December 18, 2006

踊り出しそう?!

classic meets cuba











しばらく東京に行っていたKUROがお土産に買ってきてくれたCD
「Classic Meets Cuba」
タイトルのとおり
クラシックあがりのクラッツ・ブラザーズっていうドイツ出身トリオと
キューバのパーカショニストが、ハバナで出会って生まれたコラボCDらしい。

私はCDを買うのはもっぱらアマゾン派だけどKURO派はあまり性にあわないらしく
レコード屋さん(・・・っていわないのか)に行くのがすごく好きで
いつもかなりの時間を消費し、J−POP以外のフロアはほとんど行ったりきたりして
(ワールドとクラシックのフロアが異様に長い?!)じっくり選ぶ。

さて、このCD。彼曰く「仕事でも使えるかも・・・と思って」とのこと。感謝です。
確かに、キューバンアレンジの音楽がパーティ前にかかって
ピンチョスのオードブルと美味しいウェルカムドリンクがサーブされるパーティ・・・
とか、いいわw なんか大人なカンジ。
そういうパーティに私も招かれたい。
ホテルのBarとかで、かかっていそうなCDとでもいうのかしら。

収録曲はベートーベンが中心で
モーツァルト、バッハ、ハイドン、ショパン、シューベルト、ブラームスなどの
有名な作曲家の曲ばかり。
それもテレビ番組やCMや映画などでもよく耳にしているものがほとんど。
お上品なクラシックにキューバの情熱を注ぎこんだオモシロイCDです。

曲のタイトルも面白い。
1曲目は『Mambozart』これは、モーツァルトの交響曲第40番のアレンジ
2曲目はブラームスのハンガリー舞曲集第5番が『CubanDance』など。

---ですが、思ったより優等生なニオイのするCDでした。
プレイヤーたちが、まだ若いからでしょうか?
テクニックは申し分ない感じだし、コードも面白いし、選曲もいい。
でも、なんか軽い?青い?!(生意気なことを言って恐縮なんですが)
モンティの「チャルダーシュ」とか聴くと
ああ、やっぱりロビー・ラカトシュ(前の記事)は偉大なのですね
・・・と思わずにはいられませんでした。

だからじっくり聴き込みたいCDというよりはKUROのいうように
“BGM”として最適なCDなのかと。仕事に使わせていただきますっ。

それにしても コンガ の音色っていいですね!!

Classic Meets Cuba
(amazon) 試聴もできるよ♪

takamaien_n at 11:44│Comments(4)TrackBack(0) 音楽のチカラ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なお   December 21, 2006 08:02
おはようございます!
遊びに来ました。

素敵なブログですね。
ファンになりました。

画像を見てるだけでもキレイで楽しい。

少し前の記事に載ってるおそばもすごくおいしそう!(学生時代蕎麦屋で3年間バイトしてました…)

ノロウィルスが治ったばっかりなのに
お腹空いてきました!!
2. Posted by mahalo   December 21, 2006 19:21
はじめまして・・・
善福寺日記にお越し頂きまして、ありがとう御座いました。
shiro_takaさんは、軽井沢でブライダルのお仕事をされているのですね。
Classic Meets Cuba、ほんとにゴキゲンなクラシックです。
よろず茶屋・・・色々な話題と綺麗なお写真の素敵なブログですね。
また、こちらからも寄らせて頂きます。
どうぞ、よろしくお願い致します。。。
3. Posted by shiro_taka   December 21, 2006 23:32
■なおさん、ようこそ♪
嬉しいコメントをありがとうございます!

そういえば、蕎麦王国・信州のブログにしては、蕎麦ネタは少ないかもしれないなぁ。美味しいお蕎麦屋さんの紹介ももっと出来るといいのですが、なんせ管理人が気まぐれなもので、興味があっちこっちと移るもので・・・。

こんなんでも良かったら、これからもよろしくおつきあい下さいませ、ね☆
4. Posted by shiro_taka   December 21, 2006 23:47
■mahaloさん、ようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。
焦点の定まらないブログですが、それが私らしくていいかな・・・なんて自分を慰めながら書いております。
善福寺日記さん、も美しい写真と美しい話題がたくさんありそうなので
またじっくりとお邪魔させてくださいませ。
こちらこそ、よろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔