May 31, 2006

ドイツ カリーブルスト

私はスポ根少女だったにも関わらず(その反動なのか?)
スポーツ観戦に興味があまり深くなく、野球もサッカーも
ワールドゲームの頃だけ、にわかファンになる程度のハンパなというか邪道なというか
ファンですが・・・(それはファンとは言わないのですよね、たぶん)
世は、ドイツワールド杯開幕に向けてヒートアップしているので
我が家も我が家なりに、ドイツネタなどを。

papadepoco2


















(いつもながらピンがあってなくてすみません)

先日、久々にお邪魔した
軽井沢の隠れ家レストラン「○パ○○コ」で(←これじゃ全くわからん?よね。ごめんなさい。
ご興味のある方には、直接場所をご案内しますのでお問い合わせを)
頂いた一皿、カレーブルスト。

ドイツ人はこれを日曜日に食べるんでしたっけ?R子さん、○○ケさん、覚えてます??

ソーセージの間に細かく刻んだ玉ねぎが挟んであって、カレーパウダーがかけてある。
ソーセージは冷蔵庫の常備品で、私は煮込み系に使うことが多いけど
この一皿はすぐに真似っこしたい。

ソーセージも然ることながら、そのつけあわせ(・・・こっちが主役に思えるほどの
衝撃の美味しさ)のポテトサラダと赤キャベツのザワークラウト。
レシピを教えてもらったので、早速トライしてみようと思います。
ジャガイモも美味しくなる季節だし。

キーワードは「ドイツピクルス」
先日の記事 
映画 グッバイ、レーニン!
 でも書いたけど
映画にすぐインフルエンスしてしまう素直な?私の冷蔵庫には
ドイツ製ピクルスが鎮座していて、瓶ごとバリボリするのもいかがなものか・・・と
思案していたところに
このドイツメニュー!!嬉しくなっちゃうな。
ポテトサラダの仕上げにピクルスの漬け汁・・・なんだそう。なるほど〜!!
今まで、もったいないと思いつつも、普通に捨てていました。

そして、飲むヨーグルトを入れて滑らかにのばす。ほほー。
ドイツの家庭ではよくこうやってポテトサラダを作るんだそう。

赤キャベツのザワークラウトについては
わざわざ注文してお取りよせしている方もいるくらいだそうなので
ここでの公開は控えようと思います。
(○○ケさん、○○○たけさん、もう作りましたか?)

「○パ○○コ」に行くといつも目からウロコな楽しい発見があって
(・・・と言いながら、自分の舌では解明できず、だいたい降参するんですが)
オーナーが何十年もかけて世界中から仕入れられてきた、ネタ帳を少しずつ少しずつ
覗き見させていただいているという感じ。
今日いただいたワインも最高でした。
いつも見たことも聞いたこともないようなワインを飲ませていただき感激です。

wine


















プロヴァンスの少し北でつくっているワイン。「グラン・リュベロン」
やや辛口の白。
こんなにしっかりしたボディの白ワインは初めてです。
蜂蜜の味がするの。それからバニラかな?甘いにおい。
でも酸味もあって、すっごく飲みやすかった。
赤は出まわっているみたいだけど、白は希少らしく、買い占めたそうな。

一緒に食事をしたR子さんと、○○ケさんは昼間にもう一本空けたんだそうだ。
納得!!

軽井沢に居ながらにして、舌と耳とで、旅をさせていただいています。
いつもありがとうございます!!

takamaien_n at 23:01│Comments(0)TrackBack(0) 軽井沢のあれこれ | 美味しいモノ噺

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔