July 30, 2007

メディアの罠

久しぶりの投稿です。
・・・なのに、プラスな話題じゃないのだけれど(汗)

先月の終わりに「リッツカールトン東京」に泊まりました。
研修という名目で、会社からもたくさん補助金が出たので
いわゆる『おのぼりさんツアー』です。

お昼ぐらいに六本木に到着。まずは荷物を預けて45階へ。
ランチは FortyFive に ¥6,000のコース を予約しました。
オードブル、スープ、メイン、デザートの4皿。
アメリカンサイズなボリューム感で
4皿でも、午後の行動に支障をきたすかと思うほどお腹がいっぱいになったので
ホテルのランチと考えると、妥当な内容なのかもしれませんが。

ritz01

海の幸のセヴィーチェ
レモングラスの独特の風味で香り付けされたシーフードサラダというカンジ。
下に冷麺が敷いてあるのですが、冷麺の食感がどうも苦手な私としては
言葉少なに黙々とフォークを口に運ぶしかなく。

ritz02

ひよこ豆のスープ 手長海老のグリル添え
手長海老が入っていないっ!・・・あれ?アレッ?と焦って
カップの中をまさぐるほど(お行儀悪っ!)ちっちゃい海老でして。
味は素朴で美味しかったけど。

ritz03

金目鯛の花胡椒ソテー
干し貝柱とジンジャー風味の赤ワインソース
とにかく量が多くて、その上しょっぱくて
途中で飽きちゃった。
花胡椒のオリエンタルな香りは外国人ウケするのでしょうか?

デザートも多くて、むりやりお水で押し込んだほど。
このレストラン、ターゲットは誰なんだ?

冷房の調整をお願いしたときの対応、お水がずっと出てこなかったこと
オープンキッチンのスタッフのふてくされたような顔・・・
グランシェフだか誰だか知らんが
外国人のシェフが厨房に現れたとき、スタッフ全員から
ホールにも届く大きな拍手がおこったこと。
客にじゃなくて、スタッフが料理長に拍手するってどういうこつ?
営業時間外にやってくれよ。そんなモン。すっかり興ざめだった。
とにかく、スタッフのサービスは、がっかり。
ナニがリッツカールトンじゃ。ナニがミスティークじゃいっ。

レストランはそんなんでも、宿泊スペースに入ったら期待できるかも。
---と思っていたんだけどね、チェックインでまた躓きました。
オンラインのトラブルで、チェックインができません・・・
カウンターでしばらく待たされました。立ったまま、ずっと。

ロビーも混んでいて、座る場所はなかったけど
どうにかチェックインができた後も、お詫びらしいお詫びはなかった、と思う。
失礼いたしました・・・くらいは言われたと思うけど
「訪れるすべての人に、至福の時間をお届けいたします」と銘打っているホテルとは
とてもとても思えない対応力だった。

コンシェルジュデスク前に立っていた着物姿の、能面?お姉さんが
お部屋まで案内してくれたんだけど
そのときに廊下やエレベーターの中で交わした会話は、なんだかとても不自然で
きっと英語はそれはそれは流暢なお姉さんなのでしょうが
母国語はいかがで?といったかんじで、私も途中で、質問するのを辞めてしまいました。

ritz07

確かにオリエンタルな雰囲気がところどころに漂い
(これは客室で私がいちばん好きだった場所)
ハード面は良かったし、居心地もそれなりによかった・・・と思います。

ritz04
ritz05

たぶん、私たちの泊まった部屋はリッツの中でいちばん狭い部屋なんだと思うけど
ベッドやピローの硬さは申し分なく、熟睡できましたし。

ritz06

ブルガリのアメニティは、残念ながら私の肌には合わなかったけど
空調にアロマデフューザーがセットされていたようで、私たちの泊まったフロアーは
ラベンダー系の香りが適度に拡散されていて
久しぶりに蒸し暑い東京で過ごしたカラダを、心地よくクールダウンしてもらえて
そこだけは、ほんとポイント高いです。
(でも外資系のホテルなら、いや外資系じゃなくても今時フツーですかね、それって)

ちなみに、ロビーフロアーはショコラと柑橘系の香りでした。


今年になってから、業界紙、ビジネス誌などでもリッツカールトンのCSについては
各方面で取り上げられていましたねよね。「5ツ星ホテルが贈る、最上級のおもてなし」って。
だから、会社でも研修の場に選んだのだけど。
それは「リッツカールトン大阪」にしか、通用しないオハナシなのだとしか、私には思えず
他の人はどう思っているのだろう・・・と、ブログなどを少し検索してみたところ
クレームが多くてびっくりというか、納得というか。

リッツの大阪は阪神の運営で、東京は直営なんですってね。そうだったのか。
MBA型ともいえるコスト重視ホテルなんだそうです。

メディアリテラシーの大切さを実感せずには居られない研修だったなー、と。
高い授業料でしたけど、もういいんです(byアンナ)

ザ・リッツ・カールトン東京

takamaien_n at 23:56│Comments(4)TrackBack(0) クレーマー放談 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Papa   July 31, 2007 19:04
5 こちらに住んでいますとなかなか東京のホテルに宿泊する機会がありません。

せいぜい、レストランかショッピングゾーンかバンケットルームくらいでしょうか。

ですから今回の話題は非常に興味深く読ませていただきました。

私自身、かつてリゾートの仕事を担当していた当時、全国のリゾートホテルに宿泊しましたが、メディアの取り上げ方は完全にホテル寄りの提灯特集ばかり。

お手本にすべき対象のはずが、あれれ…という体験ありましたからね。

外資の有名ホテルグループや高級ホテルが、こぞって日本進出をしている昨今、メディアに踊らされないようにしないといけませんね。
2. Posted by chari   August 01, 2007 09:07
へー、そなんだ。
リッツカールトンなんて、安いビジネスホテル巡りをしている私には高嶺の花な「高級ホテル」。

スタッフ(っていうの?)さんのスマートで気持ちの良い対応を絶賛されていたと思っていたのに。。。

ブランドプロミスの徹底って難しいものなのね。
3. Posted by shiro_taka   August 11, 2007 02:06
■Papaさん、続けてコメントありがとうございます。

タイアップ・・・って、メディア側もツライこともあるだろうなーと思います。

私も広報の仕事をしていますので、タイアップの旨味とか
少しはわかるつもりですが、メディアの存在意義・・・
ほんとに考えさせられますよね。

メディアリテラシーの記事は前にも書きましたが
そこで紹介した本(子供向けの本ですが)は
何回か読み返しました。

これから先、シビアに見極めるリテラシーの重要性は
もっともっと求められるようになるのだろうなーと
思います。

4. Posted by shiro_taka   August 11, 2007 02:10
■chariさん、コメントありがとう。
スタッフって言わないのか・・・じゃあ、えっと
キャストとかいうんだっけ?????

この研修はいろんな意味で残念なことが多く、ちょっとテンションが下がってしまいました。

いけないわね。そんなことじゃ・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔