいずれまた)

takamaien_n at 17:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0) おすすめショップ・スポット情報 

January 04, 2006

銀座 東京羊羹5

東京羊羹01






甘いものネタ続きですが。

甘味好きの義父にもとに届けられたお歳暮
「東京羊羹」 有難くご相伴に与りました。

本来ならばお抹茶を点ててお軸のかかったお座敷で
頂戴したいところでしたが
あまりの寒さに茶の間で一服にて…省略。

ここの羊羹
『あくぬき』製法=玉子の卵白により砂糖のうま味を残し
しつこい甘さ(あく)だけを取り去るという
とても手間のかかる東京羊羹独自の製法で作られるとのことで
ほんとうに絶品ですよね。
私は、本練の黒砂糖羊羹のまろやか加減が大好きでございます。

そしてまたも登場の最中。上品です、ほんとに。
優しい蜜の味がほんわりとして職人の妙技が詰まっていますね。
東京羊羹






YOKOちゃんありがとう!またよろしく〜♪

銀座東京羊羹HP
銀座に“Sweetsはしご”しに行きたい気分。

takamaien_n at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 美味しいモノ噺 

January 03, 2006

つるやの酒饅頭4

b70dba52.jpg










善光寺参りのもうひとつのお楽しみは門前のそぞろ歩き。

その中でも毎年「湯気」モノにはそそられます(笑)
『つるや』さんの酒饅頭もそのひとつ。

50mくらい手前からいい香りが漂ってきます。
ホカホカで、ふっくらとしていて、キメが細かくてやわらかで
すこーし甘酸っぱくて、優しい味。
砂糖を使わないで発酵させるのだそうです。

酒饅頭は薯蕷(じょうよ)饅頭と並んで日本の饅頭のルーツ。
酒饅頭2











饅頭の歴史は
かの諸葛孔明が暴れる河を鎮める祈願に小麦の皮で肉を包み
お供えしたものが起源で、それが鎌倉・室町時代に日本に伝わり
精進的な意味で具材が肉から穀類に変わったのだそう。
山芋の粘りで皮の食感を出したものが薯蕷饅頭。
『虎屋』が超有名だよね)
こうじ菌の醗酵力を利用して皮の食感を出したものが酒饅頭。
製造工程が酒醸造に似ていること
饅頭そのものも酒の香りがするということで
酒饅頭と呼ばれているとのこと。
(詳しくは日光湯沢屋さんのページにて)

外観







『つるや』さんの白壁土蔵造りの佇まいも素敵です。

酒饅頭







この酒饅頭、「善光寺七名物」のひとつだとか・・・。
他には何があるのでしょうか?ご存知の方ご教授くださいませ。
『笠原十兵衛薬局』の雲切目薬
『八幡屋礒五郎』の七味唐辛子 は想像に難くないのですが・・・。
あと4つは?

それから、寒い中、ハフハフ言いながら食べる信州名物といえば…
「おやき」ですよね。

「縄文おやき」の名で知られる『小川の庄』などが
全国的にも有名ですが以前、長野駅前かな?何処か忘れたけど
混んでいるときに買ったときなどは、ほとんど冷たかったし
美味しいとは思わなかった。
デパートとか物産展とか割とどこでも手に入りやすい
(軽井沢でも買えるので、あまり有り難味がなく・・・)
“お金”の匂いのするおやきです。

その点『つち茂』さんちのおやきは
丁寧につくられていて香ばしいし
断然、ウマイ!店頭で焼いていますのでもちろんアツアツです!!
私は“丸なす”が好き。

創業が元禄という善光寺境内でいちばんの老舗ですし
女将さんが明るくてとてもいい方。
参拝の際には是非!!
善光寺仁王門をくぐって、すぐ右側にあるお店です。
ネット上でも買えるようですよ。『つち茂物産店』

[参考] 善光寺仲見世通り


takamaien_n at 23:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0) おすすめショップ・スポット情報 | 美味しいモノ噺

January 02, 2006

善光寺参り3

6e43c29b.jpg







善光寺は江戸時代には
一生に一度は「善光寺参り」をしないと
極楽往生ができないぞっ!とまで言われた
日本有数の庶民信仰のお寺なんだそうです。

我が家は善光寺参りが割と好きで
(好きとか嫌いとかの問題ではないと思われますが)
最近はほぼ毎年お参りしています。
小学校の遠足に始まり、
もう何度もお参りしたからだいじょうぶかな?
極楽浄土への切符は手に出来るかな?

ご本尊は一光三尊阿弥陀如来、特定の宗派を持たないお寺。
ご本尊のルーツ(詳しくはコチラで)は
今から2500年もの天竺(今のインド)。
後に朝鮮半島の百済に渡り、欽明13年(552年)に
時の欽明天皇に献上された日本最古の仏像なんだそうです。
(そのお姿は誰も見ることが出来ないのだそうで…
ご開帳でお目見えするのもご本尊の代わりの「前立本尊さま」)
当時、まだ日本には宗派というものが存在していなかったから
無宗派のお寺なんだそうですが、
無宗派のお寺って何だか俗っぽいような、すごく庶民っぽいような
よろず神を拝む私たちに相応しいお寺のような
気がしております。

そういえば、KUROが昨年厄年でしたので
昨年のお参りでは護摩祈祷をお願いしたのですが
秋には善光寺からDMが届きましたですよ(笑)

***

護摩=梵語でホーマ(homa)焚く、焼くなどの意味をもつ言葉。
仏の智慧の火を以て煩悩を焼きつくすことを表す。

いい護摩ネットなんていう
護摩のオンデマンドサービスがある!ビックリ!
こんな時代になりましたな〜。

***

そんでもって善光寺の宗派は無宗派といいつつ
実際のところは天台宗のご住職が山門左手の「大勧進」を本拠地に
浄土宗のご住職が仁王門左手の「大本願」を本拠地に
されているそう。

江戸時代中期の寺院建築で国宝。
現在の本堂は宝永4年(1707年)に完成したももので
古さからいっても東大寺大仏殿、三十三間堂の次だとか。
そりゃスゴイ。

それから私は今まで知らなかったんですが(お恥ずかしい)
ご本尊が本堂正面にはないのだそうです。
本堂が3つに分かれているのは知っていたのですが
ご本尊は左側の瑠璃壇に祭られているそうで
左側をお参りしなければ意味がないとか。
真ん中は善光寺の名前の由来にもなった
創健者の本田善光さんが祭られているそうで
(でも、境内で人員整理をしているお兄ちゃんは
左側の出口方向へと参拝者を促すためにか
「真ん中はただの塗り壇ですうぅ、ご本尊は左側ですうぅっ」と
拡声器で何千回とリピートをされてましたが???

善光寺公式ページ

おまけ:
慣用句「牛にひかれて善光寺参り」のトリビア

むかーしむかし、小諸の山のふもとに
大の信心ぎらいのおばばがいた。
観音さまの
お祭りの日に布を乾かすと不吉なことがあるといわれているのに、
そのおばばは千曲川のほとりで布をさらしていた。
するとそこに牛が現われ、角に布を巻きつけてかけ出したので
おばばも慌てて後を追った。
牛は善光寺まで来て、金堂近くで消えてしまった。
日も暮れたのでおばばは本堂で一夜を明かすことになった。
その牛が夢に現われてヨダレで字を書いた。
「牛とのみ思いはなちてこの道に、なれを導くおのが心を。」
おばばは大いに悔いて、念仏をとなえながら一夜を明かした。
翌日、家に帰って観音さまにお参りすると
崖に布が化石となっていた。
さては牛は如来の化身であったかと、それからは信仰厚くなり
極楽往生をとげた。
以来、この観音を布引観音という。

転じて
『本心からでなく他のものに誘われて、思いがけずに善事をすること』
の、たとえ

梅村旅館うぐいす亭HPより引用させて頂きました。

[布引観音]もよござんすよ♪

人生経験に宿坊に泊まる旅などもいずれは・・・と思う
年の初めはじめでした。


takamaien_n at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然ニッキ 

January 01, 2006

恭賀新年5

bcfb01b2.jpg






みなさま
晴れやかなお正月をお迎えのことと思います。
穏やかな日ですね。

この拙いブログを覗いてくださっている皆さま
ほんとうにありがとうございます。

今年も毎日の暮らしにちょこっと彩り・・・のコンセプトに基づき
(そんなコンセプトいつ決めたっけ?)
楽しく書き綴っていこうと思います。

昨年の年越しは富士の麓へ御来光を拝みに馳せ参じましたが
今年は、大晦日も元旦も仕事のKUROの留守を守り?
家で本を読んだりして静かに過ごしております。

そんな訳で、新春に相応しい写真がまだ手元にないので
今日の写真は、窓辺でポカポカと日向ぼっこしている-----ように見える
観葉植物たちにしました。

モコモコしているコは「セラギネラ」といいます。
まだあんまり市場にたくさんは出回っていないみたいですが
欧米ではすごく人気があるそうです。

フリルっぽいが優しい雰囲気で近くのホームセンターで見かけた時
思わず「モリゾーだあぁぁぁ〜♪」と叫んで(注:小さな声で)
迷わず即購入!
イワヒバ科の常緑多年草だそうです。
触った感じもふわふわでほんとに可愛いんですよ。
コケっぽいけど、コケより管理はラクだと思う。

あ、「モリゾーとキッコロの休日」っていうサイト
ご覧になったことありますか?

川のせせらぎや鳥たちや虫の鳴き声がBGMになっていて
すごく癒されるし、とっても和みます。
お時間があったらぜひどうぞ!

そろそろお腹が空いてきましたが
来たるべき実家でのご馳走三昧?(期待)に備えガマンガマン。

それでは本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

takamaien_n at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然ニッキ