お土産

February 28, 2008

明宝 vs 明方

おっとっと。気がついたら、もう2月も終わりなんですね。
今月は、家でほとんどPCの電源を入れることがなく過ぎ去ってしまった。
というのも・・・2月はウィンターシーズン真っただ中。
ワタクシ“休みという休み”を、すべてスキーにつぎ込む日々を送ってしまいました。

仕事から21:00頃帰宅して、お風呂に入って準備をしたら、夜中のうちに移動をして
2〜3日間の休みは雪山で過ごすというような生活。
20年も前の『私をスキーに連れてって』にインスパイアされまくってた頃みたい?

でも…もう春になっちゃったね。淋しいな〜。

山生活はそれなりに刺激的で、たくさんの人たちとの出会いもあって
ブログに書きたいネタはそれなりに溜まってはいるのですが
山は超アナログ生活なのと、私はトロいので、荷物がいろいろと多いのと
今回は他にも気に掛けるべきことがたくさんありすぎて、デジカメを携帯する余裕が
ほとんどなかったの。

そんなこんなでネタのアップが出来ずに早1ヶ月…。
でも、そんな“山生活”の中でも、美味しいもの探しは忘れていなくってよ♪

今日はコレをご紹介したいと思います。

myogata

岐阜県は郡上の街の至るところに、のぼり旗が掲げられている「めいほうハム」
岐阜に行ったら 絶対「めいほうハム」をゲットしておいで!って言われていました。

メジャーなのは「明宝ハム」らしいの。
お土産屋さんとか道の駅とかで、派手に宣伝されているのは「明宝」の方。
でも、私が地元スーパーで手に入れたのは明方(みょうがた)ハムの方。
製造開始は昭和28年で、国産の豚もも肉で、独特の味を守り続けているんだそう。
この素朴なパッケージもいいではないですか!!
保存料、着色料、防腐剤は使っていないんだって。
こっちの「明方」の方は、岐阜県以外ではあまり流通していないとのこと。やった!
 
明方ハムと明宝ハムの違い(ウィキペディア)

中京圏ではたぶんスゴク有名なハムなんですよね?素直にとってもウマいっす。


明方ハム  by JAめぐみの  vs  明宝ハム  by 明宝特産物加工株式会社 

このハムに限らず、商品ラインナップが、こっちとは全然違うので
「スーパーめぐり」は
ほっといたら仲間を忘れて何時間も過ごしてしまいそうなほど、すごく楽しかった。

飛騨の郷土料理 鶏ちゃん焼き(けいちゃんやき)も、寮でみんなで食べたりしたけど
なかなかいかったよ♪

けいちゃんホルモンなど、飛騨名物もしっかりお土産にゲットできたのでホクホクでした。


飛騨高山も郡上八幡も大好きな街。
今はスキーの後に、温泉に入るぐらいしか時間が取れないけど
グリーンシーズンになったら、いつか長良川鉄道をゆっくりのんびり旅するぞ!って
今から決めてます。


takamaien_n at 22:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

September 29, 2007

重宝してますっ

しじみ汁

新潟の道の駅で買ったこの瓶。最近、活躍しています。

パンチの利いたしじみの風味なので
野菜や薬味の量を多めにしたスープにしていただいています。

『黒酢配合』ってところがポイント高いのよね。
寒天も入っていて、健康志向の高い逸品でございます♪

焼きおにぎりも---いける!
隠し味にするのも、なかなか奥の深い味になっていいみたいなのだよね。

新潟じゃないと売ってないのかな。リピートしたいぞな。

takamaien_n at 23:51|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

September 26, 2007

総本家の味

にしんそば01

京都でお仕事をしている方からいただきました。
京都で蕎麦といえば、にしんそば・・・なんですか?
私、にしんそばって、初めて食べた気がします。
会席のコースとかで食べたことはあるのかもしれないけど、蕎麦だけって初めてかも。

関西風の薄くて品のある出汁に、棒煮のにしんの甘くて濃い味がマッチして
そして蕎麦にしっかり絡んでいく・・・すごく計算された老舗の味って感じがしました。

にしんそば02

高級珍味な風格漂う、大きなにしんは、ウチの大ぶりのどんぶりも収まりきりません。

「松葉のにしんそば」って京名物のひとつですよね。
貴重なものをありがとう、Iくん。

総本家にしんそば 松葉
TEL:075-561-1451


takamaien_n at 16:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

August 21, 2007

ネーミングが素敵!

富山の銘菓に続いて、三重県・松阪の銘菓。

老供01

初めていただいた和菓子でした。見るからにお上品な薄い和紙のパッケージ。
何より、この「老供」というネーミングが、とても和菓子らしくて気に入りましたわ♪

老供02老供03

この模様はが中国の後漢時代の瓦を模ったものだそうで
その昔は「古瓦」と呼ばれていた御菓子だったそうですが「老供」の方がずっと“あはれ”な感じ。
最中には 延年・・・と書いてあるのだそうで、つまり 不老長寿 の願いが込められいる?
末長くご愛顧くださいまし・・・という願いも込められているのですよね、きっと。

そして、この御菓子、中はふつうの餡子かとおもいきや、なんと羊羹なのでした。
へぇ〜、こんなん初めて。

老供04

あんこじゃなくて、羊羹にしたのは、日持ちを考慮してのことだそう。
夏でも美味しくいただけて嬉しゅうございます。

柳屋奉善

takamaien_n at 23:58|PermalinkComments(4)TrackBack(1)

もうひとつ富山みやげ

甘金丹

グルメなツマさんと三束雨さんからコメントをいただき
改めて和菓子は水が命なのだわ・・・と実感。

富山県 恐るべし! ・・・と思っていたら、また富山みやげをいただきました。

これは富山版「萩の月」?
不破福寿堂の「鹿の子餅」や 林盛堂本店の「おわら玉天」とは
だいぶタイプの違うお菓子だけど、富山のお土産ではいちばん頂く確立が高いですよね、コレ。

富山といえば [ 薬売り ]
薬の効用を書いてあるかのようなパッケージがナカナカ可愛いですね。

そういえば・・・もらって嬉しいお土産ナンバーワン(ってテレビでやってましたね)の
「白い恋人」の石屋製菓、社長は引責辞任するみたいですけど
今後どうなってしまうのでしょう。
台湾で「白い恋人、11年前から心は黒く・・・」って報道されたそうですね。
あーあ。

ほんと残念です。

リブラン
栄町リブラン総本店
富山市栄町2-1-5
TEL:0120-084688
9:00〜20:00

takamaien_n at 23:11|PermalinkComments(2)TrackBack(3)

August 18, 2007

“きれいな水”で思い出した

富山に行くという弟に、急いでメールして買ってきてもらった富山の銘菓「月世界」
富山って水がキレイな街なんですよね、確か・・・。

月世界01

お上品なパッケージのこの和菓子。
創業以来、110年という長い年月、富山の代表的な銘菓であり続けているらしい。
その姿が暁の空に浮かぶ淡い月影にも似ていることから、つけられた名前「月世界」

月世界02

サクッとした食感なのに、舌の上にのせるとでホワワワワ〜ととけていく
あまーい和製メレンゲみたいなお菓子。
そのほわーんとした雰囲気は
まさに月の光みたいに柔らかくて、優しくて、少し頼りなげで・・・でもいつもそこにある
「月世界」なんてなんて素敵なネーミング。

でも、上品な甘さ・・・って書いてあったけど、私はかなり甘いと思ったけどなー。
食べすぎ?

最上の和三盆と白双糖と新鮮な鶏卵と寒天を煮詰めた糖蜜とで出来ているらしい。

とってもとっても繊細なので、箱から出して一晩置いたら、食感が変わってしまった。
湿気てしまって、歯にくっついちゃう感じになってた。
だから、過剰に思えた 兎の柄の箱⇒塩ビの袋⇒和紙の包み紙 のパッケージだったのね。

お茶にも珈琲にも合うらしいよ。
上品だし、軽いしお土産にぴったりかもー。

月世界本舗
富山市上本町8-8
TEL:076-421-2398

takamaien_n at 22:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

August 11, 2007

松本ってだから好きさ♪

弟の彼女が松本にしばらく住んでいたことがあって
私の大好きな街[松本]から美味しいものをいろいろ運んでくれる。

先日、実家に帰ったら、私が次にチェックしたいと思っていたチーズケーキが冷蔵庫に入っていて
もしや・・・と思ったら、案の定 彼女の心遣いだった。いつもありがとうございます。
私は思いがけずご相伴に与ったわけだけど。

okura01


夕方にお店に行ったら大抵は売り切れているというココのチーズケーキ。
3種類のチーズをブレンドして作るんだそう。コクがあるのにしつこくない。
その秘密は、ヨーグルトとサワークリームにもありそうです。
マイルドなまったり感がナンともいい具合です。

okura02

美味しいからついつい食べすぎてしまいがちなんだけど、もし残ったら
・・・というか 「もうちょっと食べたいな」 に留めておくのがオトナなんだぞ。
と、私をたしなめた弟は
小さなピース切り分けて、丁寧にラップをかけ、冷凍してくれました。

おかげで今日、遊びに来てくれたお友達とのデザートタイムにも活躍。
何度も楽しませていただきありがとう♪

手造りチーズケーキOhkura
長野県松本市大手4-2-8
TEL:0263-34-5131
クール便で送ってくださいますよ。

takamaien_n at 01:43|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

April 12, 2007

職人技のサクサクパイ

地元ではちょっと有名なパイ専門店。
結婚してからは、遠くなってしまったので
ここのパイを食べる機会が減ってしまったけれど
以前、働いていた職場ではもらって嬉しいお土産ナンバーワン!だった敷島屋のパイ。

小海を通ることはあっても、なかなか寄るチャンスにも恵まれずにいたけど
この間、ふいに思い立って、やっと行くことが出来ました。

お店は、とにかくわかりにくい場所にあるのです。
小海線の小海駅の裏側みたいな場所。坂道を登った狭い住宅道路沿いにある
ほんとに小さな小さなお店。

でも、小海住民なら、絶対に誰でも知っているお店な(・・・だと思う)ので
小海駅あたりまで来たら、第一村人に尋ねるがよろし。

坂の下からはすぐには見分けられないほどの控えめな看板。
shikishimaya01shikishimaya02

店内に入ると可愛い手描きのサイン。微笑ましいでしょう?

shikishimaya03

ご夫婦ふたりでやっていらっしゃる自宅に続く小さなお店なので
店内にはふたり入れば、いっぱい!というくらいの大きさ。

shikishimaya04

パイを本気でつくろうと思ったら
すっごい手間暇かかりすぎて(完成までに3日を要するのだそう)
夫婦ふたりでこれが限界かしらね。
小海町の人口も、もちろん関係しているとは思いますが。

ここのパイのサクサク感は、ちょっと他では得られない。
軽いのにしっかりしてて、絶妙な塩加減と生クリームやカスタードクリームとの一体感。
職人の技を感じえずにはいられません。

shikishimaya05

油断したら生クリームがダレちゃった。

shikishimaya06

反対側からも・・・。
季節によって旬のフルーツを使ったいろんなパイがお目見えするんだけど
つい手を出したくなっちゃうのは、この「バナナパイ」だなー。

今は「ストロベリーパイ」が旬。
イチゴの甘酸っぱさとクリームの甘さのバランスのよさに
思わずニンマリしてしまいます。
秋には「紅玉パイ」が大人気♪ 
りんごとチーズスフレのパイっていうのに、今年の秋は出会ってみたいわ。

高原列車で有名な小海線に乗ることがあったら
国道141号線をドライブすることがあったら、思い出してみてね♪

パイの家 敷島屋
長野県南佐久郡小海町小海4406-4
TEL:0267−92−4342
10:00〜19:00/月曜休

takamaien_n at 23:25|PermalinkComments(4)TrackBack(3)

February 09, 2007

ただいまぁ〜

皆さま、留守にしている間もコメントやトラックバックを送ってくださって
ほんとうにありがとうございます。

おかげさまでリフレッシュしてくることができました。
どこに行ってきたのか…といいますと、・・・往復1400キロの『みちのくふたり旅』

ほんとは海外に行こうと思って8日間くらい休みは取っていたのですが
何だかんだと休みを侵食してしまい、残りが3日になってしまったので
じゃあ冬の京都にでも行こうかな・・とガイドブックまで買いました。
しかし!待てよ・・・今年は京都には雪がない。寒くない。
だったら桜や紅葉の京都がいいわよね〜。
去年は九州に行ったので、今年は北じゃ!んじゃ、東北だ〜!雪見の露天風呂じゃ〜っ!
---いうことで、数日前に急遽、お宿を予約して行って参りました。
名付けて東北“ぬくとまりツアー”

でもね、東北も雪があんまりなくて、2日目は雨だったのよ。
2月のあたまなのに、すごく暖かくて調子くるっちゃうよね。
予想していた景色とだいぶ違いました・・・。でもすっごく楽しかったです。
北東北は初めて足を踏み入れたエリアです。

温泉でいっぱい汗は流してきましたが、予想通り美味しいものをひたすら食べ続け、
身体にもココロにも、いろーんなものが溜まっております。
写真もこれでもかというくらいいっぱい撮ったので
このブログで、その堆積物?を少しずつ紹介していきます。
(たぶんしつこいくらいだと思うけど、許してね)

お土産も皆さんにお届けしたいところですが、なかなかそうもいかないので
写真とお話でお許しを。

ではお土産その1
秋田の小京都、角館(かくのだて)の名店 唐土庵いさみや の 『もろこしあん』
もろこしこまち1

秋田名物のもろこし・・・って、正直言って、私は今まで美味しいと思ったことがありませんでした。
でもここのをお店で試食させていただいたら、あまりにも美味しくて
カルチャーショックだったくらいです。

これは、北海道つぶ餡の中に生もろこしを入れて、あきたこまち米で包んだお菓子。
冷たくして食べると美味しいの。

もろこしこまち2

“もろこし”って、中国がルーツの打物。中国のコト、唐土=もろこしっていうもんね。
中国から渡ったお菓子・・・という意味なのね。

他にも『もろこしあん』と『生もろこし』もありますので、また後日ご紹介しますね。

唐土庵いさみや
秋田県仙北市角館町(町内に3店舗あり)
オンラインショップあります♪

takamaien_n at 23:31|PermalinkComments(10)TrackBack(6)

January 23, 2007

信玄つながり・・・

桔梗信玄餅1

「桔梗信玄餅」
山梨のお土産といったら---思い浮かべるのは、まずコレだよね。
今までに何度もいただいたお土産だけど
今年は、きっとさらに売り上げを伸ばして全国いろんなところで手に入るようになるんだろうね。
タイムリーな銘菓でござい。
この「信玄餅」が有名になったのは、大河ドラマ「天と地と」の影響がすごく大きかったそうだから
ききょうやさんは、今年はまた別の「風林火山」っていう
もみじ饅頭みたいな和菓子を開発して売り出し中らしい。

この「信玄餅」いろんな賞もたくさん受賞している銘菓だけど
かつて国土交通省主催で
外国人にとって魅力あるおみやげ:魅力ある日本のおみやげコンテストで
銀賞を受賞したそうな。
風呂敷包みのパッケージ、確かに外国人受けしそうだね。

桔梗信玄餅2


安倍川餅ちっくな、この信玄餅は何といっても、この黒蜜がミソだよね。
甘さ加減、風味、舌触り・・・他のとはだいぶ違うな〜。

takamaien_n at 20:53|PermalinkComments(10)TrackBack(0)