May 18, 2006

映画 グッバイ、レーニン!

グッバイ、レーニン!
















タイトルだけで考えると
舞台はロシアか?社会主義と資本主義の混沌とした歴史世界の映画か?・・・と
もうちょっと重たい社会派な内容を想像していたんだけど
でも“グッバイ”だしな、ビックリマークだしな〜と思って
ジャケットを手にとってみるとヒューマンドラマ?ほのぼのコメディ?なにおいもして
興味津々。

私の好み的にはちょっとコメディに寄り過ぎているかなーとも少し思いましたが、
ママを騙すその一生懸命さがあまりにも健気で、微笑ましく観賞。

先日観た『大いなる休暇』にそっくりの映画だったけど、いやいや、こちらの映画には
もっと強いメッセージや深いテーマがありそうです。

ストーリーが進むにつれて、母親のクリスティアーネの強い愛国心は
実は自分から離れていった夫と自由主義とへのアンチテーゼが
つくりあげたものだということがだんだんとわかってきて
ひとりの女性としての生き方、母としての強さと美しさが際立ってきました。
ドイツ人の女優さんを何人も知らないけれど、とても素敵な女優さんですね。

主人公アレックスの友達、映画が大好きでキューブリックに憧れるデニス君も
いい役どころ。彼も上手い!

この映画、ベルリン映画祭で最優秀ヨーロッパ映画賞を受賞しているのですね。
納得です。
家族の優しい 嘘 に気づきながら、その息子を見つめる母の優しい眼差し。
最後には、自分の 嘘 を告白する母・・・。
家族の愛がたくさん詰まった、とても大切にしたい映画です。

ベルリンの壁の崩壊によって、果たして幸せは訪れたのでしょうか?
東西統一を果たし15年もたった今、あの頃は良かったよねーと懐古的な・・・
『ALWAYS三丁目の夕日』のような映画にも思えます。

余談のようですが
サンドマン(旧東ドイツのパペットアニメ)も可愛い♪のです。
DVD化とか無理かな〜?「チェブラーシカ」みたいにブレイクしないかな?
サンドマン公式サイト


そして、美味しいピクルスを瓶ごとバキボキ食べたくなります。
ワタクシすでに、昨夜に経験済み(笑)


時代は変わっても、心は変わらない。 んー、久々にいいコピーです。

GOOD BYE LENIN!公式サイト(注意:音が出ますよ〜)

2003年/ドイツ
監督:ヴォルフガング・ベッカー
音楽:ヤン・ティルセン(アメリの人!)

グッバイ、レーニン!(アマゾン)

takamaien_n at 23:00│Comments(2)TrackBack(4) シネマ茶寮 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「グッバイ、レーニン!」  [ 別館yahei ]   May 18, 2006 23:17
2004年日本公開 ドイツ 監督 ヴォルフガング・ベッカー 気になって観なきゃなぁと思っていた映画の一本です   1990年   母はドイツ統一を知らない。   僕がデモに参加し、捕まる姿を見て倒れ、   8ヶ月眠ったままだったからだ。   母が眠っていたその間に世...
2. グッバイ、レーニン!−(映画:2007年27本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   March 02, 2007 01:14
監督:ヴォルフガング・ベッカー 出演:ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、マリア・シモン、チュルパン・ハマートヴァ 評価:90点 公式サイト (ネタバレあります) 少々古い映画だけれど、ずっと気になっていたものを、ようやく借りてきて見ること....
3. DVD/グッバイオカン  [   サ バ ペ ]   March 02, 2007 21:34
DVD「グッバイレーニン!」(公式サイト) ヴォルフガング・ベッカー監督 出演 ダニエル・ブリュール カトリーン・サーズ チュルバン・ハマートヴァ マリア・シモン
4. 『グッバイ、レーニン!』を観たよ。  [ 【待宵夜話】++徒然夢想++ ]   March 03, 2007 15:16
 これだから、映画観るのはやめられないんだよ。……あぁ、気持ちよかった。 『グッバイ、レーニン!』 原題:"GOOD BYE, LENIN!" 2003年・ドイツ・121分 監督・脚本:ウォルフガング・ベッカー 製作:シュテファン??

この記事へのコメント

1. Posted by yahei   May 18, 2006 23:16
はじめまして♪
コメント&TBありがとうございました。
こちらにお邪魔してお気に入りの映画のチョイスに似たものを感じてむふふと思っています。
ゴールデンウィークに『のだめカンタービレ』を借りて、ちとハマったばかりです。
ではでは、私もTB返し〜
2. Posted by shiro_taka   May 30, 2006 12:05
yaheiさん、ようこそ!
なのに・・・こんなにお返事がおそくなってしまったこと心よりお詫び申し上げます。

映画の好み近いものがありますね♪ また遊びに行きます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔