December 28, 2005

花様年華5

d9f924aa.jpg年末の大掃除でCDの整理をしていたら
しばらく聴いていなかった大好きな一枚が出てきたので
ヘヴィロテで聴いております。

2000年のカンヌ映画祭で
トニー・レオンが最優秀男優賞を受賞した
同タイトル作品のサウンドトラック。

たぶん4年くらい前に
映画の中から美しいシーンばかりを集めた
10枚のポストカード=特典付きでこのCDを購入。
(でもね、ピンがあってないようなボケっぷりで
トリミングもなんか変なんだよね?
どないしたん?ってカンジ)
当時、そのポストカードとサントラで映画を思い出しながら
熱心に聴いていた一枚です。

色使いやカメラワークが、私の好きなタイプの作品なので
映画については、また別の機会にゆっくり書くとして
(でもストーリーは面白いという映画ではないね)
今日はサントラについて…。

花様年華は1960年代の香港を舞台にした美しくて、慎み深い不倫映画。
その空気感というか、時代を思わせる雰囲気を見事に音楽が創りだしている。

全体を通してとってもロマンティックな仕上がり。
ゆったりとしてノスタルジックないろんなジャンルの曲が
モザイクのように鏤められています。
でも雑多な感じは全くしなくって、すごく選曲のセンスがいいの。

何といってもテーマ曲でもある「夢二のテーマ」というインスト。
ストリングスのワルツを聴くとこの映画の様々ななシーンが
フラッシュバックする。
この曲はもともと1991年の日本映画「夢二」で使われていたものなのに
まるでこの映画のために書きおろされたかのように
ピタッとはまっているところがスゴイの。

そしてそして
ベルベット・ヴォイスのナット・キング・コールのラテンポップスが3曲。
“ラジオ”から流れてくる彼の声に聞き惚れる
うっとりした目の60年代の女性たちの様子が目に浮かぶようだわ。
曲の内容も本当にストーリーにぴったり!

それから「花様的年華=花のような日々」という曲は
「ハッピー・バースディ・トゥ・ユー」をアレンジした曲で
1947年の中国映画の挿入歌とのこと。
上海ではゴールデン・ヴォイスと呼ばれたという大歌手ゾウ・シュアンが
とても可愛らしく歌っている。彼女は39歳の若さで亡くなったそう。
この曲名が映画のタイトルにつながったのは推して知るべし、ね。

花様年華・・・とは
【咲き誇る花のような年齢のこと=女性が最も輝いている時期】
という意味だそうです。

それから
映画の最後でチャウ(トニー・レオン)が
アンコールワットを訪れるときに流れているもの哀しいチェロの曲も本当に美しい。
ウォン・カーウァイ監督と『恋する惑星』でも組んだマイケル・ガラッソの作曲。
切なすぎる・・・。

まさにこれぞサウンドトラック!な秘蔵の一枚でございます。

花様年華サントラ

1.ミスター・チャウ(周慕雲)のモノローグ
2.夢二のテーマ(梅林茂)
3.評弾「妝台報喜」(朱雪琴,薜恵君)
4.越劇「情探」(傅全香,陸綿花)
5.京劇「四郎探母」(譚・培)
6.京劇「桑園寄子」(譚・培)
7.アケージョス・オホス・ベルデス(グリーン・アイズ)(ナット・キング・コール)
8.ミセス・チャン(蘇麗珍)のモノローグ
9.テ・キエロ・ディヒステ(ナット・キング・コール)
10.比翼の燕(双双燕)(白英)
11.ラジオ・花のような日々(花様的年華)(周・)
12.キサス・キサス・キサス(ナット・キング・コール)
13.ブンガワン・ソロ(梭羅河畔)(レベッカ・バン)
14.粤劇「紅娘会張生」(紅娘,張生に会う)(鄭・君綿,李紅)
15.故郷にかかる三日月(月兒彎彎照九州)(趙衛平)
16.アンコール・ワットのテーマ1(マイケル・ガラッソ)
17.アンコール・ワットのテーマ2(マイケル・ガラッソ)
18.アンコール・ワットのテーマ3(マイケル・ガラッソ)
19.ITMFL1(マイケル・ガラッソ)
20.カサノヴァ/フルート(マイケル・ガラッソ)
21.ITMFL 時計数字2(マイケル・ガラッソ)
22.ITMFL 時計数字3(マイケル・ガラッソ)
23.アンコール・ワットのテーマ フィナーレ(マイケル・ガラッソ)
24.夢二のテーマ(エクステンディド・バージョン)(梅林茂)
25.ミセス・チャンのモノローグ

takamaien_n at 15:58│Comments(2)TrackBack(2)音楽のチカラ | シネマ茶寮

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「花様年華 IN THE MOOD FOR LOVE」  [ Happy Lifeのススメ ]   April 19, 2006 14:33
1962年の香港。新聞社に勤めるチャウ(トニー・レオン)と、商社で秘書をするチャ
2. [映画]花様年華 in the Mood for Love  [ 日々の書付 ]   June 01, 2011 12:44
60年代香港を舞台にした、切なくてやりきれなくて、でもとても美しい大人の恋物語「花様年華 in the Mood for Love」。 お互いの伴侶が不倫関係にあると知った男女。 そんなきっかけから始まり、惹かれあうふたり。 いつもお互いを名前で呼び合うこともなかった。 恋人

この記事へのコメント

1. Posted by すずりん   December 29, 2005 15:52
こんにちは。
私のブログに遊びにきていただきありがとうございました。
おいしいもの、沢山ありますね!マリアージュの紅茶は私も大好きです。
これからもよろしくお願いします(^^)
2. Posted by shiro_taka   December 29, 2005 17:30
>すずりんさん、ようこそ♪
夫婦揃って食いしん坊なものでヾ(´○`)
マリアージュの紅茶は何がお好きですか?
またお話できると嬉しいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔