March 02, 2007

メディアリテラシー

世界を信じるためのメソッド
今、読みたいと思っている本です。

先日の藤屋の記事にコメントをくださった、ガッチさんのブログを読んでいたら
放送倫理について物議を醸もす問題となった「発掘!あるある大事典」の
納豆ダイエット捏造問題のことが書いてあった。
私もこのテーマについて書こうと思っていて、タイミングを逸していたので
少し自分の意見を書こうかな。

「あるある・・・」は、健康志向が高まる昨今、高視聴率をマークしてた番組だし
私の知っている人にも「あるある」信者のような人もいて
月曜日の世間の消費動向にも多大な影響を与えていた番組ですよね。

私はその報道を知ったとき、正直言って「あーあ、ついにバレちゃいましたね」・・・と思った。
確かに捏造はいけないことだと思う。視聴者を裏切ることだと思う。
でも、なんで「あるある・・・」だけが吊るし上げられるの?とも思った。
お気の毒な感じもしました。

だって、テレビ番組に何を期待して信頼してたの?そんなに信憑性を追求してたの?
所詮そんなもんよ、テレビなんてさ。だって娯楽番組じゃん。
と、思ってしまった。(ゴメン、言い過ぎか・・・)

私もその番組を見ていた。
毎日2パックの納豆は食べなかったけど、ちょっとは期待をして
1月はいつもより納豆の消費量が多くなったかもしれない。
「そんなのウソだよ。○○さんは痩せても、私はどうかな・・・」とは思わずに
納豆パックに手を伸ばしたのはワタシだ。
「あーあ、また乗せられてるよ全く。単純だね」
「でも、この私の単純さが経済を支えているのだわ。いいのいいの食べましょう♪」
なんて思ってましたので、別段というか全くと言っていいほど腹はたちませんでした。
コロっと騙されちまったぜ。とは思いましたが。

食べたいショートケーキを我慢して、納豆を朝も夜も食べて、
それで、痩せられるかも・・・の夢が買えるんでしょ。自分が選んで自分のお財布で買うんでしょ?
溢れる洪水の中で、何を選び、何を信じるかは、視聴者や消費者にも責任があると思う。

私は「あるある・・・」はメーカーとのタイアップ番組だと思っていた。
そろそろ新商品が出るんで、特集してもらえませんか? とか
最近、売上げが伸び悩んでいるので、ここでひとつ「あるある」さんで取り上げてもらえませんか?
って、メーカーの広報担当が売り込み合戦をしているんじゃないかと。
---少なからずあったはずだよね。それは想像に難くない。
花王の一社提供の番組だったから、そういう別の形でのスポンサードがあったのだろうと。
つまりあれは広告番組だと、そう思ってました。違ったのかしら?

広告。
ダイエットのCMだって、化粧品のCMだって、使用感や結果には個人差があるって
小さく小さく書いてある。
洗濯洗剤だって、あんなに綺麗になるわけないじゃんって知っている。
テレビだって、ラジオだって、インターネットだって、新聞だって、雑誌だって
みんなみんな広告で成り立っているんだもの。
企業は何百万、何千万っていう高い広告料を払って、その「枠」を買い上げているんだもの。
悪いことなんて書けるわけがない、表現できるはずがない。
---というリテラシー(読解能力)がなければ、メディアに振り回されちゃうってことなんだよね。

数日前に美容院で、雑誌「ヴォーグ」をペラペラめくっていて
それをヒシヒシを感じていたところだった。
そしたら、ガッチさんの記事に出会い、今日の日本経済新聞の「モードの方程式」にも
“女性誌のお約束”っていう記事が載っていた。

以下、記事より抜粋。
  ファッション誌のやらせにウソ、というか「演出」の甚だしさにおいては
  テレビの比ではないように感じるのだが、批判がきたという話を聞かない。
  情報の送り手、受け手の双方で、ファッションは夢だから
  という大人の了解が、成り立っているんだろうか。
   (中略)
  かくして送り手と送り手による「ウソをマコトにする」不思議な共犯関係が
  流行を生んでいく。 
   (後略)

セレブな主婦モデルが、ブランドスーツに身を包み、バッグも靴もブランドで
にっこり微笑んで「入学式はコレで決まり!」---って
あのなー・・・じゃありませんこと?
これってただの僻み?---違うと思うんだけども。
 
まあとにかく、広告はすべてが“まやかし”だとは思わないけれど
答えは決してひとつだけじゃないということ。
物事は多角的に捉える必要があるということ。
自分が考えて選ぶという大人の責任感が大切だということ。

そんなことを今日は考えました。

世界を信じるためのメソッド―ぼくらの時代のメディア・リテラシー(amazon)

takamaien_n at 22:15│Comments(10)TrackBack(4) 徒然ニッキ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. パソコン初心者でも超簡単アフィリエイト! ネットで稼ごう!  [ SNS Mixiで月収93万円の不労所得を得た男 ]   March 04, 2007 01:25
忙しい主婦のあなたも簡単に副収入をGETしましょう! 今話題のMixiを使ってチョットした仕掛けをするだけ! 月収24万円のサラリーマンが一気に93万円の副収入を得る事に成功! あなたはただ「マネ」をするだけです!
2. ♪在宅パートナー募集♪  [ 怪獣たろうの子育てダイアリー♪ ]   March 06, 2007 22:21
突然のトラックバック失礼します<m(__)m> ♪在宅パートナー募集♪です。 在宅・副業を探されている方、一緒に頑張ってみませんか? 今回、サポートの関係で10名限定です。 子育て中の主婦・お仕事が見つからない方など、どなたでもやる気のある方大歓迎です。 まだ日本...
3. 水川 あさみ のすべて 画像あり  [ 情報ジャーナル ]   March 15, 2007 16:48
水川 あさみ ランキング水川あさみ 画像水川あさみ について水川あさみ(みずかわ あさみ、本名:水川啓子(みずかわ けいこ)、1983年7月24日 - )は、京都府生まれ大阪府茨木市育ちの女優・タレント。血液型はAB型。堀越高等学校卒業。アトランティス・キャス...
4. 水川 あさみ  [ 「アフィリエイトって何?」から始めて稼ぐ ]   April 06, 2007 02:36
水川 あさみCM、ドラマで話題の水川あさみさんは、1996年、旭化成「ヘーベルハウス」のCMでデビュー。 第3回ミス東京ウォーカーに選ばれ、映画「仄暗い水の底から」に出演した。 クールで無表情な役どころが多いが、素顔の彼女はおしゃべり好きであり、現場のムードメーカー...

この記事へのコメント

1. Posted by がっち   March 03, 2007 22:55
確かに、テレビの影響力は大きいですよね。広告料も他の媒体に比べると桁違いですから。だからこそ、視聴者はテレビの映像や情報を充分吟味しないといけないですよね。
私は本屋で働いているので、雑誌は身近なんですが、ファッション誌における送り手と受け手の共犯関係は、目から鱗でした。雑誌における、ある意味“大人な関係”が、テレビと視聴者との間にも築きあげられたらいいんでしょうけどね。
2. Posted by あむろ   March 03, 2007 23:09
同感です。

多かれ少なかれ「演出」があるだろう、と思っていました。
「こんなに簡単にいくわけないじゃんかぁ」という感じです。

「納豆ダイエット」の件は確かに驚きでした。
…たくさん買い込んで毎日食べてましたもん。
でも、shiro_takaさんと同じで「あれ、だまされちゃったぜ」でしたよ。

最近、何に対しても反応が激しすぎるような気がします。shiro_takaさんが書いていらっしゃるように、「大人の視点」や「リテラシー」が必要ですよね。
3. Posted by 岬ファン   March 04, 2007 05:08
5 「taka」さんの視点は、
特産品選びだけじゃなく、こうした矛盾点も鋭く
見据えているんですね。

昔はテレビでやらせがあっても、視聴者が理解して
「ほんとかなぁ?」って、頭から全てを信じて
いたわけでは、なかったような気がします。

つまり、バイブルではなく、娯楽本として楽しんで
いたのが、いつの間にか「 あるある〜 」で
紹介されたから・・・って、神様のお告げみたいに
信奉する風潮になってしまっていたんだね。

納豆( に限らず大豆製品 )が身体にいいことは、
やらせでなく、科学的に証明されていることです。
だから、今回のことも、あぁ、さらにダイエット
効果があったんだ。位にしか思わなかったです。

報道が過熱して取り上げている割には、視聴者
は冷めていたような印象を受けています。

これからも色々な話題に視点を置いて、紹介して
下さい。 楽しみにしています。
4. Posted by shiro_taka   March 06, 2007 00:07
■がっちさん、お返事おそくなってごめんなさい。

この出来事のおかげで、テレビを始め情報とのかかわり方ついて
改めて考える時間が出来たことについては「あるある」にも感謝しています。
私は仕事で広報関係に携わっているので、今回大いに考えさせられました。

社会に対する影響力の大きさと責任感の重さとは、きっと比例しますよね。
「送り手と受け手の共犯関係」の話ではないけれど、
今やほとんどのメディアが「双方向」にシフトしつつあるので
やっぱり、視聴者=受け手=ユーザーの存在って、
その「媒体」の成長や存在意義に深くかかわっているんだという意識って
大切なんじゃないかなーと思いました。
5. Posted by shiro_taka   March 06, 2007 00:13
■あむろさん、こんばんは。
あむろさんがこの記事に反応してくださって嬉しいです。
(実は、秘かにコメントを期待してました---笑)

>最近、何に対しても反応が激しすぎるような気がします。
ホントですよね。節操のないバッシング。報道番組の資質・・・もっと考えて欲しいです。
6. Posted by shiro_taka   March 06, 2007 00:21
■岬ファンさん、こんばんは。
>こうした矛盾点も鋭く見据えているんですね。
いやいや〜、私、普段はあんまり物事を深く考えないタチなんですが
今回はちょっとツボに嵌って、いいのか?そんなんでいいのか?!と
気になってしまいました。

今の時代、逆に情報が多すぎて、何かの指標やきっかけがないと
私たちがモノやコトを選ぶという具体的なアクションを起こせなくなっているのかもしれませんね。
だから、みんなが「バイブル」を求めるようになってしまったのかも。
きっと「あるある」は、そんな時代が作り上げた番組なんですね。

>視聴者は冷めていたような印象を受けています。
ほんとそうですよね。同感です。
7. Posted by やえ   March 12, 2007 19:08
なかなか難しい話題ではありますが、私なりに考えてみようと思います!この事件で、はっと目が覚めた方が多かったのではないでしょうか?私もその一人でした。今考えると、作り話としか思えないような事が、実際にテレビを見ているときは暗示にかかったように信じてしまうんですよね。自分が好んで信じてたんですから、騙されてもテレビが悪いとは言い切れませんよね。信じた私たちにも責任はあります。
 このニュースで、一方的に送られる情報をそのまま受け入れるのではなく、自分のフィルターを通すことが必要なんだと感じました。あっちを向けばこっちを向く傾向になりつつある私たちに警笛を鳴らしてくれたような気がしました。
8. Posted by shiro_taka   March 13, 2007 02:19
■やえさん、こんばんは。
その情報がどんな“方向性”を持った情報なのかということを
いったん立ち止まって、考えてみるという、シンプルな行動を怠ると
情報をただひたすらインプットだけして、それに流されるだけ流されて
モノを考えるということをしないまま、そして後には何も残らない・・・
そんな不毛とも言えるような行動パターンを生み出すことになりそうで怖いですよね。
9. Posted by あゆみ   October 09, 2007 01:06
こんにちは。メディアリテラシーを調べていて、こちらのサイトにたどり着きました。自分も「あるある」で衝撃を受け、メディアの内容は信じるのはキケンと思っています。
「オトナのメディア・リテラシー」っていう本知ってますか?メディアの裏に隠された“意図”について書いてあるらしいので、今度読んでみようと思います。
10. Posted by shiro_taka   October 12, 2007 18:52
■あゆみさん、はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。

「オトナのメディア・リテラシー」、私もぜひ読んでみます。
教えてくださって、どうもありがとう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔