October 19, 2005

ミスタースローハンド3

653838e3.jpg普段、私の仕事は
平日はパソコンに向かったり
電話したり、原稿を書いたり
いわゆる「内勤」で
週末は、教会やレストランやホテルに出向く
・・・というパターンなのだけど
今日はめずらしく取引先を訪ねて
小一時間ほど日中に車で出かるという用事があった。

久しぶりにいい天気で
世間は涼しい軽井沢とは比べものにならないほど暖かくてビックリ

いつもお客様に書いている手紙に
季節感を取り入れながらなんて心がけているつもりなんだけど
だいぶズレがありそうな気がする…なんて心配になったりした。

普段の通勤は30分足らずなので
今日は道中、何か違うCDを聴こうと思って選んだのが
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・クリーム

天気がよくて何となく風も適度に吹いていて
何となくブルースが聴きたくなって
思いついたのはクラプトンしかなかったというか
「Sunshine of my love」とか「Crossroad」が単純に聴きたかったというか。
でも気がついたら
ジンジャー・ベイカーになったつもりで(ずうずうしいっ)
ハンドルを叩きながらノリノリで聴いてしまっていた。

でも信号待ちの時はいいけど
スネア・ビートを逸脱した彼のドラムに合わせて運転するのは危ないね。

車に積んであったCDは、タイトルはコレだけど
ジャケット&中身の違う輸入版のもっと古いアルバムなので
曲数ももっと少なかったな。

前から好きでたまーにひっぱり出してきては聴いてたけど
これって良く考えたら弟のCDだった気がする。そろそろ返さなくっちゃ

弟は実はバンドマン(もちろんアマチュア)
でも2度目のCD発売に向けて必死らしい。
暇な人は見てやってくださいまし。犬タマWebを。

さて、私の弟はどの人でしょう?

takamaien_n at 18:47│Comments(0)TrackBack(1)音楽のチカラ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. クリーム  [ まい・ふぇいばりっと・あるばむ ]   December 27, 2010 09:03
NO.00164 クリームのベスト・アルバム『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・クリーム』(1998年) コーヒーを飲む時に欠かせても、クラプトンを語る時には欠かせないク ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔