January 04, 2008

お、惜しい!

ここのところ数年の初詣は、信州・善光寺。

善光寺01


今年は平成14年から5年がかりで行われた大修理が、昨年12月に済んだばかりの三門。
1750年に建立された当時と同じ、サワラ板を使った「とちぶき」という工法で復元したそうです。

携帯カメラで遠目から撮影したので、細かいディティールは全くわかりませんが
楼上に掲げられている「善光寺」という額は畳3畳分もの大きさがあるのだそう。デカッ!
この額は「鳩字の額」とも呼ばれているそうで
「善」の文字に2羽の鳩、「光」に2羽の鳩、そして「寺」に1羽と
全部で5羽もの鳩が隠されているんだそうな。
善光寺と鳩は切っても切れない関係なんですね〜。

善光寺02

そして三門をくぐると見えてくる本堂。
今年は三門の改修も済んだことだし、天気もまずまずなので
もっと混んでいるかと思いきやそれほどでもなかったような…。

それでもロープ規制があり、グループに分けて参拝をすることになります。
ここは本堂のいちばん左奥に瑠璃壇があるので
私はいつもできるだけ左側に寄って、参拝することにしています。

かなり押し合い圧し合いになるのですが、今年は私たちの参拝が済んだところで
上人様の「お数珠頂戴」が行われたんです。。。ううう。
何というタイミングでございましょう。惜しかったなー。

善光寺03


でもでも、いいんです!
お数珠を頂くことはできませんでしたが
上人様が御下りになる間、参拝はストップされますので
すっかり空き空きになった本堂の中でじっくり欲張ってお参りをさせていただき
“撫で仏”といわれる「びんずる」様の方と付け根を思う存分、“なでなで”してきました。
怪我をしたところや、悪いところ(患部)と同じところを触れることで
その神通力にあやかり治していただくという信仰がある有難い御像なんですよ!

早く怪我が治るといいなー。

信州・善光寺

takamaien_n at 17:24│Comments(2)TrackBack(0) 美味しいモノ噺 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Papa   January 04, 2008 18:07
4 shiro_takaさん
善光寺は二度参拝に伺ったことがあります。

記憶は定かではありませんが二回目の時は斑尾タングラムに出張の際で、工事用シートがかけられていたような…。
名産品かわかりませんが林檎飴をお土産で買ったことは何となく覚えています。

御利益があらわれて怪我が早く治るといいですね。
2. Posted by shiro_taka   January 04, 2008 21:40
■Papaさん、早速ありがとうございます。

善光寺へは、私はなんだかんだと年に2回くらい行っている気がします。
Papaさんは、戒壇めぐりはされたことありますか?
もしまだでしたら、次回は是非!!

斑尾は、相方のKUROがかなり好きなゲレンデらしいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔