January 20, 2006

おたや祭りとは

otaya2












昨日、何の前振りもせず、いきなり
「おたや祭り」などと書きましたが
それは1月14日から15日にかけて
信州・長和町、それも古町というごくごく小さなエリアで
行われる150年の伝統を誇る冬のお祭りのこと。

普段は猫も犬も通らないような?田舎の道に
素朴な山車を中心にたくさんの屋台が並び
どこから沸いてくるのか数万とも言われる(ホンマかいいな?)
たくさんの人が繰り出します。

花火大会なんかもあったりして、地元では一大イベントで
この日が元旦のようなもの。
今年は14日が土曜日だったこともあり
たくさんの人出が予想されたんですが、残念ながら雨模様。
花火のあがった時間も短かったみたいです。

「おたや」とはお田屋、またはお旅館などと言って
伊勢神宮の御師といわれた神職さんが
地方へ神徳宣布に出た時の拠点とした宿舎のことだそうです。

実家は古町の桜町というところにあって、
第5場桜町保存会に属しています。

今年の山車は昨年の大河ドラマ“義経”で盛り上がったこともあり
(私もタッキーの一生懸命さにうたれ?
BSで何とかギリギリ見てました)
桜町の山車は、平家物語からいちばんの人情場面
「平敦盛 一の谷決戦で討たれるの場」
他にも勧進帳の場面の山車も出ていました。

詳しくは長和町公式HPにて

otaya3











左が熊谷直実(くまがいなおざね)

otaya1











これが、平 敦盛。
凛々しい眉です。誰かに似てませんか?

槍も、弓も、矢も、兜も、馬も、みんなみんな手作り。
約2週間でこれを全部仕上げるのだそうです。たいへ〜ん。



takamaien_n at 22:56│Comments(0)TrackBack(0) 徒然ニッキ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔