March 20, 2008

春霖 しゅんりん

今日は一日静かに雨が降っていました。
もう春の雨と呼ぶには早いでしょうか。関東では風もすごく強かったみたいですね。
軽井沢は雪まじりの雨でしたが、あまり寒くなかったような…。

まだ浅い春に、静かに降る雨のことを「春霖 しゅんりん」というのだそうですね。
今日の雨も、そんな雨なのでしょうか?

この“おしめり”で、野山の若芽も少し綻びはじめたかしら。

花粉もあまり飛ばなかった今日、窓をつたわって落ちていく細い雨のすじを眺めていましたら
この和菓子のことをご紹介したくなりました。 松本の開運堂の『さざれ水』

さざれ水02

最近、お気に入りの和菓子です。
同じく松本市内にある 窪田空穂記念館
(TAK建築のHPの中で、なかなかオサレな建物の雰囲気がわかります)との
コラボレーションにより創作された商品だそう。

餡のまわりに大納言をまとって、さらにお砂糖でコーティングしてあるというシロモノ。
結構甘いけど、品のある美味しさ。薄茶をゆっくりいただくのがおすすめです。

さざれ水01

窪田空穂の歌が書かれた箱も、なかなか素敵。

開運堂


takamaien_n at 23:05│Comments(2)TrackBack(0) 美味しいモノ噺 | 徒然ニッキ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Papa   March 21, 2008 08:05
4 お久しぶりです。

なかなかグッドルッキングなお菓子ですね。
存じ上げなかったですが新しいのでしょうか。

軽井沢はまだまだ寒い日が続いていると思います。

四月にこぶしの花が咲きようやく遅い春の足音が聞こえはじめる頃が大好きな私です。
2. Posted by shiro_taka   March 22, 2008 23:30
■Papaさん、こんばんは。
たぶん、まだ新しいお菓子だと思います、コレ。

この冬、この「さざれ水」を私は実は2回リピートしてしまったんですが
そのつど、この「さざれ水」を大人買いをしている方を見かけますよ。

それから、開運堂はお店の中が広いからか、まったりとした空気が流れていて、長居をしているお客さんが多いのも特徴かななんて気がする。

こぶし・・・軽井沢の町花だから、ホント町中で見かけますもんね。
軽井沢の春は桜じゃなくて辛夷ですよね。




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔