June 22, 2006

映画 オズの魔法使い

oz













NHK−BSにて鑑賞。

オズの魔法使い・・・と聞いていちばん最初に思い出すのは、もちろん「Over the Rainbow」
これまでにどれだけの人たちがこの名曲をカバーしてきたことだろう。
たくさんの「虹の彼方に」を聴いてきたけれど
やっぱりオリジナルには敵わないのかな・・・と映画を観ていて思いました。
ジュディ・ガーランド最高です!

次に思うのは、エメラルドの国に続く黄色いレンガの道。

カナダからワーキングホリデーを使って来日し、そのまま日本人と結婚した友達がいる。
彼女のママは、モントリオールでイベントコーディネーターの仕事をしていた。
私は自分の仕事柄、彼女の手がける「娘の結婚式」というのを、どうしても見たくて
カナダの結婚式にずうずうしくも出席させてもらったことがあって
その時のことを思い出した。

ゴルフクラブハウスで行われたパーティ会場のアプローチが
黄色とこげ茶のバルーンで飾らていた。

ウエディングにしたらめずらしいカラーコーディネイトだなーと思い
(---というか
当時の私のウエディングカラーコーディネートの概念にはない色あわせだったので)
ママに、どうしてこのカラーにしたの?と聞くと
「あの子は子供の頃から、オズの魔法使いが大好きだったのよ」と。
「それに、ちょっと変わり者の女の子だったわ。
それにしても、オズの国みたいと同じくらい遠い日本にお嫁に行っちゃうっていうのには
ちょっとビックリね。でもほんとにあの子らしいわ。
日本の素敵な仲間たちと、元気よく新しい道を歩いていけるようにね・・・
この色にしてみたのよ。気に入ってくれた?」
って。
ママは私に易しい英語でゆっくりと話してくれた。
大切な娘の輝かしい未来を願う、
母の愛情がたっぷりと注ぎ込まれた素敵なコーディネートだったな〜。
すごい!これがプロデュースするってこっちゃ!!って目からウロコだったことを
懐かしく思い出しました。

それからそれから、オズといえば魔力の靴。
願い事が叶うようにって、よく かかと を3回鳴らしたよね。

何年ぶりにこの映画を観たのか忘れてしまったけど、ちっとも色あせない名作です!

西の悪い魔女に仕える猿たちはどうにもこうにもヘンチクリンだったけど
マンチキンたちが色とりどりの衣装で踊っているシーンは
「チャーリーとチョコレート工場」を彷彿とさせるものもあり
何より俳優さんたちがみんな上手で・・・。
いちばん良かったのは「臆病なライオン」かな〜。
でも彼、森末慎二にそっくり!って思ったのは、私だけ??

でもこれが、1930年代の映画なんて信じられない。
今でこそ、特殊メイクやVFXなど当たり前に制作されている映画だけど
ハリウッド黄金期のカラー映画に多用されたというテクニカラーや
まだはしり(だったのかな?)のSFXを駆使して制作されたこの映画。
きっと当時、話題騒然!だったことでしょう。

ドロシーがカンザスに帰る前に北の魔女と交わす会話がこの映画のテーマ。
かかしもブリキのきこりもライオンも
自分に「欠けている」と思っていたものを
大切な仲間たちを助けようと必死になっていたら
いつの間にかちゃんと自分たちの力で手に入れることが出来た。
きっとそれは、自分にちゃんと備わっていて
「信じる心」「相手を思う心」が大切なんだということを教えてくれている。

自分に子供がいたら絶対に観てほしい映画です。

Wizard of Oz
1939年/アメリカ 
<ミュージカル映画>
監督:ヴィクター・フレミング
原作:L・フランク・ボーム
出演:ジュディ・ガーランド(@ドロシー)
フランク・モーガン(@占い師マーヴェル/オズの魔法使い)
レイ・ボルジャー(@ハンク/脳のないカカシ)
バート・ラー(@ジーク/臆病なライオン)
ジャック・ヘイリー(@ヒッコリー/ハートのないブリキのきこり)

takamaien_n at 00:35│Comments(9)TrackBack(9)シネマ茶寮 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. オズの魔法使い  [ 球バカ日誌 ]   June 22, 2006 18:50
こんばんは。こちらからもTB送らせていただきます。
2. オズの魔法使  [ ネタバレ映画館 ]   June 22, 2006 23:49
 オズの魔法使・・・略してオズマ。といっても、アメリカ大リーグから星飛雄馬と対決するためにやってきた選手ではないし、ましてや倒すのが困難なFFの敵キャラでもない。だけど、作られた時代を考えると、日本映画の小津安二郎はやっぱり映画界の魔法使いだという意味も含...
3. 魔法と雨  [ Akira's VOICE ]   June 23, 2006 09:30
「オズの魔法使」 「雨に唄えば」
4. マーガレット ハミルトン  [ みみの部屋 ]   June 23, 2006 19:14
映画『オズの魔法使い』を今見てました。ガルチさん(=西の国の悪い魔女)<マーガレ
5. オズの魔法使(1939)  [ 萌映画 ]   June 25, 2006 00:28
改めてこの映画を見てみようと思ったきっかけは2つある。 ひとつは「スカイキャプテン」。ポリーが科学者から情報をもらうインペリアル・シアターでこのオズが上映されていた。ちょうど、ドロシーがオズの世界に踏み込んだばっかりのシーンだったと思う。 もうひとつはヒュ...
6. アメリカ映画協会、映画音楽NO1「オズの魔法使い」  [ 映画で楽しむ世界史 ]   June 25, 2006 21:54
6月19日、NHK衛星放送でアメリカ映画協会選映画音楽ベスト100を放送した。 そのリストはインターネットで見られるが、ベスト5は .ズの魔法使い(虹の彼方に)、 ▲サブランカ(時の過ぎゆくままに)、 1に唄えば、 ぅ謄ファニーで朝食を(ムーン・リバー)...
7. オズの魔法使  [ CINEMA IN/OUT ]   June 29, 2006 02:09
ヴィクター・フレミング監督作品(1939年・米) 竜巻に巻き込まれてオズの国に迷い込んだドロシー(ジュディ・ガーランド)。脳みその無いカカシ、ハートの無いブリキの木こり、臆病なライオンと一緒にオズの魔法使いに会いに行く。それぞれの願いを聞いてもらうために...
8. 「オズの魔法使」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   December 29, 2008 01:56
今週の平日休み・・・ 実はサンプラザ中野(中野サンプラザ)でボート免許の更新・・・ 永福町の大勝軒でラーメン食って・・・ ららぽーと横浜で「ハッピーフライト」・・・ 蒲田の焼き鳥屋・・・ 横浜スカイスパでニューヨーク(入浴)。 本作はスカイスパの休憩室で...
9. オズの魔法使  [ 映鍵(ei_ken) ]   May 15, 2010 19:23
タイトルだけは超有名な映画ですが、どんなストーリーかというと、知らない人も多いのではないでしょうか。それはともかく、1939年にこんな映画を作ってしまうアメリカが凄いと思いました。

この記事へのコメント

1. Posted by のね   June 22, 2006 11:59
ちらっと見ました。いかんせん見たことがなかったんで、不思議の国のアリスの実写版やとばかりおもてましたわヘ(゚▽゚

ん〜七色のわたあめ?
優しくて柔らかい・・・そんなイメージ。
2. Posted by kossy   June 22, 2006 23:48
TBありがとうございました。
俺はあのライオンはベンガルに似てるんじゃないかと思ったのですが、映画俳優にも似てる人がいたような気がしてなりません・・・ううう。
3. Posted by shiro_taka   June 22, 2006 23:58
■のねさん、こんばんは。

七色のわたあめ・・・Niceな表現!
ひらがなで「わたあめ」って、何だか可愛いね♪
4. Posted by shiro_taka   June 23, 2006 00:01
■kossyさん、いつも早速どうもです。

ベンガルかあ。なるほろ〜。

映画俳優で---誰だろ?う〜気になるうう。
kossyさん、試験に出ますよ。1級です。
5. Posted by みみ   June 23, 2006 19:23
TBありがとうございました。
私TBできるかな。たまにエラーになるので(^^;)
結婚式でのコーディネートのお話、素敵ですね

ライオンが森末、そういえば。私はかかしが1番好きですがライオンが出てきてドロシーに鼻ぶたれたとき「ねえ、ぼく鼻血でてなーい?」と泣きべそかいてるのが可愛いと思いました。エメラルドシティについて綺麗綺麗にしてからは頭にリボンくっつけてますね(^^)

マンチキンはたしかにチャリチョコのウンパルンパに似てる。顔は大人で老けてるんだけど赤ちゃんのような声更にビデオを早送りしたような歌ったり踊ったり。

舞台も見たのですが更に良かったです。また見た〜いです
6. Posted by shiro_taka   June 24, 2006 01:27
■みみさん、いらっさ〜い♪

上手にTBできてますよ

リボンつけて縦ロール(だったかな?)のクリクリパーマ。なかなか可愛い(笑)
かかしさん、実はカッコいいですよね〜。

舞台も楽しそう。
田舎に住んでる私は、舞台はなかなか縁遠くて・・・
7. Posted by ぼたん   July 07, 2006 08:47
5 映画に関連するサイトを旅しています。というサイトを運営しています。訪問した証拠を残すのと
ついでではないですが相互リンクをお願いしてアクセスアップを図ろうというページを作ってがんばっています。
まだHP初心者です。
至らないことだらけではありますが、面白いことができたらと思いがんばっています。
できましたらご返事いただければ幸いです。当方協力は惜しまないつもりでございます。
どうか どうか どうか ご一報を と腰を低くしてみました。
サイト名は「CinemaLife映画サイト2億件のたび」です。urlはhttp://www.geocities.jp/botancat2/です。よろしくお願いします。
8. Posted by shiro_taka   July 09, 2006 23:13
■ぼたんさま、こんばんは。

お返事が遅くなりすみません。そちらにもお邪魔してページの中を拝見しました。
すごい情報満載なサイトですね。参考にさせていただきたいと思います。

そんなにスゴイのに、私のような気まぐれなブログに相互リンクを・・・なんておっしゃってくださって
恐れ入ります。

でも、私のところは映画ブログではないので、何か気がひけるなあ。


9. Posted by ぼたん   July 10, 2006 02:19
ひかないでください。非常にせっぱつまっております。というわけではありませんが、どうかどうかよきお返事を。と腰をさらに低くしてみました。ではではまた来ます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔