November 12, 2005

ペルノー4

3680ce73.jpgいつだったかお土産にもらったペルノー。
20代の頃、このお酒を初めて飲んだ時は
歯磨き粉みたいだと思ったけれど
慣れてきたら完全にハマった。

何かの本で画家のロートレック
ムーランルージュ、ペルノの関係についての
記述を読んで、自分も無性に飲みたくなった。
少しはロートレックの気分が味わえるのではなんて
好奇心だけが先に立っていたのかもしれない。

ムーランルージュには5年前に行く機会に恵まれ
これぞエンターテーメント!的な気分を満喫することができた。
ミレニアム記念の歴代のレビュー'Feerie'(フェリ)という
ステージだったが、あっという間の5時間だった。
(移動・食事の時間込み)
パリにいく人は是非!

参考までに。
映画「ムーランルージュ」は自分が思うムーランルージュの世界とは
ちょっと方向付けが違ったけれど、サントラはかなりいけてると思う。

ロートレックが飲んだのは、ペルノーだったのかアブサンかは
記憶が曖昧だが、19世紀末のヨーロッパ芸術家たちが愛した酒を
今晩飲んでみようかな・・・   by KURO

アブサン参考Webサイト

takamaien_n at 21:46│Comments(0)TrackBack(0) 酒談義 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔