January 30, 2007

映画 どろろ

どろろ

公開初日、レイトショーにて。

手塚治虫先生は好きだ。原作の「どろろ」も読んだ。でも初日に観に行くほどのファンではない。
KUROがどうしても「どろろ」がいいと駄々をこねるからしょーがなく・・・
あ゛〜、やっぱりDVDで十分だったよ〜。
だから「幸せのちから」にしようっていったのにぃ(苦笑)

実写版は無理と言われていた手塚ワールドを
現代のVFX技術がついに「どろろ」映画化をもたらした!ってことで
ここのところのプロモーション合戦はすごかったよねー。さすが電通。
この映画で、何にいちばんお金がかかってるって-----宣伝なんじゃ?!
ええ---誘惑されてみましたよ、我が家も。思惑どおりに。

<怪奇時代劇ファンタジー>なんていう日本か中国でしかつくれないような
ジャンルだっていうのは面白いところだし、VFXはまあがんばったと思う。
柴崎コウもすっごくいい演技だったと思うし、
ブッキーもワイヤーアクションがんばりましたね♪可愛いし好きだよ!と思う。
(妻夫木くんの横顔アップ。キリリ!のシーンがやたらとあったね。ファンサービス?!)

まず、中井貴一が醍醐景光というキャスティングが好きになれず
(線が細すぎるというか綺麗すぎるというか)地獄堂での一幕の“凄み”のなさに
オープニングから興ざめてしまった。
最期の魔物にとり憑かれるシーンはとっても良かったんだけどね。

ニュージーランドロケでしたっけ?スケール感はあるのかもしれないけど
「ラストサムライ」的な違和感を感じ得ず。
時代設定は原作では室町時代だったと思うけど、映画ではいつなんだろう?
ワイヤーアクションが結構あるから近未来的でもある。
醍醐のお城は、煙がモクモクと出て「ハウル------」みたいだし(驚)
それに多国籍、いや無国籍。

途中、琵琶法師の情けなさと俗っぽさが目に付きすぎたのと
シーン展開のテンポが悪くて、中途半端な“間”があったのと
無理やりな音楽が、すごくチープに感じてしまった。
(私にとって、音楽は映画の中でかなりのウェイトを占めているらしい)

映画館の中は、20代前半のカップル(彼女が妻夫木くんのファン?)なんかと
手塚ファン系の男組?などでかなりうるさかったことも
私のテンションを下げてしまったのかもしれない。
私といえば、劇場内が少しシラけ始めたのを感じるほど、映画に集中できず
ため息をつきつつ「でもこれからもしかしたら面白くなるかもしれないじゃん?!」
---と、自分に言い聞かせて、負けが確定してしまった試合のスポーツ観戦のごとく
がんばれがんばれ!心で唱えながらと観ていました。
久しぶりにエンドロールが始まったら、退出してしまった映画だったなー。
何か可哀想な気分になってしまって、いたたまれないような気持ちで。

さすが原田芳雄さんと原田美枝子さんはキャリアを感じ、素敵でしたが
妖怪ファンには消化不良だと思うし
まあ、これはアイドル好きの方が観に行く<アクション娯楽映画>なんじゃないか?
と思いました。
でも選択をしたのは私だ。私が悪い。TBSは悪くない。

でも、「どろろ」は「ブラックジャック」に繋がるんだね。
“百鬼丸”は“ピノコ”のプロトタイプだったんだね。
やばいっ。「ブラックジャック」読みたくなってきちゃったぞ。

◇あらすじ◇
武士の醍醐景光が天下が取りたい一心で
その代償にこれから生まれ来る自分の子の48箇所を魔神にくれてやると約束をする。
やがて、その生まれたての、身体の48箇所がない異形の赤ちゃんは川に流されてしまう。
ヒルコのように・・・。
川下で医者に拾われたその赤ちゃんは
百鬼丸と名乗り、自分の身体の48パーツを取り戻す旅に出て、
途中で、天下のこそ泥の、どろろに出会う。
魔者を倒すごとに、奪われた48箇所の身体のパーツがすごい痛みを伴って
1つずつ復活していく。

映画どろろ公式サイト
☆ただしアクセスするのは、通信回線の早い人だけにした方が無難かも
2007年/日本
TBS
監督:塩田 明彦
プロデューサー:平野 隆
主演:
妻夫木 聡  @百鬼丸
柴崎 コウ  @どろろ
中井 貴一  @醍醐景光
原田 美枝子 @百合
原田 芳雄  @寿海
土屋アンナ  @鯖目の奥方

takamaien_n at 18:14│Comments(14)TrackBack(33)シネマ茶寮 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. どろろ  [ Akira's VOICE ]   January 30, 2007 18:19
自分探しは永遠に終わらない!
2. どろろ  [ ネタバレ映画館 ]   January 30, 2007 18:21
ほげほげたらたらほげたらぽん!
3. 映画「どろろ」  [ ミチの雑記帳 ]   January 30, 2007 22:08
映画館にて「どろろ」 昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の作品を実写映像化。体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すためにコソ泥“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。 戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を得る...
4. 映画 「どろろ」 を見ました  [ THE有頂天ブログ ]   January 31, 2007 00:31
1月27日より公開されている映画「どろろ」を見てきました。 ■「どろろ」パンフレット (600円) ■DVD:どろろ (出演 妻夫木聡、柴咲コウ) ■DVD:どろろ Complete BOX 映像化不可能といわれた手塚治虫の漫画を実写映像化した作品。 妻夫木聡&柴咲コウとい...
5. 『どろろ』  [ 唐揚げ大好き! ]   January 31, 2007 07:18
  『どろろ』   父の野望のために体を奪われし者――。時の権力に両親を奪われし者――。 失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め。   昔漫画を読んだこともあり、アニメも微かに記憶あり(再放送だと思うけど・・・)、でももう忘れてるけどね・・・。
6. どろろ  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   January 31, 2007 13:15
公開:2007/01/27(01/27鑑賞)PG-12監督:塩田明彦アクション監督:チン・シウトン出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、中井貴一醍醐の動く城?・・・なんか動きそうだ。あの城の中にはしゃべる炎の魔物とかいそう。でも耐震構造にチェックが....
7. 「どろろ」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   January 31, 2007 16:43
映画「どろろ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、原田美枝子、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、他 *監督:塩田明彦 *原作:手塚治虫 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログから....
8. どろろどろろー  [ ネヤガワ・デイドリーム ]   February 01, 2007 20:31
いつの間にか2月じゃないかー1日なので映画の日だ。1000円。 大日のマイカルへ行ってきた。何気にオープンしてから初めてだった。チャリンコで30分もかからない。安かったので靴を買った。映画館はガラガラだった。大阪とか心斎橋とかと違って、この手のシネコンはあ...
9. 【2007-13】どろろ  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   February 02, 2007 20:31
3 ある戦乱の世─ 魔物に奪われし体の四十八箇所を取り戻す旅をする者がいた そして、その左腕に仕込まれた刀を盗もうと旅を追うもの 運命をぶった斬れ 二人でひとつ 物語が、動き出す。
10. どろろ (2007)  [ シネマテーク ]   February 02, 2007 21:45
【コメント】★★★☆☆☆☆☆☆☆ ヒドイ映画を見た。脚本×、カメラワーク×、俳...
11. 「どろろ」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   February 02, 2007 23:36
本日 2月2日は「夫婦(ふうふ)の日」だそうで。しかし 今日から主人は上海です・・てことで またのびのび 「どろろ」観てきました!どろろ公式サイトあらすじ:武士の醍醐景光が 天下取りの代償として自分の子を48体の魔神に差し出す。赤ん坊は体の48箇所を欠損し...
12. 「どろろ」:天王洲橋バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   February 03, 2007 20:07
{/kaeru_en4/}こんなところに、テレビ東京のスタジオがあるとは思わなかったな。 {/hiyo_en2/}テレビ東京っていえば、「どろろ」をつくったテレビ局よね。 {/kaeru_en4/}それは、東京放送、6チャンネル。テレビ東京は12チャンネル。 {/hiyo_en2/}うーん、地方出身者にはよ...
13. ★「どろろ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   February 04, 2007 03:26
今週は、「幸せのちから」と「どろろ」どっちにしようかなぁ・・と迷ったっ。 「幸せ〜」はオスカー候補だし・・・ 「どろろ」はTBSでバンバン宣伝してるし・・・。 結局、上映開始が10分早い「どろろ」に決定。
14. 「どろろ」長尺も満腹感ナシ、でもダメダメ映画じゃない  [ soramove ]   February 04, 2007 09:58
「どろろ」★★★ 妻夫木聡、柴咲コウ主演 塩田明彦監督 見終えて素直に面白かった。 CGで動く魔物たちの完全作り物感や、、 主人公の背負った苦難な感じが あまりにサラリとしている部分など 気にはなったが、 一番心配していた、 安っぽさはあまり感じ...
15. どろろ(映画館)  [ ひるめし。 ]   February 04, 2007 14:29
運命を超える旅へ。
16. 「どろろ」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   February 04, 2007 17:34
映画の日に頑張って色々見たオマケで、ポイントが貯まって只券をゲットしたので見てき
17. 映画「どろろ」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   February 04, 2007 23:33
2007年8本目の劇場鑑賞です。「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」の塩田明彦監督作品。手塚治虫の同名漫画を映画化した冒険活劇大作。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す百鬼丸とそんな百鬼丸をつけ回す盗人・どろろが繰り広げる旅の行方を壮大なス...
18. 「どろろ」  [ ば○こう○ちの納得いかないコーナー ]   February 05, 2007 03:39
タイガースの新外国人選手ライアン・ボーグルソン投手の記事が載っていた。何でも投球の度に「ガウウッ!」、「グハッ!」、「ゲハッ!」等と雄叫びを上げるという、松岡修造ばりにウザイ・・・では無く、熱い男の様だ。外見はイケメンなれど、本人曰く「気持ちを入れて普段...
19. どろろ 07025  [ 猫姫じゃ ]   February 07, 2007 02:12
どろろ 2007年   塩田明彦 監督  手塚治虫 原作妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 中村嘉葎雄 原田芳雄 土屋アンナ 原田美枝子 瑛太 この監督、「ギプス」と「黄泉がえり」を見ているわね。 原作ファンではありません。でも、どちらが「どろろ」か、もう片方....
20. どろろ(1月27日公開)  [ オレメデア ]   February 07, 2007 13:47
手塚治虫原作の「どろろ」が,ついにスクリーンに登場した 日本の,そして世界の漫画・アニメの歴史を作った人の作品というだけあって,ストーリーの斬新さはなかなか. でも,原作が「戦国時代」なのに対して,この映画では舞台が「神話的な世界」になっていて,それが原作と少し...
21. 「どろろ」  [ Tokyo Sea Side ]   February 07, 2007 23:13
もともと興味も観る気もなかったのですが、何となく足が向いたので観に行きました。…しかし、やはり直感は大事ですね。私はこの映画、ダメでした。 原作は読んだコトないので、そのギャップがどうこうというのはありませんでしたが、そもそもどろろに好感が持てません。そ...
22. どろろ 観た!!  [ せるふぉん☆こだわりの日記 ]   February 08, 2007 21:20
ワーナーのレディースデイで映画を見てきました。 公開直後から評判がイマイチな感
23. 映画「どろろ」本編ダイジェスト  [ ツマブキ聡 ]   February 10, 2007 02:27
ツマブキ聡&柴咲コウの話題映画【どろろ】・「どろろ」本編ダイジェスト どろろは時代劇で妖怪物、というかなり特殊なジャンルとして発表され、アニメ化に伴う掲載誌の変更、ヒーローキャラである百鬼丸をうたったタイトル変更、なによりも全身に欠損を持つ超能力者と盗賊の...
24. どろろ  [ ケントのたそがれ劇場 ]   February 12, 2007 21:12
★★★  なぜ今『どろろ』なんだろう。手塚治虫の原作といえ、もう40年前の少年マンガである。一体誰が観るのだろうか。そう考えながらも、結局何んとなく気になって観てしまった。 ロケ地は、あのロード・オブ・ザ・リングでお馴染みのニュージーランド。出演者の衣装や
25. 映画どろろ観たよ  [ ぱるぷんて海の家 ]   February 17, 2007 22:20
4 「どろろ」観てしまいました。 3週連続1位と言うのも誇張じゃない、確かに満席に近い状態です。 漫画の実写版なので若年層が多いのかと思っていたが、中高年やどろろには興味なさそうなお婆さんグループなどもいて人気の層の広さを思わせます。 確かに手塚治虫の原作な...
26. どろろ  [ いろいろと ]   February 18, 2007 13:59
手塚治虫の怪奇漫画の実写映画化である  出演 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太
27. 『どろろ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   February 22, 2007 12:44
失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め   ■監督 塩田明彦■原作 手塚治虫 ■キャスト 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、原田芳雄、中村嘉葎雄、原田美枝子、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、劇団ひとり □オフィシャルサイト  『どろろ』  戦乱の世で...
28. どろろ <ネタバレあり>  [ HAPPYMANIA ]   March 08, 2007 02:37
「PG−12」だけあって いきなり首チョンパで血まみれ〜〜子供が怖がる様な場面多々有り。が、とっても手塚ちっくな話で面白かった一緒に観に行った旦那は 妻夫木君がこんなにカッコいいヤツとは知らなんだと、えらく褒めていた。 「どろろ」 ってタイトルやけど妻...
29. ツマブキ 聡 柴咲 コウ 熱愛の真相  [ 情報ジャーナル ]   March 08, 2007 18:56
ツマブキ 聡について1997年に300万人が応募した「スタアオーディション」でグランプリを獲得。 1998年にドラマ『すばらしい日々』でデビューし、2000年に出演した『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)でブレーク、2001年には『ウォーターボーイズ』(東宝)で映画初主...
30. どろろ  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   March 20, 2007 20:57
  いま世界の才能が、 あの隠された傑作を 蘇らせる。         評価:★9点(満点10点) 2007年 138min 監督:塩田明彦    「どろろ」公式サイト 出演:妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 瑛太 杉本哲太....
31. ringtone  [ ringtone ]   April 02, 2007 14:24
????????????????
32. テレビ映画:どろろ  [ よしなしごと ]   April 19, 2009 00:22
 映画館で観ようか観まいか迷っているうちに終わってしまった作品が、もうだいぶ前ですがテレビでやっていたのでそれを観ました。そう、「映像不可能」と言われていた手塚治虫原作のどろろです。
33. どろろ  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   September 13, 2009 21:21
物語が、動き出す。

この記事へのコメント

1. Posted by kossy   January 30, 2007 18:26
時代劇アクション・ファンタジーといえば「チャイニーズ・ゴーストストーリー」が思い出されますが、全体的にはそんな感じだったかなぁ。
日本の怪談もののような雰囲気も欲しかったです。
2. Posted by shiro_taka   January 30, 2007 18:31
■kossyさん、早速のTB&コメントありがとうございました。
日本の妖怪物のおどろおどろしさ・・・着ぐるみではね〜なかなか表現できなさそうですよね(苦笑)
3. Posted by 岬ファン   January 30, 2007 19:41
5 「taka」さんの分析ってすごい。

「どろろ」は昔、漫画で読んでました。
でもストーリーはほとんど覚えていません。
とても懐かしい感じがして、映画も見ようと
思っていたけど、そんなにあわてなくても
いいかな? って思えてきました。

もう少し、世間の評価を聞いてからにします。

また、他の映画も見たら教えて下さい。
4. Posted by ミチ   January 30, 2007 22:09
こんばんは♪
そうだ、「どろろ」は「ブラックジャック」に繋がっていくのね〜。
私も急に「ブラック〜」が読みたくなってきました。
映画は妻夫木君のきれいな顔を見ていたので楽しかったです(オイオイ!)
5. Posted by shiro_taka   January 30, 2007 22:22
■岬ファンさん、こんばんは。
ごめんなさい・・・「私、文句言いっ子」なもので、口が悪くて。
他の人のレビュー観ると、楽しかった!って人も多いし、感じ方はそれぞれなので、ね。(苦笑)

ただ、私の好みではなかったということです。
6. Posted by shiro_taka   January 30, 2007 22:25
■ミチさん、こんばんは。
妻夫木くん、確かにきれいでしたね〜。横顔アップ、私も嬉しかったです。
7. Posted by KYY   January 30, 2007 23:42
コミックス持ってます(^O^)

これ昔アニメになりましたね。

面白い主題歌で途中から題名がどろろと百鬼丸に変わったと思ったけど・・

見てみたいけど野郎一人じゃ恥ずかしいのでDVDになるまで待ちますわ^^;。
8. Posted by takebou   January 31, 2007 07:49
映画を観る動機はさまざまですが、最近映画を観ていないので、手塚治氏の原作だし、この映画は俳優さん関係なく、見ようかな?と思っていました。がこの記事で、見る気が失せました。自分の目で見て判断するというのが正解と思いますが、出費が伴いますので、審美眼?のあると思われる人の意見に時として従おうっと♪。情報ありがとうさんです。でも、あまりTVをみない私でも映画に行こうかなと思わせる、宣伝力ってすごいんですね。
9. Posted by shiro_taka   February 01, 2007 00:36
■KYYさん、こんばんは。
男の人ひとりで映画鑑賞・・・もよくみかけますよ。
あ、でもこれは、大画面で見なくても、DVDでじゅうぶんかと。

私はアムシネマが歩いていける距離なので
お風呂上りに適当なカッコで、レイトショーに割りと出没します。

10. Posted by shiro_taka   February 01, 2007 00:38
■takebouさん、こんばんは。
takebouさんって、○けちゃん?!
そっか、見る気が失せちゃったか〜。書きすぎかな〜私・・・(ちょっと反省。でも、ちょっとだけ)
11. Posted by たかひょ   February 01, 2007 02:36
「どろろ」を映画化!ってだけで触手が動きます。
柴咲コウがどろろ?ってだけで右眉がピッ!と上がります。
この映画、力を入れて作っている箇所と手を抜いている箇所の差が激し過ぎましたね。
あの着グルミって・・・。
12. Posted by ガースー   February 01, 2007 20:53
http://garth.cocolog-nifty.com/

『どろろ』はなぜダメなのか?

1) 映画の中で一度も「片輪」とも「びっこ」とも「めくら」とも「つんぼ」とも言わない。
2) CGが『デビルマン』並
3) 百鬼丸が空を飛んでる。ものすごく強い。スーパーヒーロー。しょぼいCGでぴょんぴょん飛ぶ。
4) だいたい刺されても死なないし。
5) そもそもSF(未来なのかパラレルワールドなのか知らないけど)。
6) どろろのセリフがすべて説明ゼリフで、むしろどろろが唖の方がよっぽど良かった。
7) 百鬼丸が人を切らない。人間はみんな峰打ち。
8) 子供が殺される場面がない。
9) 百鬼丸が醍醐景光に会ったら説得したりしている。話せばわかるって感じで。
10) そしたら醍醐景光が最後改心する。
13. Posted by shiro_taka   February 01, 2007 23:19
■たかひょさん、ようこそデス。
>力を入れて作っている箇所と手を抜いている箇所の差が激し過ぎ---
私、これってワザと狙ってるのかなとも思ってます。
今のご時勢に、敢えて着ぐるみっていうチャレンジ精神?!
私は、逆に評価に値するように感じなくもなく。
14. Posted by shiro_taka   February 01, 2007 23:21
■ガースーさん、コメントありがとうございます。
原作とは描きたかったもののベクトルが少し違ったんだど思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔