August 2006

August 31, 2006

ヴィルトゥオーソ カプースチン

カプースチン 8つの演奏会用エチュード













音楽ネタが続きます。だって感動したんだもーん。

ウィキペディアによれば、ヴィルトゥオーソとは
「完璧な演奏技巧によって困難をやすやすと克服することのできる
卓越した演奏能力の持ち主に対する称賛の言葉」とのこと。

ニコライ・カプースチン
ロシアのコンポーザー・ピアニスト。ロシアのキーズ・ジャレットか?!

久しぶりに完全に惹きこまれる、ノックアウト系CDに出会いました。
カプースチンの自作自演集「8つの演奏会用エチュード」

先日、KUROが東京へ出張で行ってきた時のお土産
(・・・って別に私のために買ってきてくれたわけではなく
彼が自分で聴きたくてゲットしたものだけど、結局その次の日に休みだった私の方が先に
カプースチンワールドにはまりきってました。ゴメン)
何度も何度もリピートして聴くうちに、その度にボリュームがだんだん大きくなって・・・。
CDをジャケ買いすることの多いKUROだけど、今回はしっかり試聴して選んだのだとか。

1年半くらい前なのかな?ニュース・ステーションで
このアルバムの2曲目の「夢」という曲、そのス−パーテクニックを披露して
大反響を呼んだんだそうで、そうだったんですね。ちっとも知りませんでした。
ミレニアムの頃に本格的に国境を越えて、その作品が認められるようになった・・・
と解説に書いてありました。
ピアノ演奏が好きな方の間では、ずいぶん前から大注目だったそうなので
私たちはずいぶん遅れているのかもしれないけど、出会えて良かったな〜。

1曲目から完全にグイグイ引っぱられました。文句なしにカッコいい!心地よい音の洪水!!
縦横無尽にかけめぐる、ロシアの職人技的なメソッドと和声進行。

もちろん今も聴いています♪
何かね、美味しいコーヒーが飲みたくなるんよ。今から、丁寧に丁寧に淹れることにしよう。

カプースチン











カプスーチンという人をよく知らないけれどこのジャケット「ラスト・レコーディング」の
写真を見る限りでは“お堅い会社のお偉いさん”に見えなくもない風貌のおじさん。

彼の指から紡ぎだされる鮮やかなジャズエチュードは
ジャズのアドリブにも一瞬思えるようなテンションですが
モスクワ音楽院で学んだ伝統的なクラシックのピアニズムという後ろ盾がしっかりとあって
計算しつくされた複雑な技法が散りばめられているのだと思います。
楽譜・・・ものすごいことになっちゃっていそうだ。

カプースチンさんは、1937年生まれだそうなので、もうすぐ70歳のおじいちゃんだけど
この自作自演集は50歳くらいの時のものらしい。

[クラシックのピアニズムとジャズのイディオムをその作品の中に見事に融合させた人]かぁ。
ニコライ・カプースチン。きっと他の作品もすぐ買うことになりそうです。

カプースチン 自作自演集「8つの演奏会用エチュード」(amazon)

takamaien_n at 00:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)音楽のチカラ 

August 30, 2006

夏の終わりのボサノヴァ

ゲッツ&ジルベルト













アントニオ・カルロス・ジョビン繋がりでこのCDをひっぱり出してきました。

イノセンスな雰囲気が漂うアストラッド・ジルベルトの
英語歌詞の素人っぽいヴォーカルが途中から絡んでくる
たぶんボサノヴァでいちばん有名な曲「イパネマの娘」から始まるこのCDを
私はもう何回聴いただろうか。

アストラッドをリードする、柔らかくて優しい声とギターのジョアン・ジルベルトも
さりげなく入ってくるソフトなアントニオ・カルロス・ジョビンのピアノも
ロマンティックなスタン・ゲッツのテナー・サックスのソロも・・・みんな
ふんわりとしたヴェールで、可愛いアストラッドを優しく包み込んでいるかのよう。

イノセンスなアストラッドみたいな子に・・・と育てられたJazzManのお嬢さんが
友達にいます。

そのパパとパパのお友達の、その可愛い子をほんとうに愛おしく思う気持ちと
Jazzを愛する気持ちがクロスオーバーする、素敵なエピソード。
このイパネマを聴くと、最近その友達から聞いたその素敵なエピソードを思い出す。

1. イパネマの娘
2. ドラリセ
3. プラ・マシュカー・メウ・コラソン
4. デサフィナード
5. コルコヴァード
6. ソ・ダンソ・サンバ
7. オ・グランジ・アモール
8. ヴィヴォ・ソニャンド

イパネマはもちろん、#4 デサフィナード や #6 ソ・ダンソ・サンバ も
よく弾いた曲。

これは、ボサノヴァの元祖CDのような存在なのかな。
ジャズとブラジルの音源を探すときにいつもお世話になっているpontyさんのところでも
“最も有名なブラジリアンサウンド”として、ずーっと月間アクセスにランクインしている。

ずっと大切に聴き続けたい不朽の名盤ってところかしら。

GETZ/GILBERTO(amazon)

takamaien_n at 07:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)音楽のチカラ 

August 29, 2006

夏の終わりのAOR

スリーピングジプシー












たまには音楽の話題など。

マイケル・フランクス
-----その何だかヘタウマで、気だるさと浮遊感のあるフレージングとが好きで
夏には聴きたくなるCDの1枚「スリーピング・ジプシー」

amazonのレビューを読んでいたら、「心の中に、色々な思い出が甘く蘇ります」というフレーズがありました。
本当にその通り。マイケル・フランクスの歌声には不思議な力がある。
ソフト&メロウ(70〜90年代だけに通用する死語かな?)な雰囲気は
私を20歳のころにタイムスリップさせるマジック。

当時、すごく憧れていた人がいて
少しスパイシーな香水と煙草のにおいの混じった彼の車に乗るといつも
弱めのクーラー(なぜか夏の印象がすごく強い)とBGMにAORがかかっていた。
ううぅ、時代を感じますな。

オトナに憧れ始めた中学生の頃、レッスンの題材だったり、創作ダンスの曲だったりした
フュージョンやAOR(当時はAORなんてコトバ知らなかったけど)を
先生たちにレコードを借してもらったりしながら聴きはじめたんだったな〜。

ラリー・カールトン、リー・リトナー、ボブ・ジェームス、デイヴィッド・サンボーン
ジョー・サンプルにドナルド・フェイゲン・・・
半分はレッスンのために聴いた曲で、ちょっと嫌いになっちゃった曲もあるけど
このテの曲は20代前半まで、芋づる式に聴きました。

さて、この『スリーピング・ジプシー』
この中の曲は今井美樹やらUAやら日本人アーティストたちも結構カバーしている。

デイヴィド・サンボーン、ラリーカールトン、とかジョー・サンプルとか豪華メンバーが
さりげなくサポートしているところが、センスいいのだ。
かのアントニオ・カルロス・ジョビンに捧げられた「アントニオの唄」は超有名だものね。
 
ランデブー・イン・リオ











その「アントニオの唄」のセルフ・カバーが収録されてる
『ランデブー・イン・リオ』っていうニューアルバムの発売のプロモーションに
日本贔屓の彼は7月にも来日。ブルーノートで唄ってたんだね。

スリーピング・ジプシー(amazon)

マイケル・フランクス公式サイト

これからボサノヴァ聴こうかな。

takamaien_n at 14:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

August 26, 2006

日本の道百選 海野宿

先日、YUSHI CAFEに寄った帰り・・・に少し足を伸ばして、東御市の海野宿に行ってきました。

お目当ては ガラス工房 橙 だったけど
海野宿の散歩は、石橋や柳も情緒があってこじんまりとしていて、のんびりと落ち着くのです。

海野宿1























海野宿は、中山道と北陸道を結んでいた北国街道の宿場町。
江戸時代には、佐渡でたくさん採れた金を江戸へ運んだりする中継点だったり、
参勤交代や善光寺参りをする人たちの旅籠となったのだそう。

明治時代になって、街道や宿場町がその役割を終えると、旅籠だった広い部屋を
養蚕の施設として利用するようになったらしい…旅籠と農家が合体した不思議空間です。

さて、ガラス工房 橙(だいだい) 長居したくなる感じのお店なんです。
玄関?の季節の花あしらいもとても素敵だし。ここの作品は、どれもこれも味があって、とても好き。

海野宿2


























何より色がキレイ。

海野宿4



























夏も終わりですが、風鈴の音も心地よく・・・。

海野宿3























窓の外の朝顔も風流ですね------今回は、ロックグラスとソースポットを買いました。

海野j宿5























いつか、ここのワインクーラーを買いたいな。

吹きガラスの体験教室なんかもやってますよ。お子さんも楽しめるかも・・・。
個展とかもよくやっているみたいです。

ガラス工房 橙公式サイト  可愛いサイトですよ♪
長野県東御市本海野1071-3
TEL:0268-64-9847

takamaien_n at 22:41|PermalinkComments(6)TrackBack(0)おすすめショップ・スポット情報 

August 24, 2006

YUSHI CAFEのグラス

佐久市にあるオサレカフェ YUSHI CAFEのことを書いた以前の記事
noriさんが読んで千葉からはるばる出かけてくださった というご報告を受けて
嬉しくなり、最近また行ってみました。

クーラーがないお店、好きです。アンティークな扇風機が田舎な夏休みちっくで・・・。

お気に入りのカフェ YUSHI CAFEは、インテリアはもちろんだけど、食器もステキ。

入り口に 私の大好きな「ガラス工房 橙」のパンフレットが置いてあるんだけど
アイスコーヒーのグラスも可愛かったので、
オーナーの裕士さんに「これも橙のグラス?」って聞いたら
「それは違うんだけど、コレはそう」・・・と。

yushicafeglass























今回は、こんなステキなグラスでお水を出してくださいました。
ますますお水も美味しくなるね。

あ、そうそう、YUSHI CAFEはトイレも要チェックですわよ♪

時間に余裕があったので、この後、海野宿の「橙」までドライブ。
海野宿も大好きなスポットです。

その時のレポートも近日中にアップしようと思います。

takamaien_n at 21:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)おすすめショップ・スポット情報 | 徒然ニッキ

August 23, 2006

和紙の里

実家の近くにこんなところがあります。

washinosato1washinosato2


















立岩という地区に最盛期には50戸も紙漉きを家業としている農家があったのだそうで
もうかれこれ300年以上もの伝統があるのだとか。

先日の大雨で氾濫もしましたが、今でも綺麗な川の流れの 依田川 で
その昔は紙を漉いていたらしい。

washinosato8washinosato9










先日の 上高地の梓川 のようにはさすがに無理ですが、でもそこそこ綺麗な川で
浮き輪持参でで川遊びをする家族連れ、竿を垂れてじっとしているお兄ちゃん
一生懸命、網を投げる彼と魚キープ係の彼女・・・など、川遊びをしている人もちらほら。

私?ただ流れに足をつけてバタバタして涼んでいただけです。

それはいいとして。

「和紙の里」には、大型バスがやってくるので大きな駐車場があります。
最高で250人まで収容の葉書や団扇などをつくることができる
紙漉き体験コーナーがあるので、割と遠くからも主に小学生などがたくさん来るらしい。

私も、数年前にここでイベントをやったことがあるんだけど、結構これが楽しくて
はまる人もいる。

washinosato5





















出来上がった作品は天日干しにして、仕上がったら取りに行くか、郵送してもらうしくみ。

washinosato4washinosato3










こんな風に、様々なタイプの和紙や、和紙を使った民芸品などはもちろんのこと

washinosato7washinosato6










いわゆるお土産品も売っています。

左の写真の奥に写っているぶどうジュース・・・
近所のぶどう畑でおじちゃんが丹精こめてつくっているもの。量産はしていません。
その香りと濃厚さは、ウェルチなんて目じゃないぜっ!素朴なパッケージもステキ。
(1本¥800もするんだもん。当然ですが、もちろん私には買えません・・・↓)

このトマトソースも美味しそう。ラスト1個でした。人気なのね。

蜂の子 とか いなご も 並んでいるけど、売れているのかしら??

あ、あと美味しいお蕎麦も食べられます。(注:蕎麦打ち体験はできません)

和紙の里ふるさとセンター
長野県小県郡長和町古町22-1
TEL:0268-68-3874
9:00〜17:00/月曜休館

takamaien_n at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然ニッキ 

August 22, 2006

映画 ストレイト・ストーリー

straight story












cancy-K1さん、おまたせでした・・・(と、言いつつ大したことは書けていませんが)

今日は、まずstoryから。

ある日、アルヴィンじいちゃんのところへ もう10年もケンカ別れをして
音信不通になっていたお兄さんが心臓発作で倒れたという電話が入る。
おじいちゃんは、家族や友人達の反対を尻目に、なんと時速8kmのトラクターに乗って
お兄ちゃんに会いに行っちゃうのだ。

これは、かつて NYタイムズ に掲載された実話がもとになっている映画。
感動作!!というような、狙ったつくり込みしていないところに、好感が持てるほのぼの作品。
(ラストシーンを観るとそう感じられるはず。
このラストのセリフの少なさが人生を語っている気がして
兄弟って、家族っていいなと思える作品に仕上がっているのだと思う。)

いかにもお涙頂戴的な人間ドラマって、どうも鼻につくけど
この映画にはそういう媚びているところが全然なくて
その上、主人公がおじいちゃん・・・というのも、私好みの作品である理由のひとつ。
ちょっと頑固だけど、かわいいおじいちゃんアルヴィン・ストレイトさんのロードムービー。

舞台はアメリカのアイオワ州。このカントリーサイドの景色がいいのですわ。
飛行機やクレーンの目線からのカメラワークが秀逸で
何もハリウッドだけがアメリカ映画じゃないことを実感する。

監督はデヴィット・リンチ。 といえば「ツイン・ピークス」
かつて、夢中で観たことを懐かしく思い出します。

この映画は、リンチ監督っぽくない・・・というレビューも読んだことがあるけれど
私的には「どこが・・・っぽくないんだい?」と、目も頭も??????でいっぱい。

この作品は、彼のセンスが詰まりに詰まった映画なんじゃないかしら?
キャスティングや、セリフ指導の仕方にも、デヴィットくささがムンムンです。
何と言っても 綺麗な赤 の効果的な使い方が、リンチ監督ならではだな〜と
思わずにいられません。

特に好きなシーンはいちばんオープニングシーン。上空からクレーンでカメラが降りてくるところ。

アルヴィンさんの家と、庭の木々と芝生、隣の太ったドロシーおばさんが
ピンクレッドのTシャツを着て日向ぼっこしているサンベッドの位置関係。
このアングルと、色使いのセンスの良さにノックアウトされ
もう既にこの時点で、私の好きな映画ランキングに速攻ラインナップされてました。

そして、派手さはないけど、人間として奥の深そうな俳優さんたちの
目だけで語れる演技力が、もちろんすばらしいのだけれど
その俳優さんたちの視線の流し方と連動した、無駄のない自然なカメラワークや
スプリンクラーとか、色のキツイアメリカンなお菓子とか、壊れそうなイスとか
「小物」の使い方に拍手!!!なのです。

決して多弁ではないけれど、メッセージがパンパンに詰まっている、優しさに溢れた秀作。
年を取ることに勇気が持てる映画です。

映画関連サイトのレビューでは、アルヴィンおじいちゃん役のリチャード・ファーンズワースを
みんなみんな絶賛しています。
人生を語る目、表情・・・すばらしい!!
私としては、大好きな映画「パリ・テキサス」のハリー・ディーン・スタントンが
お兄ちゃん役だったことが、とっても嬉しかったな。


家族と星を見に行こう!

ストレイト・ストーリー

1999年/アメリカ
監督:デヴィッド・リンチ
主演:
リチャード・ファーンズワース
シシー・スペイセク
ハリー・ディーン・スタントン
ジェームズ・カダー
ウィリー・ハーカー
エヴェレット・マッギル

takamaien_n at 10:09|PermalinkComments(2)TrackBack(1)シネマ茶寮 

August 18, 2006

KIHACHIのむかしバームクーヘン

kihachi1





















ゆかりちゃんにいただいたお土産。いつも美味しいものをありがとう!!
久しぶりにいろいろおしゃべりさせてもらってThanks♪
環境が変わって、いろいろ大変なのに、お気遣いいただきすみません。
パッケージも可愛いv

KIHACHIは、レストランもカフェもパティスリーも熊谷喜八さん酒の肴も・・・好き。

kihachi2





















冷蔵庫でキンキンに?冷やして、早速いただきました。
まわりにはホワイトチョコレートがコーティングされているんだけど
袋から出したとき、香りが立ち上ってきて、食べる前から期待が膨らんだな〜。

kihachi3





















しっとりと重くて、蜂蜜とメイプルシュガーのコクがこれまたNice!
もう半分、消費してしまいました・・・。
今度のお休みの 遠足のおやつ に持っていこうかな。

ゆかりちゃん、またBarにいこうね〜。
今度は吉祥寺? 日本一美味しいイタリアンもいいな。

takamaien_n at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美味しいモノ噺 

August 17, 2006

野山は秋の花

お盆で実家へ帰ったので、帰り際、いつものとおり湧き水をたっぷり汲んで車に乗せ
佐久へ向かう道路脇で、窓からふと外を見ると、秋の花がたくさん咲いている。

思わず車を降りて撮影会?

kiichigo





















木いちご。可愛い!たくさんあればジャムにでもしたいところだけど
2個じゃね・・・どうにもならんよ。

maruberry





















マルベリー。いわゆる桑メド。子供の頃は食べました。

matsumusiso





















風にそよそよと揺れているマツムシ草。ふんわり優しく花瓶に生けたら盒怯塀腓気鵑澆燭・・・?
高橋永順さんの公式サイト
彼女のカレンダーとか、お花の本の付録とかでついているポストカードとか
光に溢れていて ほわっとしますよね。

yurikuzu



















葛の花の匂いが、あたりの野山に漂っていました。すごい芳香!!

kosumosunadeshiko










秋の花の代表選手、コスモス。でも私は、七草の・・・撫子が好き。


    秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花
   (あきののに さきたるはなを およびおり かきかずふれば ななくさのはな)
 
    萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花
   (はぎのはな おばなくずはな なでしこのはな をみなえし またふじはかま あさがほのはな)

---------------山上憶良が、万葉集で詠んだ歌が [秋の七草] の由来だそうな。

をみなえし とか あんまり見なくなっちゃった気がするな。気付いてないだけかな。

ところで花の名前あってるかな?違っていたら、ご指摘くださいまし。

takamaien_n at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(1)徒然ニッキ 

August 15, 2006

松本城薪能 おまけ

普段は¥600の入場料がかかる松本城ですが、この日は入場はもちろん
お能の鑑賞も無料なんですよ。
松本市民向けのイベントなんでしょうか?市民の皆さんは税金払っているので
たくさんの方が伝統芸能を堪能されたらいいと思うのですが
私たちは、市民でもないのに [ 無料 ] なのには少し気がひけたので
松本市内の たくま でご飯を食べて帰りました。

takuma3























松本駅の近く。
土蔵造りで、松本民芸家具が並ぶ店内。松本らしいお店のひとつですよね。
私が松本に行くのは火曜日が多く 盛よし が定休日なので、似た路線だと
つい たくま に行ってしまいます。

この日、ほんとは メインバー に行きたい衝動にもかられたんだけど
自分の姿を良く見れば、dueterのバックパックを背負っての
ネイチャーツーリズム帰りの汚いカッコ。
松本のオサレさんが集まる メインバー のお店の雰囲気を損ねてはいけません。

というわけで たくま へ。ご主人が、穏やかそうでいい人なんですよね。ここ。
お客さんは男性の比率がすごく高い気がする。(そんなことない?)
ガッツリ系なので、さすがの私もいつも完食ができない・・・。

takuma1























それにしても、松本には洋食屋さんがいっぱいあるんですよね。
私が今、名前を思い出せるだけでも どんぐり とか
中町の おきな堂(←好きなお店) とか デリー とか。

takuma2























たくま の好きなところは、外壁の蔦と、カツの生パン粉がサクサクなところ。
そして壁にかかっている 種田山頭火の詩 なんかが、ご主人のお人柄を表しているな・・・と。

ほっとするお店です。
   
            山あれば山を観る 
            雨の日は雨を聴く
            春夏秋冬
            あしたもよろし
            ゆふべもよろし

司馬遼太郎の「世に棲む日々」を読んで、高杉晋作は「やっぱかっちょええやんな・・・」
「山頭火も読んでみたいな」と思っていたときに
たくま に行ったのも、もっともっと読みなされ!という啓示(?)でしょうか---。

たくま
松本市中央1-4-3
TEL:0263-35-6434
11:00〜21:00/月曜休

takamaien_n at 00:40|PermalinkComments(6)TrackBack(0)おすすめショップ・スポット情報 | 美味しいモノ噺