November 27, 2005

洋梨4

3d5599cc.jpg






10月なかば、姉から
「ラ・フランスが収穫時期なので取りにおいで」
と連絡があった。

長野県内でラ・フランスをつくっている農家は
そうたくさんはないらしい。
開花してからも慈しんで育てなければならず
とても手間がかかるとのこと。
姉たちにとって、今年は初めての洋梨づくりだったけど
天候にも恵まれすばらしい出来だったよう。

ラ・フランスを言えば山形。
でも、姉のところのだって負けず劣らずウマイ。
山形ブランドってことで、ネット上でも異常に高いよね。
昨年までスーパーで買っていた時は1シーズンに1,2回買う
程度だったけれど…。

もぎたてが美味しいのかと思いきや、10月に獲れたものが
今頃が「食べ頃」
暖房の入っていない部屋で1月ほど放置して追熟。
もらってきたばっかりの頃は香りもほとんどなかったし
甘みもなかったのに、それがもう今となっては
やわらかすぎて皮を剥くのが一苦労。果汁がポタポタ指の間を
滴り落ちるほどで、まさに芳醇な香り♪

果物用コンテナに山盛りもらったので
最初は人に差し上げたり、ジャムにしたり、紅茶で煮たり
フルーツティーにしたり…。

最近は、クリームチーズとクラッカーでカナッペにして
ワインを楽しんだりしたけれど、今日は皮を剥いてそのまま頂きました。
やっぱりコレがいちばん美味しいかもね。
とにかくいろいろ楽しみました。

でも、ラ・フランスは、手間がかかりすぎてフランスではもう
生産されないってほんとう?

takamaien_n at 23:20│Comments(0)TrackBack(0) 美味しいモノ噺 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔