March 17, 2006

別府の泥湯

KUROが、どーーーーーしても行きたいというので、ガマンして、明礬温泉に行くことに。

1週間ほど前にどこかのBS番組で別府温泉の特集?をやっていて
泥湯の紹介で、別府温泉保養ランドってところが出ていて絶対行きたかったんだそうだ。

でも、建物はずいぶんとさびれた感じで、お風呂に向かう渡り廊下や
脱衣所なんかは“ホントにココですか、ね?”って感じで
潔癖症のかたは、ずぇーーーーーったいに無理ざんす。

でもね、私は結構楽しかったの(予想に反して)
時々 ゴボっ とか シューッ とかいって、噴出してくるお湯?泥?は
高温だけど、全体的にはぬる〜いので(冬だし)
適当に攪拌しながら、すごくキメの細かい、何ともいえない泥の感触を楽しんでいたら
ずっとずっと入っていられそうだった。
浮力が強くて自然に体が浮いてくるので、柵につかまってプカプカするのも
面白かったんだな、きっと。

泥パック効果でしっとりしたような気はするんだけど、さすがにナンか気持ち悪くて
ホテルに帰ってからフツーの温泉に入って洗いなおしてしまった。意味ナシ?

でもこの泥湯、体力は確実に消耗します。
(事実、せっかくの夕食=それも、河豚三昧の途中で気持ち悪くなってしまったワタクシ。
情けなし・・・ペース配分が下手すぎです)

入浴料¥1,050⇒地獄に入ってこの値段は、まあ人生経験として妥当かと。

20歳前後くらいの女の子も結構来ていたナ〜。
(何か合コンみたいのやってたらしいぞ。外の混浴と大広間で。意味わからん???)

入浴者が多かったのと、勝手がよくわからなかったのと、泥で手が汚れていたのとで
写真は撮れませんでした。

公式サイトでも見てみてくだされ。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
別府温泉保養ランド  
別府市明礬5組紺屋地獄
TEL:0977-66-2221
9:00〜20:00

ここの写真がとってもよくわかる!!

takamaien_n at 02:06│Comments(0)TrackBack(0) 旅の想ひ出 | 温泉同好会

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔