December 2006

December 11, 2006

映画 ブロークン・フラワーズ

映画 ブロークン・フラワーズ

















DVDで鑑賞。予告でチェックしてすっごく観たかったロードムービー。
かなりインスパイアされた今回は、ネタバレ度が高いのでご承知を。

 かつてのドン・ファンに届いた一通のピンクの手紙。
 「あなたと別れて20年。息子は19歳になります。
 別れてから妊娠に気付きあなたの子を一人で育てました。
 その想像力の豊かなの子が旅に出ました。父親探しの旅に・・・」


いや〜、参った!タイプライターを打つ音にかぶせて始まる
オープニングの60年代っぽいレトロちっくな音楽に、完全ノックアウトでした。
もう、この時点でサントラ購入を即決していたといっても過言ではありません。

2日後にはamazonからサントラが届き、クリスマスソングそっちのけで聴いております。
家中の電気を消してアロマキャンドルの灯りだけで、このCDを聴くエキゾチックタイム?!
いい感じです。

この映画のジム・ジャームッシュ監督の作品は
他には「ストレンジャー・ザン・パラダイス」くらいしか観ていないんだけど
この映像作家・・・の彼の作品のサントラは
どれも凝ったつくりで、マニアックな雰囲気で有名なんだそう。
「コーヒー&シガレッツ」も気になっていた作品。
とにかく!インディペンデントなにおいが、ムンムンする監督ですよね。

今回のサントラは
この映画のためにスコアを書いたものではなくて
コンピレーションアルバム=つまりジャームッシュ監督の
“マイベスト”的なつくりとのこと。そのセンスのよさには唸ります、ホント。

まず「エチオピアン・ジャズ」----妖しい。そんなジャンル今まで知りませんでした。
何かね、思わず顔がにやけちゃうようなメロディラインなんだよね。
とぼけっぷりが可笑しいというか何というか。
ビル・マーレイ演じる、昔はプレイ・ボーイだった中年男のカサカサな日常。
まるで人生をなめてかかっているような、やる気の全くなさそーな
ふて腐れたような、気だるそうな空気感に
この音楽たちが、にゅうぅ〜って入ってくるのだ。

“情けな〜い感じ”にも見事に嵌っていて、ほんっと可笑しい。
よく見つけてくるよな〜こんな曲を・・・。

それから、さりげなくマーヴィン・ゲイがかかったりして、オサレ感も損なわず。
---と思えば、ハードコアなメタル曲がかかったり、聖歌がかかったり。
果ては、カンボジアン・ロックまで。すごい編成でしょう?
なのに、全体を通して“昭和歌謡”な雰囲気を漂わせている
何とも不思議なサントラなのです。

いきなり音楽のことから書いたけど、映画の中身も、ナカナカのものです。
でも、2005年カンヌ映画祭審査員特別グランプリ受賞作品という割には
ブログなどの評はあんまり高くないみたいなの、何で?ナンデ??なんで???
映画館ではそこかしこから鼾も聞こえてたと・・・。

私、かなり良かったんだけど。今年1番!って言いたいくらいなんだけど。ありり?!

情けないのよ、とにかく。
かつての栄光はどこへ?!ってかんじで
中年オトコが人生に疲れて、毎日毎日フレッド・ペリーを着てるところがさ。
だけど、ゆるりゆるりした中に、ユーモアとペーソスがさりげなく配されている感じで
何か好感がもてたんだよね。

ドンファンが、自分の息子かもしれないっと思える子の前で
それまでの彼からは想像できないような、似つかわしくもないような
哲学を語っちゃったりして(質問されたとはいえね・・・)

父性に目覚めて気味悪がられて逃げ出されるところなんぞ
そんで思わず走り出しちゃって、ひとり置いてきぼりを食っちゃうところなんぞ
それがまたすごく情けないかんじで
でも 「何かこれが人生って感じだな〜」 なんて思ったりして。
チャーミングなんです。おじさんったら。うん、すっごくチャーミング!!

それと、セリフがシンプルな英語で、短いのがいい。

微妙な“間”や表情を、ぐーっと引き出して、印象付けていると思う。
ドキュメントにも見えてしまうくらいに会話が自然なの。
この会話の微妙な間が、彼らの“今までの時間”をすごく上手く表現しているんだね。
それが俳優さんたちの存在感や、映像美や音楽をより際立たせて
お互いに高めあっている感じがする。ビル・マーレイ、はまり役かもしれないな〜。

爽やかなシャロン・ストーンもいいわね♪と思えたり
ジェシカ・ラングの「私は女優よっ!っ」て胡坐をかく存在感も堂に入ってた。
「ナルニア・・・」で白い魔女だったティルダ・スウィントンの黒髪もおっかなくてよかったし。

衣装やインテリアもおしゃれで“ためになる”かんじなんだけど
何がいいって、そりゃもうその色使いが素晴らしい!!!!!
色の勉強をしている人は 観るべき映画 だと思う。

「ピンク」の手紙から始まるこのストーリーにはいろんなピンクが出てくる。
ドンの女性遍歴を物語る女優人たちにあわせたパーソナルカラーともいえる
キャラクターカラーに合わせたピンクと
そのイメージにあわせて花を選び、ラッピングされたブーケ。

お墓に手向けられた5つ目のブーケのその色と花を見て
私たちは今は眠るその彼女への想像を掻き立てられることになる

きっと穏やかで優しい人だったんだろうな・・・ドンの心の安らぐ場所だったに違いない
・・・なんて、ね。

ドンがお墓のそばの木に寄りかかって、彼女と話をし始めると
ひっそりと雨が降ってくる・・・すごく印象的なシーンです。
墓地の雨に濡れた、鮮やかな緑とピンクのブーケのコントラストが余韻を残します。

花やタイプライターだけじゃなくて、バスローブやケータイや洋服や小物もいろいろ、
アイメイクやチーク、マニキュア、ドーラたちと食事のロゼワインなどなど
ショッキングピンクからローズピンク、ウォーターメロンなピンクまで。
それから、黄色も緑も赤も青も----この映画には、なんてたくさんの美しい色が
登場してきたのでしょうか?でも、ひとつひとつがとつがみんな違う。楽しかった!

「黄色」も、いかったなー。
いちばん綺麗だったのは森の緑と道路の追い越し車線の黄色。
ペニーの家に向かう道すがらだんだん山手へ入っていって紅葉が進んでいく
黄色からオレンジへのグラデーションもすごく良かった。
無造作に転がっているとうもろこしも・・・夕日も。

スパイスとして使われている「赤」もいい脇役だったし。
たまに通る赤い車や、異様に鮮やかに光っているテールランプの赤も
交通標識のSTOPの赤も、細かいディティールへのこだわり度の高さを
うかがわせるものだったと思う。

でも、何と言ってもこの映画での色は「青」なの。
ピンクよりも断然「青」の美しさがダントツ!!!
オープニングのUSメールのブルーのポストに始まり、郵便配達の人の制服に
ドンの紺のスーツやシャツの色、家の壁やドア、家具や絵やベッドカバー。
ブラウン管に映る映画のブルーグレーに、車のナンバー、ワーゲンの水色。
飛行機のシートや小さな四角い窓から見える高度何千メートルの空。
空港の青、夜の帳が下りてくる頃の何ともいえない深みと憂いのある蒼。
白いTシャツやシーツに映りこむ、朝もやの少し冷たい青などなど・・・。

後半は もう、うっとりとその色の洪水に酔いしれていました 私。


カメラワークもすごく単純で短めのカット割なんだけど、すごく計算されてるの。
例えば車のフロントガラスから臨む望むいろんな天気の空と
ルームミラーに映るドンの目元だけで、すごくたくさんのことを表現しているところや
助手席のガラスから流れる車窓から見せる景色や、色の移り変わりで
それぞれの街の特徴づけがしっかりされているところ。

対向車線を走る車種の選び方、
そしてドンがルームミラーを通して見ているリアウィンドウの景色を見せて
時間の経過や季節感を見事に映し出す---なんて芸当、さすがです。
これぞアメリカロードムービーの金字塔!って気がしました。

そこに、ほんとに音楽がうまく絡んでるのさ。ウマイねえ!!

ブロークン・フラワー”---なドンの部屋にいけられたピンクのバラは
シェリーが彼とのお別れにいけてくれたのよね・・・。
あ〜ぁ、枯れちまったぞぉ。-----つまり?!-----いや、わからん。

とにかく それはそれは美しいピンクのバラ であったことには間違いありません。

サントラ ブロークン・フラワーズ









amazonで、ほんの30秒ずつですが、このサントラが全曲試聴ができます。
でも、公式サイトでも音楽はふんだんに流れて、画像もチェックできるので
興味を持たれたら、ぜひ覗いてみてくださいまし。

いやあ〜、ついつい熱く語りすぎて、こんなにも長くなってしまいました。
(ちょっと反省)

BROKEN FLOWERS
2005年/アメリカ
監督&脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:
ビル・マーレイ @ドン・ジョンストン
ジェフリー・ライト @ウィンストン
シャロン・ストーン @ローラ
フランセス・コンロイ @ドーラ
ジェシカ・ラング @カルメン
ティルダ・スウィントン @ペニー
ジュリー・デルピー @シェリー
ブロークン・フラワーズ公式サイト *注:いきなり音が出ます

takamaien_n at 13:31|PermalinkComments(12)TrackBack(17) シネマ茶寮 | 音楽のチカラ

December 06, 2006

映画 リバティーン

リバティーン













DVDがやっと出てくれました。
上映していた映画館が少なかったので、ウチの近所では例によって観れず・・・
DVDを心待ちにしておりました!!

ジョニー・デップが“海賊”とはうって変わった役回りで挑んだ作品。

彼は脚本冒頭の3行を読んだだけで出演を決めたそうで
イギリスの天才詩人で、バイセクシャルで、チャールズ2世の友人でもある
第二代ロチェスター伯爵=ジョン・ウィルモットという
デカダンな人生を歩んだ実在の人物を
ジョニー・デップが蘇らせてくれたという感じなのかしら?
でも私は、ロチェスター伯爵という人を全く知りません。予習なく鑑賞。
これをどんな種類の映画として観たらいいのか。あまりよくわかりませんでした。
純愛物語?歴史映画?うーんどれもピンと来ない。

やっぱりジョニー・デップとそのファン(パイレーツ・・・ファンではなく)のための
映画というのがいちばん正しいジャンル?!
つまり、認識不足の私としては、この映画はその作品性ではなく
ジョニー・デップとサマンサ・モートンとジョン・マルコヴィッチの演技に
見惚れる映画なのかなと…そういう解釈で、私は楽しみました。
でも、女優陣に“華”がないのは、この映画の難点かもしれません。
それから17世紀のイギリスという時代のとてもグレイッシュな色が
最初は辛かった。実はニガテですなんです、この色…。でも、実はすごく美しい映画です。
演劇の部分での小道具の悪趣味さには
幾らなんでもね〜と思わずにはいられませんでしたけど、やはり。
そういう時代だって言ってもね。

でも、でもやっぱりイギリス映画!好きです。そのブラックなところも。

そして、後半のアルコール中毒&梅毒に侵されて、髪が短くなった頃のジョニー様!
その痛々しさが役者しまくっていて、ほんとにカッコよすぎです。
そして毎回ながら、目だけ、投げかける視線だけ・・・で表現するあの演技力には脱帽!!
でもね、私も一応オンナですが
残念ながらこの映画を観ても孕みませんでした、オダギリ・ジョーさま(笑)


前評判に期待を大きく膨らませすぎたのか?
私は、この映画でジョニー様のフェロモンをそんなに感じなかったんだよね。
(だからダメなのかな?何が?)
それよりもきっとああいう風にしか生きられなかったロチェスター卿の生き方が
すごく可哀想で、哀しかった-----だから好きになっちゃった。
「私のことを好きにならないでくれ」なんて言われてもさ。
もっと好きになっちゃったよ。あ、それはジョニー様をね。

そして、そしてこの映画の特筆すべきは音楽です。やっぱりマイケル・ナイマンでした。
いいですv

公式サイトは、残念ながら既に閉じられているようですね。
エンドロールで流れるあの美しくて哀愁漂う曲がずっと流れているサイト
すごく好きだったのに・・・。早すぎる〜。

だからという訳ではないけど
ジョニー・デップ・フォトブック ザ・リバティーン












「ジョニー・デップ・フォトブック ザ・リバティーン」
コレ、欲しい! candy-k1さんはお持ちなんですよね、きっと。

リバティーン サントラ









でも、とりあえずこっちが先かな。私には---というか、もう注文しちゃったっ(笑)
リバティーン・サントラ マイケル・ナイマン(amazon)

THE LIBERTINE
2004年/イギリス
監督:ローレンス・ダンモア
音楽:マイケル・ナイマン
出演:
ジョニー・デップ @ロチェスター
サマンサ・モートン @エリザベス・バリー
ジョン・マルコヴィッチ @チャールズ二世
ロザムンド・パイク @エリザベス・マレット

リバティーン(amazon)

昨日の『アマデウス』に似たタイプの映画だね。

*TB記事
トーキング・マイノリティさま
ココのつぶやきさま

takamaien_n at 23:58|PermalinkComments(5)TrackBack(3) シネマ茶寮 

December 05, 2006

映画 アマデウス

アマデウス












12月5日 今日はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの命日。
つまりモーツァルト生誕250周年!!・・・と賑やかしくも
たくさんの公演や記念CD発売などで盛り上がった1年も
今日でひと区切りということでしょう、か。

それで昨日、NHK−BSでやっていたんですね。『アマデウス』
何度も観た映画ですが、ついまた観てしまいました。

モーツァルトとサリエリ、同時代、同じ国に生まれてしまった2人の音楽家の
天才の栄光と傲慢、秀才の真摯さと嫉妬。


ウィーンの精神病院で「モーツァルトを殺したのは私だ」・・・と
かつて宮廷音楽の権威であったアントニオ ・サリエリの独白で始まるこの映画。
ブロードウェイで人気だった舞台『アマデウス』を映画化したものなんだそうです。
アカデミー賞もいっぱい取ったんだよね。 
モーツァルトのオペラの超ダイジェスト版が楽しめる?のもこの映画のいいところ?
この映画のテーマはモーツァルトの“死”と彼の音楽。
そして、その宮廷衣装やかつら、美術部門も見もの。
後半の彼のその若すぎる死を予感させる堕落した日々が
彼のつくり上げる悲愴感に溢れた荘厳な音楽で描かれている様子や
そのサスペンスタッチな作風はとても良かったと思うし、
嫉妬心に燃えるサリエリも凄味があったけれど
ただ、モーツァルトのあの下品な高笑いは映画だけのものだと思いたい・・・。


幼い頃から教育熱心なお父様に連れまわされて(?)演奏旅行を重ね
その頃から体調を崩しながらも宮廷に仕え、芸術家というよりは
音楽職人としてその才能を捧げ、35才の若さでその短い生涯を閉じたモーツァルト。
今日、ウィーンの国立オペラ座では
彼の最後の作品「レクイエム」が上演されるようですが
私も、モーツァルトの偉業に心から敬意を払い
今日は部屋でひっそりモーツァルトを聴くことにします。

AMADEUS

1984年/アメリカ
監督:ミロス・フォアマン
出演
F・マーレイ・エイブラハム @アントニオ・サリエリ
トム・ハルス @ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
エリザベス・ベリッジ @コンスタンツェ・モーツァルト

takamaien_n at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(3) シネマ茶寮 | 音楽のチカラ