おすすめショップ・スポット情報

July 31, 2007

隠れ家カフェ

・・・、まさにそんな雰囲気の場所なので、ブログにアップしていいのか
ちょっとためらいつつ。

カフェドモロッコ01

いつもお世話になっているヘアーサロンで教えてもらったお店。
「カフェ ドゥ モロッコ」
オーナーさんにはもちろん許可は取ったのだけど
素敵なところだよーとみんなに教えたいような
そっと秘密にしておきたいような、そんな居心地のいいカフェ。

一応お休みじゃないか確認しておこうと思って、電話をしてみました。
「今日、ランチに伺いたいんですけど、いいですか?」
「もちろん!どうぞどうぞ」
「あっ、タジンは召し上がりますか?」
「???」
(えっと、タジンってナンだっけ??
・・・あ、あ、あのナンか帽子みたいなヤツだっけ?
よくわかんないけどオモシロそうだから頼んでおこ)
「ぜひ、お願いしますう」
「じゃあ、今からご準備しておきますね。お待ちしています」
なんてやり取りをして
モロッコってどんな国だったっけ?
すぐには思いあたらない知識の浅さを情けなく思いつつ
映画「カサブランカ」の舞台だったっけなー?フランス語圏だったっけ?クスクスはモロッコ?
---これ以上全く先に広がらないまま、ワクワクしながら出かけたのでした。

カフェドモロッコ04カフェドモロッコ05

そのカフェは別荘地の山間の中腹(…っていうちょっとヘヴィーに思えるかな
幹線道路からちょっと林間に入って2分足らずなんですけどね。)みたいな場所にあって
その地形をとても上手に取り入れた設計をなさっているの。

オーナーさんが、よくバカンスに出かけていたモロッコ。ステキ!
すっかりその魅力にハマッて、しばらくモロッコに住み
その後、イギリスのモロッコ料理店で働いていたのだそう。

帰国してみると、日本にはまともなモロッコ料理のお店がなかったので
これは自分でやるしかないなーと思って、オープンさせたカフェなんだって。

可愛い食器やチュニック、スリッパ、刺繍とかインテリア用品もいっぱいで
ほっておいたらずっと居てしまいそうな空間です。

カフェドモロッコ06

私たちは、熱望して(笑)テラス席をキープ。だって気持ちがいいの、ほんとに。

カフェドモロッコ07

目の前には、木立の向こうに高原野菜の畑が広がっていたりして、すごく長閑。
あまりの居心地のよさに、時間を忘れて、思いっきりまったりしてしまった。
爽やかな風に吹かれながら、ふと時計を見たら3時半をまわっていました。

さて、いただいたランチのこともご紹介しますね。
私たちがオーダーしたのは、予約していた「タジン」と「ファラフェルセット」

私、ファラフェルって初めて聞きました。
ひよこ豆のコロッケだそうで、ほくほくサクサクで美味しいの!
遅まきながら、最近ちょうど「ひよこ豆」に興味を持ち始めたところ。
スーパーで缶詰やら、乾燥ひよこ豆やらを買い込んで
スープやサラダを作ってみようと思っていた矢先の出会いでした。
このファラフェルも仲間に加わりそう!
カフェドモロッコ013

今日のセットは
そのファラフェルをきゅうりやトマト、ナス、レタスなどの夏野菜と一緒に
ピタパンにはさんで、ヨーグルトソースをかけるというもの。

コロッケのサクサクとピタパンのしっとり加減とヨーグルトの風味のバランスが
とてもいいし、巻いて食べるのって、やっぱり楽しい!

カフェドモロッコ09


そしてタジン鍋。
トンガリ帽子のテラコッタ土鍋で煮込んだ野菜と鶏肉(今回はラムじゃなくて鶏肉にした)
クミンとレモンの香りたっぷりで、野菜自身の水分でゆっくりじっくり柔らかくなっていて
味も香りも閉じ込められているカンジ。
それを自家製の天然酵母のアラブパンと一緒にいただくの。とても美味しかった。

カフェドモロッコ012カフェドモロッコ011

タジン鍋、可愛いですよね。
キッチンが広かったら買いたいところなんだけど
既に収納スペースがかなりタイトな状態の我が家では、しばらく無理そう。

それから、モロッコスープ。これもとても美味しかった。ハリラというんだそうな。
イスラム教の断食が終わったら必ず食べる、お腹に優しい栄養たっぷりのスープ。

カフェドモロッコ02

そしてオリジナルドリンクのミントソーダ。
デザートはサービスでいただいてしまって…恐縮です。

ありがとう。オーナーさんも斉藤さんも♪
今回は友達とのおしゃべりにすっかり時間を費やしてしまい
お料理も冷めてしましったりして失礼しました。

こんどはもっとモロッコのこと、お料理のこと、いろいろ教わりに行きたいです。
家から20分くらいのところに、こんなステキなカフェが出来て
ほんとに嬉しい。

これからもどうぞよろしく。

カフェ・ドゥ・モロッコ
TEL:0267-32-2327
11:30〜17:00(ラストオーダー)
18:00〜21:00は2名以上の完全予約制


takamaien_n at 12:37|PermalinkComments(13)TrackBack(2)

July 04, 2007

筍といえば

昨日の記事で、たけのこの写真をアップして
タケノコ?筍?そういえば------と思い出したので
毎度のコトながら、たいへん遅きに失す内容ではありますが
もし宜しければ、来年の春に備えて、いや!秋に備えた情報ということで
ご紹介させていただきます。
(というもの、お店の名前は「ふわり家」
いちばんの看板メニューは“きのこ料理”なのです)

このお店は、以前にご紹介した『雲の助』=菱野温泉の露天風呂 のある常盤館の
系列の季節料理屋さんです。
おすすめのご利用パターンとしては
日中に、トレッキングとか山菜採りやきのこ採りを楽しんで
夕方「雲の助」で、さっぱり汗を流したら
日暮れとともに「ふわり家」で、さらにその“季節”をカラダの中に沁みこませる。

ちなみに、私たちは [ お風呂⇒ドライブ&花見⇒ふわり家 ]でした。

ふわり家1

こんな看板が温かく迎えてくれます。

ふわり家2

春の目玉はコレかなー。皮ですっぽり包んで、蒸し焼きにされたタケノコ。
すぐにでも食べたいのをガマンして、少し焦げ目がつきはじめた頃が食べ頃のようです。

ふわり家3

木の芽味噌でいただく、まさに春の味。(7月に書くのは本当に憚られますね)

ふわり家4

山菜の天ぷらは、たらの芽にコシアブラに・・・えーとえーと、ダメだ思い出せない。
とにかく塩でいただくのが、いちばんだと思われます。

ふわり家5

もったりとした、白いものスープ。
“白いも”というのは小諸の御牧ヶ原(みまきがはら)というトコロでとれる
じゃがいものコト。
御牧ヶ原の土地は、けっこうな粘土質らしくて、だからなのか
詳しいことはよく知らないんだけど、まあつまり小諸の“ブランド芋”なのです。
色白ちゃんの、でんぷん質の多いお芋らしくて、料亭とかで重宝がられているとか。
地元のスーパーでは、ほとんど出回りません。

ふわり家6

そして、山菜鍋。
慣れ親しんだ山菜のキュッキュッという歯ごたえが、たまらない感じで
たけのこも一度にこんなに食べたのは、ひさしぶりだなーなんて思いながら
でも〆もやっぱりコレだよね!とワクワクしていると

ふわり家7

期待通りの、たけのこご飯。
三昧、三昧!有難いことです。田舎って、信州って好きさ♪
フランス料理もイタリア料理も、美味しいものなら何でも好きだけど
でもやっぱり「地産地消」これに勝るものはありません。

ふわり家8

これも店主のこだわりのデザートだという、黒ゴマプリン。
黒蜜をたっぷりかけて素朴な味わいを堪能いたしました。


夏は高原野菜三昧が、楽しめるようですが
私としては、[ 紅葉狩り&きのこ三昧 ] を、断然おすすめいたします。
「ふわり家」さんの先の高峰高原につながるチェリーパークラインもGOOD
何せ標高2000メートルまで上っていくので、カーブは多いけど
とにかく風が爽やかで、すごく気持ちいいですよね。
植生がちょっとずつ変わっていくのを眺めるものオモシロイし。

私はスキーシーズンに、ヘアピンカーブでドリフトしながら
「アサマ2000パーク」に通い詰めた頃の思い出の方が強烈だったんだけど
今回、上の方まで行ってみて、相変わらずブレーキ跡はたくさん残っているけど(苦笑)
今ではすっかり整備されて広くなったし、天気もよくてすごく眺めがよかったので
ドライブコースとしてもおすすめしたい感じです。

きのこの森 ふわり家
小諸市菱平533-1
TEL:0267-22-6665

takamaien_n at 19:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 30, 2007

思わずニンマリ

おきな堂03

あまり美しいとは言えない写真ですが、何だかわかります?
白いクリームとそれを包み込む黒い皮。

美味しくて思わずぱくぱく食べて、写真を忘れそうになってしまいました。
食べる前の、原型はこれです。
おきな堂02

この和菓子の名は 「黒胡麻大福」だったかなー?
大福のお餅は、黒胡麻と一緒に搗いてあるの…で、中はあんことクリームのハーモニー♪
ほんのり塩味のお餅とあんことクリームのバランスが絶妙なのです。
冷やして食べると美味しいよ〜。

先日、お土産にいただきました。
同じ佐久市にありながらなかなか行けない場所にお店があるので
手土産なんかにいただけると、ホント思わずニヤけてしまうのよねー。
昔ながらの地元の菓子店です。
「おきな堂」といったら、“佐久鯉サブレ”が有名でしたが、最近は、こっちかな。

おきな堂01

お近くに行かれることがありましたら、ぜひ!
佐久市の野沢商店街はあなどれませんっ。

おきな堂
佐久市野沢7
TEL:0267-62-0450
8:00〜19:00/無休(だったっけ?)

takamaien_n at 22:45|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

June 27, 2007

北鎌倉のアジサイ散歩

鎌倉1

6月も末になるというのに、雨らしい雨も降らず
雨の似合う紫陽花も、今年はいまいちなのかな・・・なんて心配してしまいます。

家の近くではまだまだこれからですが
先日、日帰りで横浜の端っこまで出かける用事があったので
ちょっと寄り道をして、帰りがけに鎌倉の紫陽花を見てきました。

鎌倉2

この時期の鎌倉を訪れたのは初めてだったので
あまりの人の多さに、ちょっと気後れしましたが・・・。

足腰の悪い義父母が一緒だったので、あまり無理をせず、人が少なめの「東慶寺」へ。
通称“あじさい寺”と呼ばれている「明月院」のように
何千株もの紫陽花が咲いているというお寺で社ないけれど
何種類もの色とりどりの紫陽花や花菖蒲なども咲いている“花の寺”

鎌倉3

このお寺は、縁切寺または駆け込み寺として有名なんだそうですが
そんな心寂しい気持ちをやわらげるかのように
境内には、様々な種類の美しい季節の花々が咲き誇っている、静かな静かなお寺です。

鎌倉4鎌倉5

私が紫陽花が大好きな理由は、やっぱりこの微妙なニュアンスの色合い。
日本の紫陽花くらいですもんね〜こんな風に形容し難い色合いで山間を埋め尽くすのは・・・。

鎌倉6

「東慶寺」の山門を見上げて、またいつかゆっくりと鎌倉を訪ねたいと思いつつ
後ろ髪曳かれる思いで、帰宅の途につきました。

松岡山 東慶寺
鎌倉市山ノ内1367
TEL:0467-22-1663
8:30〜17:00/拝観料:100円

takamaien_n at 23:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

June 21, 2007

涼しげな昼下がり

開運堂・・・松本方面からいらっしゃる方の手土産にもらう和菓子は95%くらいが
ココのじゃないかなーと思うほど。
ドラ焼きに始まり、焼き菓子の詰め合わせや真味糖などなど。

先日、HAMAフラワーパークに車で向かう途中、松本でいちばん有名な
御菓子司 開運堂 の大きな看板が見えたので
慌てて「あー、ココ入って入って」と叫んだ私。
急な思いつきだったけれども、寄ってみてよかった〜。

松本に買い物に行ったりすると、本店の前はよく通っていて、
パルコの裏にどーんとそびえたつ姿を、さすがだナーといつも感心して眺めていたんですが
店内に入ったことはなく、いただき物では、たくさんのいろんな種類の開運堂のお菓子が
今まで私の胃袋に収まってきたわけだけど
自分自身で 開運堂 に行ったのは、実は初めて。
堂々とした本店も、数寄屋造りの茶室もある開智学校の近くの松風庵も
「都市景観賞」みたいなのを受賞している、松本を代表する?建物だったりもするらしいけど
今回行ったのは、常念岳を望む、長閑な安曇野のお店です。

開運堂1

芍薬が満開で、噴水から水しぶきがあがって、とても静かで美しいお店でした。

開運堂2

芍薬・・・大好きなお花です。白いのがいちばん好き。

開運堂3

このドアノブもこのお店のシンボルですよね。思わずシャッターを押してしまいました。

喉が渇いていたので、何か冷たいものでも飲もうということになり
(でも、お茶だけで済むはずがなく)
頼んだのがコレ。

開運堂4

黒蜜白玉&アイス抹茶のセット。涼しげでしょう・・・。
目にも口にも幸せなひと時でしたよ♪

御菓子司 開運堂/あづみの菓遊庭
安曇野市三郷温6955−1
TEL 0263-76-5060
9:00〜18:00/年中無休 

takamaien_n at 22:11|PermalinkComments(5)TrackBack(1)

June 07, 2007

信州のみそ蔵

信州人は味噌が好き♪

私の家でも味噌を作っているのに、人から美味しい味噌をもらうと嬉しいもの。
近所のおじちゃんに、
通称、醤油豆=「おかずもろみ」っていうのを、頂いた。

何だかくさくて(笑)、塩辛さがちょうどいい塩梅で
ごはんがすすむ〜って感じだったので、「これどこの?どこの?」と尋ねると
「新田醸造・・・っていう坂城の店のだ。オレは、あの辺りに行ったら、必ず買ってくる!」
とのこと。

先日、そちら方面へ出かけた折、「そうだっ!」と思い出すことが出来たので
立ち寄ってみました。

新田醸造2

大型バスが何台も入れそうな大きな駐車場があって
こんな建物がどーんとそびえて?います。
味噌蔵見学ができるし、信州と言えば、お味噌や漬物!といったわかりやすい商品なので
団体旅行の恰好のコースに組み込まれていると見た。

新田醸造1

この暖簾の向こうには 味噌ソフトクリーム まで、売っていたりする。

新田醸造3

今回、私はこの「黒大豆味噌」というのを買ってみた。真っ黒なの!!
黒大豆の発酵した味は、赤味噌や、あとはトウチや甜面醤などの風味に似ているので
このお味噌を、ホイコーローに使ってみたら、大成功。

これからもいろいろ試してみたい感じです。

新田醸造有限会社
長野県埴科郡坂城町南条7112
TEL:0268-82-2782

takamaien_n at 22:23|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

June 06, 2007

雲の上の露天風呂

信州、小諸の温泉といえば・・・他にも有名なところがあるけれど
ここの温泉は、テレビなどでもよく取材を受けることが多いので、ご存知の方も多いのでは?

常盤館1

菱野温泉の「常盤館」は登山電車でいく露天風呂で有名な温泉宿。
日帰り入浴ができるのも嬉しい限りです。

常盤館2

これが乗り場。駅構内?に入るとアナウンスが流れて、ブザーが鳴ると出発進行!
期待感が高まります♪

常盤館3

車内はこんな感じ。私、子供みたいな人で、じっと座っていられませんでした(苦笑)

常盤館4

ちょうど真ん中で、下りと上りのケーブルカー?がすれ違うようなつくりになっているの。
おもしろいでしょう?

常盤館5

そして、標高1,050mにある雲の上の露天風呂からの景色は、こんな感じです。
その清々しさといったら、ハダカなのも忘れて、思いっきり大きく伸びをしたくなるほどです。
遮るものが何もないし、高原を吹く抜ける風が涼しいので顔がほてることもなく
あまりにも気持ちがよくて、鳥の声と風の音にすっかり癒されて
つい、長湯をしてしまいます。
本とか読んでたら、2時間くらいゆっくり入っていられそうなカンジ。

このときは平日の夕方近かったので、完全に貸切状態で、
私は、直径2メートルの大きな桶のお風呂の方で、仰向けになって、雲が流れていくのを
ずーっと眺めていました。

常盤館6

このちっちゃい方の桶は熱くて10秒くらいしか入っていられないんだけど
常盤館8常盤館7

泡のお風呂はその分すっごくぬるめ、半露天の内風呂?も気持ちがいいし
何よりこのお風呂は、ドリンクが飲めるのよー。めずらしいでしょう?
ゆっくり寛いでくださいね・・・という配慮なのでしょうが
脱衣所の暖簾の向こう側のテーブルまで、デリバリーまでしてくださるんです。親切!

常盤館10

でも、私はお風呂上りまでガマンして
新緑のお庭を眺めながら、つめたーい甘酒をいただきました。最高だったな〜。

常盤館9

この緑もかなり癒されるけど、紅葉の頃もステキでしょうね。
地元の方にも、都会の方にも自信を持っておすすめしたい温泉「雲の助」です。
お湯は透明で、無臭のサラサラ系。

菱野温泉 常盤館
長野県小諸市菱平762-2
TEL:0267-22-0516
日帰り入浴¥1,000
(日帰り入浴時間は11:00〜19:00 時間が長いのも嬉しいの♪)

takamaien_n at 23:53|PermalinkComments(6)TrackBack(4)

June 04, 2007

軽井沢のパンは美味しい!(よね?)

軽井沢のパン屋さん ブランジェ浅野屋 と言ったら
このブログで紹介するまでもなく、超有名なところで
観光客でいつも満杯のお店。道行く人も、浅野屋の袋を下げている人がほんとに多い。

東京ミッドタウンにも出店して、ますます拡大中!!みたいだし
軽井沢で3店舗、東京で3店舗だもんねー。
ここのところ、パンの種類もますます充実してきたし
パン以外の商品のラインナップも、楽しい感じになってきたような気がする。

仕事でもお世話になっているし、月に1回くらいは行っているパン屋さんです。

そんな中で、私のいちばんのお気に入りはコレ。
浅野屋1

ドライトマトのタプナート。
自分でも作ってみたいけど、微妙な甘みのバランスが難しそうだなー。
これがあると、朝食の量が増えます(苦笑)

浅野屋2

あと、もうひとつのお気に入りが、フィナンシェ。
筒型のパッケージに入っている、細長い、珍しい形のフィナンシェ。

浅野屋3

これは、メープルシロップ味のフィナンシェ。すごくしっとりしています。
私は、これを食べるときまって牛乳が飲みたくなるの。

おすすめです。

ブランジェ浅野屋
北佐久郡軽井沢町軽井沢旧道738
TEL:0267-42-2149 
無休(1月〜3月:水曜休み) 
8:00〜18:00/夏休み中は7:00〜21:00

takamaien_n at 21:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

山羊のいるカントリーオーベルジュ

6月に入って、軽井沢も、やっと山の緑が濃くなってきた。大好きな季節です。

なのに・・・4月の写真なんかアップして、ずいぶん季節はずれでごめんなさい。
でも、思いがけず楽しい体験ができたので・・・。

たんぽぽ堂7

青木村にある たんぽぽ堂 さんを訪れたのは、ほんとに偶然。

たまたま立ち寄った道の駅で(またかよ・・・)
たんぽぽ堂さんの、チーズとパンフレットをたまたま発見して
近くだし、せっかくだから、現地で買おうよーと思って、行ってみたんです。

でも、桜も終わり、コブシが終わりかけの、新緑にはまだ早い
中途半端なそんな時期に(それも平日の夕方)訪れる人はいないらしく
たんぽぽ堂のお父さんが、ビックリした顔で
「え?わざわざ来たの?あ、そう?まあ、寄っていってよ。今準備するからね。
あっちに山羊がいるから遊んでおいで」---なんて
優しい言葉をかけてくれるものだから、思い切り遊んじゃいました。

たんぽぽ堂2

ゆきちゃんがいる〜っ!と、私はずいぶんはしゃいでしまった気がする。
(私、実は"ハイジ"が大好きなもので・・・)

たんぽぽ堂3

だって、だって可愛いんだもの。子やぎたちは、土手を飛び回っています。

たんぽぽ堂4

えさを勝手にあげちゃったけど、みんな夢中で食べてましたよ。

たんぽぽ堂5

か、かわいい♪ でも、ちょっとコワイ?!

たんぽぽ堂6

ここでは、こんな商品が買えます。フレッシュチーズのクアルクはとりあえず
サラダにトッピングして食べてみました。
ドレッシングと絡まるとまた美味しい。パンケーキにのせても美味しいかもなー。
チーズケーキにしたらどんな味になるのかなー?

カマンベールは信州産のくるみとあわせてある。いいねー、いかにも信州っぽいわ〜。
いろいろ試してみたけど、やっぱり信州産のものがいちばん美味しくてなじむのだそう。

飲むヨーグルトは、山羊のお乳で育ったKUROが、独り占めしてました。


実はここは、農業体験をしたり自然を楽しんだりしながら滞在できる場所なんですって。
下のヤギちゃんたちの小屋から見上げたロッジ。

たんぽぽ堂8

お母さんが、美味しい料理をつくってくれるそうで
1泊2食付きで、大人は¥8,400で楽しい体験ができるみたいです。
お子さんも年齢に応じて子供料金の設定あり・・・。
夏休みにもいいかもね。
詳しくはウェブサイトをご覧になって。

近くには、いかにも湯治場・・・な風情の 田沢温泉 もあります。車で10分くらいかな。

たんぽぽ堂1

乳搾りもできるのかしら?

ファーマーズロッジたんぽぽ堂
長野県小県郡青木村大字田沢1617
TEL:0268-49-0008

takamaien_n at 19:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 01, 2007

ここでのんびりするのが目下の目標?!

軽井沢にのんびりした雰囲気のカフェが半月くらい前にオープンした。
嬉しいな。

カフェイーナ1

まだテイクアウトだけしか出来てなくて
ここでのんびりする時間が過ごせていないのが、淋しい限りなんだけど。

朝7:00からやっているので、
朝のお散歩途中のご夫婦や、別荘の方、割とお年が上目の仲のいいご夫婦が
窓際の席で、ほっこりしているのを見かけます。

オープンのお祝いにいっぱいお花が届いたりして、そこはまるでお花屋さんのようでした。
カフェイーナ4

奥の方にはテラス席があるし、何よりも私が気に入っているのはこの場所。
この南米の?太鼓が置いてあるコーナー。
でも、仕事モードへ切り替えが出来なくなっちゃいそうだなー。

カフェイーナ2

オーナーのNくんは、優しくて穏やかでほんわかした雰囲気の人。
ちょっとだけ一緒に仕事をしたことがある。
帽子・・・よく似合ってるよね。これからもがんばってください!応援してまっす♪

カフェイーナ3

私がテイクアウトしたのは
ふわっと花の香りがする"すみれのコーヒー"とグレープフルーツのタルト。
6月になったらメニューをガラっと変えるって言ってたなー。楽しみ♪
また行ってみなくちゃっ!!

Natural Cafeina/ナチュラルカフェ・イーナ
軽井沢町軽井沢東25(東雲交差点角)
TEL:0267-42-3562
7:00〜19:00 お休みは水曜日・・・かな?

takamaien_n at 19:46|PermalinkComments(6)TrackBack(0)