September 08, 2006

信州こだわりバター

協同乳業の松本工場でつくっている、この「信州こだわりバター」

バター1バター2










美味しいんです、コレ。色が白くて、コクがあって、でも品もあって・・・。
パッケージもなかなかいいと思うのですが。

昔ながらのチャーン法という製法で手作りしているバター。
チャーンというのは攪拌器のことらしく、
手間隙かけて、繰り返し回転させて、生乳が分離して出来たクリームの脂肪球どうしがぶつかりあって
やがてバターになるのだそうです。
一般的なバターの15〜20倍くらいの時間がかかるみたい。

美味しいワケがわかりました。
量産できないからでしょうか・・・近所では、全く見つかりません。
松本市内のスーパーとかでは売っているのでしょうか?

ネットで調べても全く出てきません。昨今、そんな商品の方が珍しいですよね。
そういう意味でもスゴイ。

takamaien_n at 23:57│Comments(4)TrackBack(0) 美味しいモノ噺 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひまわり   September 09, 2006 21:10
5 え〜松本に住んでるけど見たことないかも・・・
っていうかちゃんと見てないせいかな〜
今度探してみます!
2. Posted by shiro_taka   September 09, 2006 23:30
■ひまわりさん、こんばんは。

是非、バターレポートよろしくね♪
松本の美味しいものもいろいろ教えてくださいな。
3. Posted by mikka   September 13, 2006 17:39
オヒサシブリです。
実はこのバター、家に3個あります。父親の知り合いからもらったのですが、中信方面のスーパーでは見たことないような。。。もらうまでこのバターの存在は全く知りませんでした。
すごい貴重なバターなのですねー。ちゃんとしっかり味わってたべようと思います。
4. Posted by shiro_taka   September 14, 2006 04:29
■mikkaさん、ごぶさたです。

3個ぉぉ。いいな、いいな。我が家のは、もうすぐ消費完了です。

でも、見つけたら絶対リピートするつもりです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔