January 20, 2008

映画「善き人のためのソナタ」

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション


久しぶりにドイツ映画をDVDで鑑賞。哀しいけれど、崇高な物語です。

ソナタをはじめとする音楽の美しさも秀逸。
静かに、でもジワジワと胸に迫りくる雰囲気を持った作品だと思う。
…というか“見せる?魅せる?力”が溢れている作品なんだな。
2007年のアカデミー外国語映画賞受賞も十分うなずける秀品。

最近、ヒトラーとか今まで取り扱うことそのものがタブー視されてきたようなテーマの
ドイツ史映画が増えてきたような気がしませんか。

そういえば、今年になって私が初めて観たDVDも
ドイツ映画:「ドレスデン、運命の日」(第二次世界大戦のドレスデン爆撃のハナシ)だったわ。


さて「善き人…」の舞台は、1984年、東西の壁が崩壊する数年前の東ベルリン。
共産主義体制のもとで、冷酷なシュタージ(国家保安省)が、国民を監視しているという歪んだ世界。

血の通っていないかのような表情のない顔で
背筋も腕もピンと伸ばしきって、隙と無駄のない男、ヴィースラー。
質素な服装に質素な食事、無駄の削ぎ落とされたミニマムな世界に生きている、そのシュタージが
ある芸術家を監視する日々を通して、血の通った人間に徐々にと変化をし
やがて愛に目覚め、静かな涙を流す。
盗聴器から聴こえてきたのは
自由な発想と愛の言葉、そしてもの哀しいピアノソナタだった…というハナシ。

このヴィースラーを演じるウルリッヒ・ミューエの静かな演技が本当に素晴らしい。
盗聴をしている訳だから、彼が言葉を発することはほとんどない。
国家に忠実な大尉というキャラクター的にも
表情がくるくる変わるわけでもないし、オーバーアクションな訳でもないという中で
瞳の動きや、ちょっとしたしぐさ
暗がりの中で上官への報告書を作成するタイプライターの打ち方や、その言葉の選び方なんかで
彼の心情の移り変わりが、本当に見事に、そしてとても丁寧に表現されている。

またラストの展開の仕方も特に素晴らしいと思う。
涙がつつつつつと流れ、静かに余韻を残す映画なのです。

ソナタの美しさも然ることながら、パブやホームパーティで使っている
BGMなどのセレクトもすごく良かったなー。

それから、私が特に好きなシーンは
ヴィースラーがサッカーボールを追いかけて来た子供と一緒にエレベーターに乗り合わせるシーン。
あの金髪の男の子の、グリーンのグラデーションでまとめてある洋服と靴のコーディネートが
いかにもヨーロッパ映画なセンスを感じさせて好き。


静かに家でゆっくりしたい時に、雨の日なんかにいいかな・・・と思える映画です。


善き人のためのソナタ 公式サイト


takamaien_n at 02:25│Comments(7)TrackBack(1)シネマ茶寮 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. げん玉にえあるが出現?  [ えあるでポイント稼ぎ中,映画「善き人のためのソナタ」 ]   January 20, 2008 05:06
えあるがげん玉の「成金の部屋」に登場w もうキャンペーンは終わってしまったんですけど、22日に一週間で何人のえある会員さんが増えたのか発表されます。 いったい何人増えたんでしょうねぇ? また結果出たら報告します。 今はえあるでも1周年キャンペー....

この記事へのコメント

1. Posted by white   January 21, 2008 14:14
映画のこと書くの上手ですね。すごく見たくなっちゃいます。寒い日に家でゆっくり見たいなぁ・・・最近、私が見て良かったのは、”手紙”です。
2. Posted by white   January 21, 2008 14:15
映画のこと書くの上手ですね。すごく見たくなっちゃいます。寒い日に家でゆっくり見たいなぁ・・・最近、私が見て良かったのは、”手紙”です。
3. Posted by candy-k1   January 22, 2008 22:26
shiro_takaさんっ!!!
この映画、去年の私のベスト3にランクインの映画です。
素晴らしい、本当に素晴らしい映画でした。
良い作品に出会えたときにしか味わえない充実感に浸って劇場を後にしたのを、よーく覚えています。
ヴィスラーの感情の変化を演じきったウルリッヒ・ミューエ、素晴らしい俳優さんでしたね。
亡くなってしまわれたのが、残念でたまりません。
4. Posted by shiro_taka   February 02, 2008 13:38
■whiteさん、お返事が大幅に遅れてしまい、ごめんなさい。

レビューを褒めてくださって、ありがとうございます♪すごく嬉しいです。

すぐ木に登る豚な私ですが・・・今年の冬はエネルギーの半分以上を、そこに傾けてしまっているものがあり、ブログ生活も少し(いやだいぶ)置いてきぼり状態で、映画も例年よりは観れていません。

でも、映画って大好きです!!!

「手紙」も切ないけれど、すごくいい作品ですよね。
いつかレビューが書けるといいのですが・・・。

「手紙」が好きなwhiteさんには、なおさら「善き人…」を大推薦します♪
お時間があったら、是非!!!
5. Posted by shiro_taka   February 02, 2008 13:50
■candt-k1さんっ!やっぱり!!きっとそうだと信じていたわ♪
共感できて嬉しいですっ。

ラストがいいですよね。コレ。
私はDVD鑑賞だったので、少し戻してから
後半部分をもう一度観てしまいました。
終わった後も、ソファーに沈み込んで余韻を噛みしめてたと思います。

ウルリッヒ・ミューエさんが亡くなられたのは、ショックです。。。

6. Posted by チャニアーン   February 02, 2008 22:17
コメントありがと (はずかしぃ〜)
東京にお越しのときは是非!昼間でも会社さぼっちゃおっかなぁ〜

今日TSUTAYAに行ったら「善き人のためのソナタ」全部出ていて借りれませんでした。なので、全然関係ないけど「どろろ」借りてみました。(柴咲コウ かわいぃ〜)
7. Posted by shiro_taka   February 03, 2008 00:24
■チャニアーンさん、こんばんは。

え?さぼっちゃう??ぜしっ!スペシャルな施術を!!!!!

「どろろ」のコウちゃん。
ほのかな恋心を、てやんでぃっ…って誤魔化すトコロとか
すんごくキュートだよね。
私も好きv

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔