August 17, 2005

モロッコインゲン!5

今日はダンナが執筆

先日、遠方より
久しぶりに友人が訪ねてきた。
社員旅行?(は表向き、
実は自分が来たかっただけなのかも?)
自分のお店のメンバーと親兄弟総勢7名。
夕食を私の自宅の庭で振舞った。

バーベキューパーティの品書きは
まずはスモークとスペアリブとノーマルな牛焼肉。
スモークはポーク(豚バラブロックを丸ごと軽く塩漬け)と
ソーセージ、ホタテ、サーモンを燻した。
自分的にはかなりのボリュームを用意したつもりだったが
めずらしいのか?あっという間に終了!
自分の分はなかった…

スモークの間に畑の獲れたて野菜
トマト、茄子、玉ねぎを、焼いたり
さっき掘って来たジャガイモを蒸してホクホクにしたり。


それから家内がとうもろこしと枝豆とモロッコインゲンを
ゆでて持ってきた。
とうもろこしは塩でシンプルに。甘い。
うちの枝豆は“だだちゃ豆”にも負けていないと思うけど
特筆すべきはモロッコ
(でも、豆が大きくなると不味い。鞘がいちばん美味しい。
豆なのに
モロッコインゲンはマヨネーズ掛け
⇒これがいちばんウマイ。

このモロッコインゲン
都会では流通していないらしく、皆疑惑の目。
「甘くて美味しいから食べてごらん」と言ったら
おそるおそる箸を出した。
「なにこれっ?おいしい!」と1人目。
その後次々に箸が出て
これまたあっという間になくなる。

よく考えてみると、私は子供の頃から食べていたが
スーパーなどでは最近まで見る機会がなかった。
改めて、その地方でしか流通しない商品って
たくさんあるのでは?と思うので、
この書き込みを見た方で
「オラ方には、こんなにウマイもんがあるよ!」
と言う方はご指南ください。



takamaien_n at 23:38│Comments(0)TrackBack(0) 暮らしのともしび 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔