June 03, 2006

映画 ダ・ヴィンチ・コード

ダヴィンチコード

















公開初日のレイトショーを観に行ってきたのですが
記事をアップするのがすっかり遅くなってしましました。
それは何故か・・・期待度に対しての感動が薄かったことがひとつの理由。
(映画のせいにしている私がいちばんズルイ)
うーん、でもあまり後に残らないタイプの映画なのかなー。

感想。
原作読んでからじゃないとキリスト教に対する認識の薄い日本人にはちょっとキツいのかと。
(そんな評が多いですね)

私にはジェットコースタームービーに思えました。
異様に早い展開。じっくり観客も一緒に推理したり、回想したりって余裕がない。
勝手にどんどん進んでいくので
こうなのよっ!ああなのよっ!アンタわかった?ついてきてるっ?---てなカンジで
詰め込みすぎというか何と言うか。
私的には本の方が良いデス。比べるという行為がどうなのかとも少し思いますが。。

でも著者ダン・ブラウンって人は情景描写がスゴク上手い人。
最初から映画化をかなり意識してますよね。狙ってたよね・・・。
描写の部分に関しては、ほんとに原作に忠実に再現すれば良かったんじゃないかしら〜。
ロン監督、ラクチンだった?
(いや、そんなことないよね・・・。映画の作り方としてとてもオモシロク
見せてくれたのは彼の実力以外の何物でもなく)
でも、シーンを絡めて(ミックスして?…えーと適切な表現が分かりませんが)
いくところの手法は「ビューティフル・マインド」に近いものがありましたよね。

しかしながら
原作者も映画クルーも特集のテレビ番組の制作会社もみんなみんなグルな
“金蔓映画”感は否めず。
カンヌ失笑事件や不買運動も、何だかプロモーションの一環にさえ思えてくるのさ。
性悪っすかね?私。

そんな中で印象的だったのは、ポール・ベタニー(シラス)の演技。
皆さんも絶賛ですよね。

賭けてます!この役にっ!という気迫が伝わってくるような・・・。
彼の幽霊のような“白さ”を表わすメイクさんの力もすごい。
でも私は、原作からはシラスはもっとゴツくて醜い形相を想像していたので
少し綺麗すぎたような気もしたりして・・・。

役者さんのことを言うと
ジャン・レノ(ファーシュ警部)は私的にはミスキャストのような気がしてなりませんが
パリだから?他に誰?と言われてもわからんのですけど。
彼の良さがイマイチ発揮できなかった作品なのでは?何だか消化不良なカンジです。

イアン・マッケラン(リー・ティービング)は
「ロード・オブ・ザ・リング」のガンダルフの印象が強すぎて
どうも気がそれてしまい(それは私の集中力のなさによるものですが)
アルフレッド・モリーナ(アリンガローサ司教)についても同様。
どうしてもどうしても「スパイダーマン2」の悪役の時の
口をニーッ開けている時の顔が思い浮かんでしまい・・・彼には紫色がとてもよく似合うな〜
なんて、どうでもいいことを思っていました。

オドレイ・トトゥ(ソフィー・ヌヴー)・・・は、文句ありません。スカートから覗く足が可愛いから。

そんでもって主人公であるトム・ハンクス(ロバート・ラングドン)・・・は、そうさな〜。
名優だなーと思うのですが、私はもっとシャープなラングドンが良かったなー。
トム・ハンクスって優しすぎる感じがする。
あ、でもラングドンとリーとがキリストの真実について絡むシーンは
この映画のテンポの良すぎる点が、唯一、功を奏している場面かと。
名優どおしのバトル、良かったな。

あと、面白かったのは
ルーブルからラングドンとソフィーが逃げていく時のカーチェイス。
ロン監督のフランス映画へのリスペクトか?!何だか笑いました。
あ、ここもテンポ的にはマルだーねー。あの車はスマートですか?

ワタクシ、原作はちょい早まって BOOK OFF に売ってしまったので
「ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く 世界的ベストセラーの知的冒険ガイド」を、も一回読もう。

キリスト、聖杯、秘密結社などに関する伝説の本を読み漁るには
私の読書力では、あと何十年費やせばいいのかあまりにも気が遠くなりそうなので
手っ取り早く、このテの本で確認作業をするのがいいのか・・・と。
あ〜あ、私ってば思い切り批判しときながら
こうやってちゃんと商業ベースに乗ってるし、アホですね。

映画 ダヴィンチ・コード公式サイト
(トレイラーを見たい方向きのサイト。アナグラムやらいろいろ技きかせたいのも
気持ちはわかるが、キャラ紹介のところはナンじゃこりゃ???でした)

それよりこっちか・・・な。
ダヴィンチ・コードファンサイト

THE DA VINCI CODE

2006年/アメリカ
監督:ロン・ハワード 
原作:ダン・ブラウン 
出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ
イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ
ジャン・レノ、ポール・ベタニー
ジャン=ピエール・マリエール

takamaien_n at 00:18│Comments(21)TrackBack(35) シネマ茶寮 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『ダ・ヴィンチ・コード』  [ 京の昼寝〜♪ ]   June 03, 2006 00:27
ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。 ■監督 ロン・ハワード■脚本 アキヴァ・ゴールズマン■原作 ダン・ブラウン(「ダ・ヴィンチ・コード」)■キャスト トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ...
2. 映画「ダ・ヴィンチ・コード」  [ ミチの雑記帳 ]   June 03, 2006 00:34
映画館にて「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウンの同名小説の映画化。カンヌ映画祭のオープニング上映(プレス向け)で拍手がなかったなど話題をまいている大作がいよいよベールを脱いだ。 ルーブル美術館館長の死体が発見され、そこに残されていた不可解な暗号を宗教...
3. ★「ダ・ヴィンチ・コード」  [ ひらりん的映画ブログ ]   June 03, 2006 00:59
2006年最大の話題作をやっと観て来ました。 世界中で賛否両論の宗教絡み映画なので・・・。 キリスト教信者じゃないから、気楽に見れるので・・・ 日本でも、ヒットは確実かなっ。
4. 『ダ・ヴィンチ・コード』  [ *Sweet Days*  ~movie,music etc...~ ]   June 03, 2006 06:18
監督:ロン・ハワード CAST:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニー フランスに滞在していたハーバード大のラングドン教授(トム・ハンクス)は、ある夜ルーブル美術館の館長と会う約束をしていた。しかしその夜館...
5. ダ・ヴィンチ・コードめ??  [ アフィリエイトDIARY ]   June 03, 2006 12:30
ダ・ヴィンチ・コードがめっちゃ気に・・・
6. 映画「ダ・ヴィンチ・コード」ロン・ハワード/監督  [ スチャラカランナーの日々 ]   June 03, 2006 14:46
 映画「ダ・ヴィンチ・コード」ロン・ハワード/監督観てきました。  言うまでもなくダン・ブラウンの大ベストセラー小説の映画化です。  ストーリーは、ルーブル美術館の奇妙な死体のメッセージからラングドンは事件に巻き込まれることに。残されたメッセージを暗号解...
7. ダ・ヴィンチ・コード  [ 色即是空日記+α ]   June 04, 2006 03:26
5月20日全世界同時公開!!  大々的な宣伝に単純な私は以前からかなり踊らされておりましたw 結果、、、 かなり私が好きなタイプの映画ですね。大体は面白かったです!! だけど、、、 予告で見たときの予想通りの犯人・・・・・・_| ̄|○  まぁ、犯人探しだけ....
8. 「ダ・ヴィンチ・コード」見てきました  [ よしなしごと ]   June 04, 2006 11:43
 世界中でベストセラーとなったダ・ヴィンチ・コードを見てきました。正直キリスト教じゃないし、ダ・ヴィンチにも興味ないんですが、一応ベストセラーということで流行に流されてみました。
9. 超弾丸パリツアー 「ダ・ヴィンチ・コード」  [ 平気の平左 ]   June 07, 2006 00:05
評価:55点 ダ・ヴィンチ・コード 公開前に悪い噂しか聞かなかったので、かなり心配していたのですが、そこまで悪い映画でもないと思いました。 まぁ、よくもないんですけどね。 この映画は、例えるならば、「超豪華チャーター機で行く!パリ0泊2日の旅!!」って感...
10. ダ・ヴィンチ・コード 2006-30  [ 観たよ〜ん〜 ]   June 07, 2006 07:16
「ダ・ヴィンチ・コード」を観てきました〜♪ ある日、ルーヴル美術館のソニエール館長が、何者かに殺される。ソニエールは死の間際、自分の血を使ってメッセージを残した。捜査に当たっていたファーシュ警部(ジャン・レノ)は、象形学者のラングドン(トム・ハンクス)...
11. ダ・ヴィンチ・コード  [ Akira's VOICE ]   June 07, 2006 10:27
爆発のない「ナショナル・トレジャー」(笑
12. ダ・ヴィンチ・コード  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   June 07, 2006 12:01
『THE DA VINCI CODE』公開:2006/05/20(05/20)監督:ロン・ハワード原作:ダン・ブラウン    『ダ・ヴィンチ・コード』(角川書店) 出演: トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノ、ポール・ベタニー ある日、....
13. ダ・ヴィンチ・コード  [ シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 ]   June 07, 2006 18:22
 今、話題沸騰の映画「ダ・ヴィンチ・コード」。皆さんはもうご覧になられましたでしょうか。私は残念ながら映画は、まだ観に行けてません。原作は既に読んでいるのですが、あの物語が、どのように映像化されたのか、観にいくのがとても楽しみです。 (以下ネタバレを含...
14. 『ダ・ヴィンチ・コード』  [ ラムの大通り ]   June 07, 2006 21:16
----この映画、全世界での公開直前になって いくつもの障壁が立ちはだかってしまったね。 「あっ、カンヌで評判が悪かったことね。 カトリック系団体によるソニー製品の不買運動もあったりで、 大変な船出となってしまった」 ----宗教界の批判の方は日本では逆に宣伝にもな...
15. 「ダ・ヴィンチ・コード」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   June 08, 2006 07:10
「ダ・ヴィンチ・コード」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ、ポール・ベタニー、アルフレッド・モリーナ、他 *監督:ロン・ハワード 感想・評価・批評 等、レビューを含む....
16. ダ・ヴィンチ・コード (2006年、米)  [ 七月のうさぎ ]   June 08, 2006 11:18
原題: THE DA VINCI CODE 監督: ロン・ハワード 原作: ダン・ブラウン  音楽: ハンス・ジマー 出演: トム・ハンクス     オドレイ・トトゥ     イアン・マッケラン     アルフレッド・モリナ      ジャン・レノ     ポール・ベタニ...
17. ダ・ヴィンチ・コード  [ 悠雅的生活 ]   June 08, 2006 13:54
ダ・ヴィンチと 暗号と 薔薇…
18. 国家の品格  [ マルコ式ネット白書 ]   June 10, 2006 09:41
最近、愛国主義的な本が売れていると聞きます。その中でも、<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?link_code=ur2
19. ダ・ビンチ・コード 06年105本目  [ 猫姫じゃ ]   June 10, 2006 10:47
ダ・ビンチ・コード これって、話題の映画?ですよね。 トム・ハンクス 主演、ロン・ハワード 監督。原作はダン・ブラウン のベストセラー、、、ぁ、原作はおもしろいのね?たぶん、、、 てなわけなさそう、、、 つまらん、、、 どこがおもしろいのか、ぜんぜんかわから...
20. 【劇場鑑賞53】ダ・ヴィンチ・コード(THE DA VINCI CODE)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   June 11, 2006 23:44
3 ダ・ヴィンチは、 その微笑みに、何を仕組んだのか。 今年最大の事件が遂に始まる。
21. 【劇場鑑賞53】ダ・ヴィンチ・コード(THE DA VINCI CODE)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   June 12, 2006 00:28
3 ダ・ヴィンチは、 その微笑みに、何を仕組んだのか。 今年最大の事件が遂に始まる。
22. ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン  [ 文学な?ブログ ]   June 16, 2006 01:46
「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。 キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に面白...
23. ダ・ヴィンチ・コード  [ PLANET OF THE BLUE ]   June 16, 2006 17:02
今年最大の話題作。 公開日に見ましたが、やっと書くことができました^^; キリスト教のタブーを題材としているので、公開前から賛否両論のこの映画。 見る前からちょっと不安もあったんですが・・・。 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス  オドレイ・...
24. ダヴィンチコード レビュー  [ タイトルが決まらないブログ        (そろそろ決まりそう) ]   June 19, 2006 21:39
2 週末は映画DAY。 おとといに続いて昨日も映画を観てきました。 はい、ダヴィンチコード。 やっと観れました。 前に観る機会を逃してから諦めかけてたのだけど行けました。嬉しい。 でも… 以下レビューです。
25. ダ・ヴィンチ・コード  [ 空想俳人日記 ]   June 24, 2006 13:48
神の子を 信じる者こそ 使われる   平塚雷鳥は、こう言ったとさ、「原始女性は太陽であった。今、女性は月である。 他によって生き、他の光によって輝き、病人のような蒼白い顔の月である」と。この太陽は、日本神話の主神の太陽、天照大神(アマテラスオオミカミ)を...
「ダ・ヴィンチ・コード」★★★★ トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ主演 ロン・ハワード監督、2005年アメリカ ルーブル美術館の館長が殺害された。 彼の死体はダ・ヴィンチの有名な素描 「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわっていた。...
27. ダ・ヴィンチ・コード…劇場鑑賞  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   July 03, 2006 22:57
本日(6/28){/kaeru_fine/}会社をサボって(ちゃんと有給休暇届けを出してですよ{/face_ase2/})「ダ・ヴィンチ・コード」を観てまいりました{/up/} 上司には「ちょっとした用事があります」って、言って休んだんですが、 キリスト教の秘密に迫りに行ってたのは秘密{/face_...
28. ダ・ヴィンチ コード<ネタバレあり>  [ HAPPYMANIA ]   July 04, 2006 03:35
お腹が一杯のまま 今度は映画館へ。平日の夜ともなれば いくら人気話題作と言ってもさすがに空いていたワタクシ原作は未読ですが ある程度は予習してから観に行った方がより楽しめるんではないかと。こないだTVでやってた特番を観たんだが 歴史的背景とかちょぴっと...
29. ダ・ヴィンチ・コード  [ Yuhiの読書日記+α ]   July 17, 2006 00:26
やっとのことで「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました。 原作の方を読んでましたので、内容はあらかじめ知ってました。 それを踏まえての感想ということになります。 かなり長い原作を2〜3時間の映画にしたわけですから、かなり端折ってるなーという感じは否めませんで...
30. (映画&小説)「ダ・ヴィンチ コード」  [ EncycRopIdia ]   December 01, 2006 03:49
 初日に見て来ましたよ!&lt;B&gt;「ダ・ヴィンチ コード」&lt;/B&gt;  原作は、映画を見る2日前に読破。  上巻はだいぶ前に読んだんですが、下巻を貸してくれる人が別の人に貸したまま、放置されてしまって……(苦笑)  共に一日ほどで読み終わりました。  ...
31. 「ダ・ヴィンチ・コード(EXTENDED Ver.)」…ようやく鑑賞  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   January 21, 2007 21:49
来週の「ウルトラマンメビウス」に登場の「ウルトラマン80」が楽しみなピロEKです{/up/} 今朝{/hiyoko_cloud/}は、息子を塾(日曜講習)に送っていって、 で、その後DVD観ました。 本日は、その記事です。 そういえば本日は「仮面ライダーカブト」も最終回なようでしたね...
32. ダ・ヴィンチ「続編」決定  [ ネット丸トク情報 ]   February 01, 2007 10:58
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070201-00000090-sph-ent全世界で5000万部のベストセラーを映像化し、世界的大ヒットになった映画「ダ・ヴィンチ・コード」の“続編”が、来年12月に世界公開されることが決まりました。本当ですか?うれしぃ。ダ・ヴ...
33. ダ・ヴィンチコード 続編決定  [ 独り言日記 ]   February 02, 2007 09:36
ダン・ブラウン著作の大ベストセラーである「ダ・ヴィンチ・コード」がトムハンクス主演、ロン・ハワード監督で公開され、全世界で大ヒットしたのは記憶に新しいですよね。原作で「ダ・ヴィンチ・コード」を読んではまり、「ダ・ヴィンチ・コード」の秘密を解くための解...
34. 祝1000記事&ダ・ビンチ・コード&BLEACH&ホタル  [ 別館ヒガシ日記 ]   August 09, 2007 20:38
祝1000記事はスポーツ瓦版が約2年6ヵ月半で達成した事であり嬉しいし BLEACHはアランカルで内紛あり宝玉を奪い現世で戦闘が開始して ホタルノヒカリは蛍は閉じ込められ遂に告白し部長は離婚を決意した ダビンチ・コードは原作を読んでなくて映画を観終わ...
35. ダ・ヴィンチ・コード  [ シネマ通知表 ]   October 13, 2007 16:43
2006年製作のアメリカ映画。 全米初登場1位、興行成績$217,536,138のメガヒット。 ダン・ブラウンの世界的ベストセラー小説を、トム・ハンクスとオドレイ・トトゥ共演で映画化したサスペンス巨編。ルーヴル美術館長殺害の容疑を掛けられたラングドンは、館長の孫娘・ソフィ...

この記事へのコメント

1. Posted by ミチ   June 03, 2006 00:36
こんばんは♪
TBありがとうございました。
まさに
>こうなのよっ!ああなのよっ!アンタわかった?ついてきてるっ?---てなカンジ
そのとおりでした!
カンヌの不評も不買運動もすべて集客につなげたこの映画は凄い戦略だと思います(汗)
2. Posted by candy-k1   June 03, 2006 23:21
はじめまして。
以前woodさんのところで、お見かけしてから、時々そぉ〜っと覗かせていただいておりました。
今日は、勇気を出して、ご訪問させていただきます。
私もダヴィンチ〜見たのですが、私にとってもこの映画「残らない映画」だったので、うんうん!!そうそう!!と。
そして、詳細にわたっての感想も、「うんうん!そうそう!!」だったので、勝手に共感を覚えてしまいました。

また、映画の感想、楽しみに拝見させてくださいね。






3. Posted by shiro_taka   June 05, 2006 14:16
■ミチさん、いつも丁寧にコメントをしてくださって本当にありがとうございます。
何事においても「戦略」って大切なんですね。
4. Posted by shiro_taka   June 05, 2006 14:21
■candy-k1さん、はじめまして。
度々覗いてくださっていたんですね。ありがとうございます。
話題作の映画評は、期待度が高いだけに、つい辛口になりがちです(苦笑)
ペースは遅いですが、前に観た分も含めて大好きな映画のことは
これからもいろいろ書いていきたいと思っていますので
共感の有無に関わらず、バシバシ?コメントくださいませ。
これからもよろしくお願いします。
5. Posted by namy   June 06, 2006 20:42
「ダ・ヴィンチ・コード」本は読みました。
映画の前売り券はしっかり買いましたが、まだ見てません。
んー、キャストの感想興味深く読ませていただきましたよーー!
賛否両論のようですが、見るのが楽しみです!
6. Posted by shiro_taka   June 07, 2006 01:07
■namyさん、こんばんは。
前売券、持っているのですか?
ということはモナリザの映し出されるサーチライト?みたいなやつも??

ぜひ楽しんできてください♪
感想を拝見できるのを待っています。
7. Posted by 綾   June 07, 2006 11:36
ダヴィンチコードは話題だね。
映画はきっとDVD化されるまで観に行けないかな〜と諦めてます。本も去年友達から借りたけど、最初の10ページぐらいまでしか読んでないうちにお産になり…。

でも、ルーブルに行った時にモナリザ前がすごい混雑していて、必死の思いでどうにか見た思い出がありますよ。
あれは、アメリカのダビンチコードブームだったみたいです。
もう少し、じっくり観たかったな〜。
8. Posted by ゆかりん   June 07, 2006 12:06
こんにちは。
TB&コメントありがとうございます。
早い展開で観客は置いてかれた感じでしたね。だからあまり印象が薄いのかなと思います。
好きな題材ではあったんですけどね。
ジャン・レノのミスキャスト…わかります。
良さが全然出てませんでしたよね!!
中途半端だったし…これが残念です。
9. Posted by shiro_taka   June 07, 2006 12:25
■あ〜や

この映画の評は、話題作だけにかなり厳しくて
原作読んでから観るべし派とか、読まないから純粋に楽しめるのさ派とか
イロイロ言われてるけど
私は今となっては、本を手元に置いておけるなら
DVDを観てから、確認するのもいいのかもなんて気もしてます。

最近ルーブルのモナリザ前は、どえらいことになっちゃっているんだろうか。
でも実はこの映画にはあまり関係ないけど(苦笑)

モナリザはモナリザで“パチもん”とかいろんなエピソードが多いから
別の映画、つくって欲しいな。(有名なのあったっけ?)
10. Posted by shiro_taka   June 07, 2006 12:32
■ゆかりんさん、ようこそ。

ジャン・レノっていい俳優さんだと思いますが
独特の世界があって、個性的なので役は選びますよね〜。
11. Posted by オット   June 07, 2006 19:58
私も本を読みました。
映画もちょっと気になっているのですが、テレビでやるまで待ってもいいかななんて思っています。
トム嫌いだし・・・。

本を読んだ段階では実際のルーブルや寺院を見てみたくなりましたよ。
12. Posted by えい   June 07, 2006 21:11
こんにちは。

ぼくも原作を読んでいる時は
これは最初から映画化を狙っているのかなと、思いました。
でも、その期待に応えきれなかった気も……。
あの時間に収めるには難しい内容でしたね。
13. Posted by 小夏   June 08, 2006 11:21
TBありがとうございました。

原作者のダン・ブラウン氏曰く、「ファーシュのモデルはジャン・レノ!」と明言している割には、かなり存在感薄かったですよね。これは残念でした。
本作においては、主人公陣も影が薄いですし、ここはイアン・マッケランとポール・ベタニーの一本勝ちといったところでしょうか。(^^;
14. Posted by shiro_taka   June 08, 2006 23:52
■オットさん、お久しぶりです!
ご訪問ありがとう♪

トム嫌いですか?よい子なカンジで??
今回の髪型は特に・・・コメントのしようがありませんでした。

我が家では南仏のレンヌ・ル・シャトーとスコットランドのロスリンとかエディンバラに興味津々です。


15. Posted by shiro_taka   June 09, 2006 00:01
■えいさん、ようこそ。

シリーズ化も決まったそうですが、いかがなものか?
無宗教で飽きっぽい日本人的には結構、既にお腹いっぱい状態になっているような気も。
16. Posted by shiro_taka   June 09, 2006 00:05
■小夏さん、こんばんは。

ポール・ベタニー見たさに、今日、ビューティフル・マインドを見返してしました。
いいです。やっぱし!!
17. Posted by 健太郎   June 25, 2006 12:50
4 こんにちは。
話の肝のシオン修道会の事を完全な偽書だと思っているので、話半分以下で観たので然程感銘は受けませんでした。
肝心の謎解きも、ダ・ヴィンチの名画の数々や歴史的建造物もほとんど触るだけで全く核心には触れず消化不良。
ラングルドン@トム・ハンクスが解いた謎と云えば「どうにでも解釈の出来る」アナグラム/並び替えのみ。
正直『ナショナルトレジャー』の方が面白かったかもしれません。
18. Posted by shiro_taka   June 29, 2006 01:58
■健太郎さん、ようこそ。
すっかりお返事が遅くなってしまいました。申し訳ありません。

そうですね。ナショナルトレジャーの方が単純に楽しめた。そういう映画だってわかってたから。

私は詳しいことはよくわかりませんが
ただ思うのは結局のところ、教会だって、著者だって、映画関係者だって、そういう私も
みんなみんな「お金」のために生きてるってことは
否めないということです。
19. Posted by ピロEK   July 08, 2006 01:53
5 おじゃまします。
映画の尺に収めると、どうしてもギュ〜っとなってしまうのか、やはりジェットコースタームービー感は否めませんよね。
それにしても、ポール・ベタニーはどこのレビュー読んでも評判良好ですね。
では、また来ます。
20. Posted by ピロEK   July 08, 2006 21:07
5 おじゃまします。
映画の尺に収めると、どうしてもギュ〜っとなってしまうのか、やはりジェットコースタームービー感は否めませんよね。
それにしても、ポール・ベタニーはどこのレビュー読んでも評判良好ですね。
では、また来ます。
21. Posted by shiro_taka   July 10, 2006 06:53
■ピロEKさん、ようこそ♪

この映画でポールファンになった方、多いでしょうね。
これからも注目し続けたい俳優さんです。



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔