January 28, 2007

大河ドラマ『風林火山』その4

勘助5

第4回 :「 復讐の鬼 」

市川亀治郎さんの声はとてもよく通る。トーンも高いし。
やっぱり発声方法が違うのね。どこか上の方から声が降りてくるような・・・そんな感じ。

今日、やっと勘助と晴信は出会いました。
母から
「光を放つ者は、影を負う者が側にいてこそ安堵して輝ける」と聞かされていた晴信。
思わず「見〜つけた!」と叫びたい気分だったでしょうか。

板垣信方に、「殿!お戯れが過ぎまするぞ」と諌められていたけれど
晴信は自分と同じ匂いを感じる勘助との初対面を心から楽しんでいたようだった。
晴信の人格の高さを思わせる一幕だった。
たった二言か三言で
晴信は百姓だった河原村伝兵衛(伝助)と葛笠太吉(太吉)の心を掴んでしまった。

勘助こそ「このわしをたばかりおって!」・・・と、刀をブンブン振り回していたけれど
自分の心根を見透かされた悔しさと、いったいどんなお人なのだ?という好奇心が
思わず彼に刀を抜かせたのでしょう。
晴信にぐわしっと心を鷲づかみにされ、琴線をブルブルとかき鳴らさて
「な、な、なんなんだっ?!」って、ちょっとビビッた?

晴信が信虎からの不遇を受けていることを知る由もない勘助は
大した苦労も知らない若殿が、何を生意気なというかっ!この青二才めがっ!!
・・・と思っているんだろうが
ところがどっこい 晴信さまは、そういう“人の痛み”のわかる器の大きさを
生まれながらに、そして、数々の失意の中で培ってきたお人なのだよ、勘助くんっ。
というところですかねぇ。

「失望の中にこそ誠の大望は生ず」
そうして人は大きくなるのですね・・・晴信さま。

大河ドラマ『風林火山』公式サイト

takamaien_n at 23:58│Comments(10)TrackBack(13) 歴史トークをしようじゃないか 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大河ドラマ「風林火山」#4  [ ミチの雑記帳 ]   January 29, 2007 00:05
「復讐の鬼」 ミツ、逃げてェェェ! 矢よ外れろーー!の願いも虚しくミツは惨殺されてしまいました。フガフガ信虎ったら摩利支天に当てちゃうなんて、すごい腕前じゃないの。せっかく九死に一生を得たミツなのに、その後が酷いことになったんですね・・・{/hiyoko_thunder/...
2. 風林火山〜第4話・ミツの死と仕官!  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   January 29, 2007 00:50
風林火山ですが、やはりミツは武田信虎に殺されてしまいます。出演者の名前が出るところで、ちょうどミツの貫地谷しほりの所で花が池に落ちるわけです。ミツは、山本勘助(内野聖陽)と最後の言葉も交わすことなく遺体での再会となってしまうのですが、もっと酷い話もあるわ...
3. 風林火山 復讐の鬼・・でもなかったような?  [ ※悠然と,冷静に,熱く生きる 2 ]   January 29, 2007 01:05
ん?? もっと勘助暴れる!・・のかと思ったけど・・・
4. 風林火山 復讐の鬼  [ ねぇ、しょーP、こっち向いて♪ ]   January 29, 2007 06:32
風林火山 復讐の鬼 …光を放つ者は影を負う者が傍にいてこそ安堵して輝けるというもの…。 ミツが武田信虎に殺されてしまいました。 勘助「戦を待つのじゃ。武田の内情を探り、戦を待つのじゃ。戦になれば敵に寝返ろうとも陣中をかく乱する事もできる。戦は謀じゃ。武田...
5. 風林火山4勘助武田のスパイになる  [ ぱるぷんて海の家 ]   January 29, 2007 10:38
おおっと、始まっていきなり狂気信虎の矢がミツを襲う!! 矢が刺さる? ヤーねぇ って、 先ほどの番組笑点で林家木久蔵師匠がおっしゃってたのを思い出したり・・・。 などとアホなこと云ってるばやいではないのです。矢は摩利支天像に当たり大事はなかったが、そ....
6. 「風林火山」第4回 「復讐の鬼」  [ つれづれ さくら日和 ]   January 29, 2007 14:36
光を放つ者は、影を追うものが傍にいてこそ、安堵して輝けるというもの。 今の信虎にはそれがいない・・・。 んなこと言われても、酷いものは酷い!! ミツの死で、泣いた泣いた話でした。{/face_naki/} きっと誰もがミツは信虎に射抜かれて亡くなった、と思っていましたよ...
7. 風林火山04「復讐の鬼」  [ はざまの欠片 ]   January 29, 2007 20:04
農民の立場って…弱いものですね。ミツの墓の前で「何も出来ねぇ」って涙する平蔵にうるうるきてしまいました。しかもちょっと勘助と友情芽生えてるし(泣)。ミツやんの恨みを抱いたまま、平蔵はいずこへ? 復讐の機会をうかがうべく武田家に仕える勘助。晴信と運命の初対....
8. 大河ドラマ 風林火山 第4話「復讐の鬼」  [ オタク戦隊3バるカん ]   January 29, 2007 20:39
「戦とは、謀じゃ。ワシは必ず、信虎を討ち死にさせる!」 やっと見つけた、守るべきもの… それはあまりにも儚く、呆気なく無くなった… 仇は遥か遠く、とても及ばない相手… だからこそ、静かに、何もなかったかのように暮らす他ない… そんな選択を選べな...
9. 風林火山の旗の下その3  [ Mazim@Online ]   January 29, 2007 22:15
 先週の予告からやっぱりな展開ですが、ミツが殺されてしまいましたね。  信虎の撃った矢は摩利支天の首飾りに当たってそれ危うく助かったのに、妊娠中なのを見咎めてわざわざ斬り殺すという残虐さ。アンタラーメンマンですか。暴君ぶりもここに極まれりです。仲代さんの...
10. 『風林火山』 第4回 「復讐の鬼」  [ なんでもreview ]   January 29, 2007 23:11
風雲急を告げる!
11. ★風林火山4・・若造がああぁぁ!!  [ ・*:・ふわゆら生活・:*・ ]   February 03, 2007 21:51
   まりしてんのおかげで助かっていたミツの命。。おっさんはどうして奪ってしまったの。。。いまいちどんな状況だったのか?よく解りませんでした。知りたくなんかないけど。。板垣に思わず切りかかっていく勘助そうよね!!それでこそ!!だわでも、とっても勝てる相...
12. 好調「風林火山」を支える市川亀治郎「こってりした演技」  [ 芸能ニュース速報! ]   February 26, 2007 04:48
NHK大河「風林火山」はスタートから7回目を数え、ずっと好調を維持している。18日も21.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率を記録した。
13. 大河ドラマ 風林火山  [ 大河ドラマ 風林火山 ]   April 05, 2007 08:47
『風林火山』(ふうりんかざん)は、2007年から放送のNHK大河ドラマです。第46作。原作井上靖。脚本大森寿美男。主人公の山本勘助は内野聖陽。ここでは風林火山の情報について紹介します。風林火山のあらすじ・ネタバレ・最終回予告・最終回・予告・結末・視聴率・再放送・感...

この記事へのコメント

1. Posted by ミチ   January 29, 2007 00:07
こんばんは♪
そうなんです、勘助は晴信の事を普通の若様って思っているけれど、晴信はちゃんと「失望」も知っている人物なんですよね。
初対面はとても見応えがありました。
>晴信にぐわしっと心を鷲づかみにされ、琴線をブルブルとかき鳴らさて
絶対にそうだと思います!(笑)
2. Posted by shiro_taka   January 29, 2007 00:34
■ミチさん、TB&コメントありがとうございます。
そうですね。見応えありましたよねー。期待度もすごく高まっていたので、今回はこの場面に釘付けでした!

3. Posted by おりょう   January 29, 2007 01:02
こんばんは
>ぐわしっと心を鷲づかみにされ  たんでしょうか?(汗) 私は 単純に見たまんまの感想を書いてしまいました。

早く二人で信虎を追い出して、スカッとさせて欲しいですね。 
記事中にshiro_takaさんのお名前 勝手に使わせていただいてしまいました。もし不都合ありましたらお知らせ下さい。訂正させていただきます。

来週も楽しみですね。 
4. Posted by ショウ   January 29, 2007 01:26
こちらでは信虎けっこう言われてますねwww
まぁそういうものかな。

次回義元出てきますね〜。
名門の若かりしころもおもしろいですな。
足利、吉川、今川〜あぁ源氏だ!源氏祭りだww
すいません。

たしかに期待というか、これから見れるときは見たいドラマですね。僕は何本見れるか・・忘れっぽいのでww
5. Posted by shiro_taka   January 29, 2007 01:58
■おりょうさん、そちらの記事中でご紹介くださってありがとうございます。
ちっとも不都合はありません。
でも、ビックリしましたよね。もしかしてとは思ったのですが・・・。
それから
>ぐわしっと心を鷲づかみにされ 
---は、私の「晴信と勘助の主従愛」に対する、夢と希望的観測も多分に含まれておりまする、よ。
6. Posted by shiro_taka   January 29, 2007 02:02
■ショウさん、今日は観れたのですね。

>こちらでは信虎けっこう言われてますねwww
ええ。浅はかな知識でいいたい放題でございます。

---という訳なので、師匠は毎回は観れなくても
たまに覗いて史実と違いすぎるんじゃっ!とか
こういう解釈もあるよ・・・とかご教授くださいまし。

7. Posted by さくらこ   January 29, 2007 14:41
初めまして。
拙いレビューですが、私も書いております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

母の「光と影」の話で、晴信が今現在勘助にそういうものを感じたかどうかはよく分かりませんでしたが、青二才!と言いながら、勘助が晴信に一目置いた、と言うのは、確かにそうなんでしょうね〜。
読みが浅くて、恥ずかしいです。

それから、↓の方の信玄餅!
私も頂きもので食べた事があります〜。
黄な粉どっさりですよね。
8. Posted by あむろ   January 29, 2007 22:50
こんばんはー♪
お、遅くなってしまいました(汗

亀治郎さんの声、明るい声ですよね。
スカッと抜ける青空のような…。
やっぱり舞台の、それも歌舞伎界の方々は発声が全然違いますねぇ。
もちろん、内野さんも舞台の俳優さんでもいらっしゃるわけですから、ステキなお声でいらっしゃるんですが…。

板垣のサニー千葉との対照が面白いですw

勘助が晴信に心酔して心を開くのはいつになるのかな?
9. Posted by shiro_taka   January 29, 2007 23:54
■さくらこさん、いらっしゃいませ♪

勘助と晴信、お互いに同じ“にほい”を感じてじゃないかなーと思います。
きっとふたりは引き合うものを持っている・・・と。

さくらこさんのレビューとっても丁寧ですね!!すごい。これからもどうぞよろしく。


10. Posted by shiro_taka   January 30, 2007 00:01
■あむろさん、こんばんは。

私、恥ずかしながら内野さんのことは、ほとんど存じ上げませんでした。あのどーんとした立ち姿も、声も、顔の筋肉の柔らかさも、やっぱり舞台仕込みなんですね〜。

今年1年すっごく楽しみです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔