April 11, 2007

大河ドラマ『風林火山』その14

勘助14
第14回 :「 孫子の旗 」

すっかり出遅れてしまいました。
今回も録画でその日の夜中にはしっかり見たのですが
ちょいと体調が悪くてPCから遠ざかっていました。
もう水曜日だけど・・・一応簡単に書いておこうと思います。

今日の見どころは・・・晴信様と勘助の入浴シーン。
もう一緒に温泉に入るなんて仲良しじゃん!
勘助って、すごくポジティブな人だよな〜とは思っていたけど、勘違い野郎とも?
孫子のどんなところがいいのか尋ねる晴信様に「その目が」だって。もうー勘助ったら♪
でもそんな勘助に晴信様もこころを許して「ば〜か!」なんて言っちゃって
ますます、ふたりの親密度が増しております。

それにしても、内野さんは大きいのだの。勘助は背がちっちゃいはずなのにー。

景政と勘助のコンビネーションも絶妙で
先週の鬼美濃といい、勘助はこうやって少しずつ仲間との距離を詰めていくんだね。
皮肉屋の小山田も
「今は出陣しないで、諏訪に攻め入るのは時期を見てから」という勘助案に
「なるほどぉ〜」って感心してたし-----残るは甘利か。
まあ、彼はずっと勘助にライバル心を燃やし続けるのでしょう。

今回は音楽がすっごくバラエティに富んでいたよね。千住ワールド全開の巻でした。
今回、初お目見えの曲もたくさんあったし、効果音も多用されていて
かなり面白かった。

照明も、いつものコトながら綺麗だったし
晴信と三条夫人の寝所のシーン(やたらと多いね。まとめ撮り?)の
蝋燭の陰影の出し方など素晴らしいと思うんだけど・・・
だからこそ、諏訪湖の御神渡りのシーンがなー。消化不良だー。

まあ諏訪湖であのロケは出来ないだろうし
今までも何度か出てきた諏訪湖は、どこかの池か浜かみたいな場所だったし
今回も、だいぶ近くに山が迫っていたので
どこか標高の高いところの小さな池でのロケだとは思うんだけども。
まあ、それは目をつぶるとして
「御神渡り」は、マイナス10℃近い冷え込みが続かないとできないらしいので
湖岸の植生があんなに雪も霜もなく、あんなに青々してるわけはないじゃろー!!

あとねー、前回のレビューでは揺らめく旗の芸の細かさを絶賛した地図だけど
勘助と景政が甲斐から向かった高遠へのルート。
ありえないから!!と思わず叫んでた。
ドラマだっつーの。略図だっつーの。お前の頭がカチコチなんだっつーの。
---と逆ツッコミを入れたくなるんだけれども
ここはちょっと信州人としては気になって仕方ないシーンでした。
まあね、仕方ないわね。楽しめ楽しめ・・・ってところかしら。

そして、本日のお題目:孫子の旗。
「旗」ってやっぱりああやって下から煽って絶対に撮りたくなるよね。
私も去年の川中島合戦場に行った時にあのアングルで「風林火山」の旗を撮るのに必死でした。
お時間のある方は去年7月1日のブログをご覧いただきたく。こちら

それにしても「旗」って、あんなにも士気を高めることが出来る小道具だったのねー。
知らなかったわ。
あんなにも嬉しいものなんだー。軽くカルチャーショックでした。
でも、原さんはやりすぎだと思うよ・・・。勘助の涙はわかるけど。

さて、ここに改めて武田家の新しい時代の幕開け宣言。
かっくいい!!!やっぱ「うおーっ!」ってなるかな・・・。

大河ドラマ『風林火山』公式サイト


takamaien_n at 22:51│Comments(11)TrackBack(14) 歴史トークをしようじゃないか 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 風林火山「孫子の旗」  [ 『ならうよりなれろ!!』 ]   April 11, 2007 23:04
風林火山「孫子の旗」 皆さん、選挙には行かれましたか? わたしは行きませんでした。←わたしは有権者になってから行かなかった選挙は高熱出したとき以外ないです。 何故って 無投票当選だったから說說 まったく有権者をなめてやがる。 選挙の特番...
2. 「風林火山」第14回 「孫子の旗」  [ つれづれ さくら日和 ]   April 11, 2007 23:22
あの「風林火山」の軍旗の誕生。 輝かしく記念すべき出来事のあった話でしたが、手放しで喜べないこともたくさんありました。 だからこそ、武田の心が一つになるべく生まれた軍旗なのだということでしょうか。 諏訪にしてやられたり。 諏訪頼重が晴信を侮り武田に無断で出...
3. 風林火山 第14回「孫子の旗」  [ みはいる・BのB ]   April 11, 2007 23:51
前回、関東管領上杉家の軍が信濃に侵入して、ここらで合戦シーンがあるんかな?と思いきや・・・
4. 風林火山14.孫子の旗!  [ ブルー・カフェ ]   April 12, 2007 00:44
土曜日の再放送を見ました。内容も、オチも知っているので落ち着いてみることができます。今回はいよいよ「あの旗」が登場するんですね。 【諏訪の裏切り】 諏訪が関東管領と独自に和議を結んだため真田幸隆も出陣する機会を得られません。武田を締め出そうと言う魂胆です...
5. 「風林火山」第14話。  [ Creme Tangerine ]   April 12, 2007 00:47
今日は統一地方選挙の開票速報のために、NHK総合は午後7時15分 からの放送でした。なので「今週は感想もゆっくり書けるぞ♪」と喜んで いたのですが、結構時間がかかってしまいました。うーん。
6. 風林火山  [ のたまふ ]   April 12, 2007 06:38
第14回/孫子の旗 ―あらすじ―関東管領上杉家の軍が信濃に侵入した。同盟していたはずの諏訪頼重(小日向文世)は武田に断りなく和議を結び、信濃の武田領は諏訪と関東管領に奪われてしまう。今すぐ出陣し、失地を回復すべきと訴える重臣たち。勘助(内野聖陽)の意見は違っ...
7. 風林火山 孫子の旗  [ ねぇ、しょーP、こっち向いて♪ ]   April 12, 2007 07:42
風林火山 孫子の旗 ヒサ「私は平蔵の嫁になりたいんじゃ!。」 ※今日の台詞で一番印象に残ったね。平蔵も武士になるのか?。 勘助「…目にございまする。その全てを見通す眼光にございまする…。」 ※うんうん、人を好きになるとその人の目が好きになるよね…。 武田家...
8. 大河ドラマ「風林火山」第14話  [ 多数に埋もれる日記 ]   April 12, 2007 08:11
今日は統一地方選のため、総合テレビ(デジタル総合テレビ)では19時15分(午後7時15分)からスタート。
9. 大河ドラマ「風林火山」#14  [ ミチの雑記帳 ]   April 12, 2007 08:37
「孫子の旗」 関東管領上杉家が信濃に進軍。本来なら諏訪頼重と武田勢が揃ってそれに対抗せねばならない所を、諏訪氏が抜け駆けしてしまいます。しかも武田に断りなく和議まで結んじゃって、佐久から武田は追い出されてしまった形になりました{/hiyoko_cloud/} さて、どー...
10. 「風林火山」第14回。  [ リリコ雑記 ]   April 12, 2007 22:01
「孫子の旗」と題名にあるように、いよいよ「風林火山」の旗がお披露目vv って気になるのは入り乱れる人間関係!(笑)勘助と晴信と三条夫人と源五郎と平蔵の五角関係へと突入かー!!(爆)←ウソ。
11. 『風林火山』 第14回 「孫子の旗」  [ なんでもreview ]   April 12, 2007 22:40
選挙で1時間早いスタート。早すぎるー!
12. 【風林火山レビュー】孫子の旗  [ 必然的なヒストリー ]   April 13, 2007 23:33
フジ系「タモリのヒストリーX」、TBS「クイズひらめき偉人伝日本で一番知られてる偉人は誰だ!?SP」、フジ系「日本偉人大賞2007歴史を変えた超エライ人SP」等といった、これでもかと歴史バラエティー番組が放映されている中、故意的としか思えないほど無視されている『...
13. 風林火山14勘助裸で告白する!  [ ぱるぷんて海の家 ]   April 14, 2007 15:30
選挙速報見てたら遅れ取ってしまいました・・・。 信虎追放以降、注目していたのは原作との整合性を如何にとるかでした。 何しろ井上靖原作での山本勘助ときたら、チョット読んだだけでも 何かしら厭なものを彼はその面にも姿態にも持っていた 容姿風体にのどこかに残....
14. 大河ドラマ 「風林火山」 孫子の旗  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   April 15, 2007 20:50
関東管領の佐久侵攻。 諏訪も盟約違反の単独出陣。 武田家の運命や・・・。

この記事へのコメント

1. Posted by さくらこ   April 11, 2007 23:32
こんばんは!
新しい甲斐の旗に向かって、やりすぎくらいはしゃいでいた原さん。
でも見ていて、何だか嬉しくなってしまいました。
彼らは勘助が涙ぐむほど感動したと言ういきさつは、勿論知らないでしょうけど、それでも武田の家臣たちが一つになれたみたいなところは、良かったな〜、と思いました。

次回また、がく〜・・と沈む出来事が色々あるんでしょうけどね。

御神渡り等、地元でなければ気付かないツッコミ、なるほどと、読ませていただきました。
2. Posted by もちきち   April 12, 2007 00:50
こんばんは〜♪
三条夫人と晴信のピロートークまとめ撮り説、
目からウロコが落ちました。
“ケンカ編”“仲直り編”とかをまとめて撮ってる
のを想像すると可笑しいですね。

諏訪湖のシーンは私もアレレ…でした。
他にやりようがあったんじゃないの、と。

3. Posted by    April 12, 2007 06:45
おはようございます。
コメント&TBをいつもありがとうございます。
体調不良?の中での素敵なレビューを拝見させていただきましたー。地元人ならではのツッコミはいつ見ても面白いです。
旗は・・・確かにあのアングルでとりたくなりますよね!!わかります、わかります!!と思いました(笑)
原さんの喜びようは、えぇ!?と思いつつ、旗は家の魂が詰め込まれたようなものなのだなぁ〜と思うと、あの喜び方は正常なのかもしれませんね(笑)ある意味、可愛かったし。
海賊旗がその船の魂なのと一緒なのですね?旗って凄い。
4. Posted by ミチ   April 12, 2007 08:41
こんにちは♪
体調は戻りましたか?
お気をつけくださいね。
やはり今回の見所は「隠し湯」のシーンでしたか(笑)
勘助の肩幅と晴信の肩幅を思わず見比べてしまったのでした。
亀次郎さんは娘姿での踊りがとってもキレイな人です。
あのなで肩があるからこそ娘役がハマるんでしょうね〜。
5. Posted by あむろ   April 12, 2007 22:39
こんばんは♪
お加減はいかがですか?

「御神渡り」はさすがに「あれれ…」でしたね。
他の部分がよく撮れているだけに、残念な気がしました。
「隠し湯」(この言葉にやたらと反応する私w)のシーン。
晴信と勘助の親密度がわかるシーンでした。

2人の親密さが増していくから甘利なんかは嫉妬しているんだろうなぁ…。

6. Posted by shiro_taka   April 13, 2007 21:30
■さくらこさん、いつもありがとうございます。
お返事遅れてごめんなさい。

軍旗ひとつで、こんなにも熱くなり一致団結できるその精神
素晴らしいなーって思いました。

原さんも可愛いです♪
7. Posted by shiro_taka   April 13, 2007 21:33
■もちきちさん、コメントありがとうございます♪

制作側に対してのツッコミどころって
今まではあんまりなかったんだけど
舞台が信濃だとつい、ね。
小姑っぽくなっちゃいます(笑)
8. Posted by shiro_taka   April 13, 2007 21:38
■渦さん、こんばんは。いつもありがとうございます。

ちょっと手抜き気味のレビューですが
渦さんに、面白いなんて言っていただけて
すごく嬉しいです。

>旗は家の魂が詰め込まれたようなものなのだなぁ〜
・・・旗ってそういうものなんですね。ホント旗ってすごい。
歴史のことに疎い私は、勉強になることばかりです。

9. Posted by shiro_taka   April 13, 2007 21:41
■ミチさん、こんばんは。ご心配いただきありがとうございます。
ちょっと油断しました↓

>勘助の肩幅と晴信の肩幅を思わず見比べてしまったのでした。
私もすごく気になっちゃいました。

>亀次郎さんは娘姿での踊りがとってもキレイな人です。
そうなんですね。私・・・見たことがないのです。
ミチさんのコメントを読んで是非、舞台を観たくなってきました。
そんな機会に恵まれるといいなー。
10. Posted by shiro_taka   April 13, 2007 21:45
■あむろさん、いつもありがとうございます。
おかげさまで、体調は完全回復しておりますっ!
お気遣いいただき恐縮です。

「隠し湯」のセットの大きさの問題もあってか
ふたりの距離もすごく短くて
親密度ムンムン(・・・って日本語変?)でしたよね。

急接近しすぎ?!
11. Posted by 琉河岬   April 13, 2007 23:33
こんばんは!
コメントを頂いたのに返事が遅くなり申し訳ありません。

>「御神渡り」は、マイナス10℃近い冷え込みが続かないとできない
そうなんですか!大変勉強になりました。
さすがに−10℃ではテレビ出演経験がない柴本さんは芝居が出来なかったかもしれませんね。

武田家の「孫子の旗」は
「正直、演出過剰だろう」
と思っていましたが、この時代は旗印が重要なものだったらしいですね。勘助や原の感激ぶりには驚きました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔