October 05, 2006

無彩庵

無彩庵1





















通勤や移動で、数日に1回くらいのペースでこのお店の前を通る。
朝早くから(と言っても、私が出勤する時間だから、ちっとも早くないか・・・)
お店のスタッフが一生懸命、道路の掃除をしているのをよく見かけます。

軽井沢の「エルミタージュ・ドゥ・タムラ」・・・と言ったら、ちょっと有名なお店。
夏から秋の週末は、なかなか予約が取りづらい
軽井沢特集の組まれる雑誌には、必ずと言っていいほど顔を出すフランス料理の名店。
今日はその姉妹店のことを紹介します。

「無彩庵(むさいあん)」は「・・・タムラ」をカジュアルダウンしたお店で
ランチのコースだったら¥3,000で食べられる。

無彩庵2




























ここがエントランス。植栽には、かなりお金をかけて整備されているみたいで
様々な種類の木々の足元には杉苔が敷き詰められています。
木も年々大きくなってきているので、通りからはガラス張りの店内の様子を
伺い知ることはできないんだけど・・・。
お店の名前のとおり、モノトーンでまとめられた店内で
軽井沢の季節を間近に感じて食事ができる。

無彩庵3






















今回、私はカウンターで、キャビネットを兼ねている大きな鏡に映る
まだ色づき始めていないモミジを眺めながらランチ。

無彩庵4























このオードブルが最高でした。名前は忘れちゃったんだけど
バルサミコ酢とオリーブオイルで和えたライス(何か南国系のフルールの香りもしました)の上に
穴子の白焼きがのった一皿。
是非、お家で試してみたい“初めての味”でした。
そっか、バルサミコだってお酢だもんね。“洋風すしメシ”か。

でも、メインのお料理はちょっと選択を間違えたかな。
好みと合わなかったのか何だかわからないけど、あまり楽しめなかった。
お酒飲まなかったからかも・・・。

無彩庵5























それよりも私が嬉しかったのは『大吟醸のトマトジュース』
熟して形は悪いけど、採りそびれた畑のトマトを搾ったらきっとこんな味なんだろうな
・・・というコクも甘みもたっぷりのまるでフルーツジュースのような味わい。

それから、もうひとつ。デザートの『りんごのパリ・ソワール』最高でしたっ!

無彩庵6




























この蓋をあけると、そこには・・・
フランス料理では有名な「パリ・ソワール」=ヴィシソワーズとコンソメの
2層の冷製スープに見立てたりんごのスープが。
ゴールデンカラーのりんごのジュレとクリーミーなりんごのスープの2つの味が楽しめるの。

混濁している果汁と透明な果汁と2種類の品種のりんごを使っているってこと?
それとも、時間をかけて分離させているとか?!
詳しい製法や品種はよくわからないんだけど
とにかく、季節感ムンムンのりんごのスペシャルデザートです♪
んでね、嬉しかったのが
りんごの種に見立てた小さなチョコレートが一粒だけ入っていたこと。
その控えめな甘さと遊び心がとっても楽しくて、
その日のいちばんお気に入りの一皿になりました。


だけど、スタッフの対応は、かなりドライ。というかコワイ(苦笑)

でもでも、食事の最後の頃、ランチだったのに
マダムが本店『・・・タムラ』の方から、来てくださって
(それはもちろん私たちのためではなく、その後にご予約されていた常連さんらしき
別荘客のお相手のためですが)
カウンター越しに、素敵な笑顔でさらっとプロフェッショナルな会話をしてくださったので
とても気分がよくなりました。さすが、マダム!!
勉強になります。

無彩庵  むさいあん 
軽井沢町長倉1891-50
TEL:0267-44-3930 
9:00〜14:00/17:00〜21:00 月・火休み 

takamaien_n at 01:16│Comments(0)TrackBack(0) おすすめショップ・スポット情報 | 軽井沢のあれこれ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔