くるみ

May 16, 2007

花の寺 前山寺

今年の春は仕事のオフ日が少なかったこともあり(やりくり下手の言い訳ですが)
この花の美しい時期に見頃を逃してしまい、残念だったけど、
それでもカメラに収めたままでは
せっかくの写真も、いつまでも日の目を見ずに可哀相なので・・・。
前山寺1

桜の季節の終わりかけに出かけた上田の前山寺。

前山寺2

別名「花の寺」とも呼ばれるこの真言宗のお寺は
都会から遊びに来た人に、ぜひ連れていってあげたい場所のひとつ。

前山寺3

この「未完成の完成の塔」と呼ばれる三重搭のまわりには
そろそろ藤の花が美しく咲き乱れていることでしょう。

今年は、紅葉が綺麗な季節になったらまた行ってみたいと思っています。
あああ、でも紫陽花の季節もきっと美しいことでしょう。
写真のお好きな方は、ぜひお出かけくださいませ。

前山寺4

この庫裏のお座敷から眺めるお庭も静かで、心が落ち着きます。
いいですね、休日にお寺で、じっくり物思いに耽るというのも。
ずっと、そよそよと吹く風に吹かれて縁側に座っていたい気分です。

冬の境内も静けさがより一層際立つことと思いますが、前山寺に行ったら
ぜひこのお座敷にはお邪魔して欲しいので、冬はちょっとね・・・。

何故って・・・
前山寺5

理由はコレ。
くるみおはぎの、お接待。冬の間はないんです。このサービス。
上小エリア(上田市&小県郡)の名物のくるみ。
その香り高い おにぐるみ のタレをたっぷりつけていただく、この「くるみおはぎ」が
前山寺のもうひとつの顔。すごく美味しいです。
この日、お座敷でご一緒させていただいた富山から来ていたという初老のご夫婦は
初めて頂きました・・・といたく感動されていたご様子でした。

向付の 梅のしそ巻 も、いいお味です。
あ〜、お尻に根っこが生えそうです。

真言宗 智山派 獨股山 前山寺公式サイト
長野県上田市前山300
TEL:0268-38-2855
花や緑に囲まれた美しい前山寺の様子は
このサイトの「四季のうつろい」というページでぜひご覧になって。

「くるみおはぎ」の接待は700円(予約をした方が安心かも)
金曜はお休みみたいです。

takamaien_n at 23:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

September 21, 2006

何でもかんでも…

私が嫁入りして、結構カルチャーショック?だったことのひとつ。

上小(じょうしょう)地区=上田市、小県郡エリアのことを略してこう呼びます…の
胡桃の消費量はきっと日本一です。(私の勝手な想像だけど)

料理という料理に(・・・と言ったら大袈裟か)やたらと胡桃を使います。
胡桃の入った料理は、10種類くらいはすぐに思い浮かぶの。

例えば
野菜の和え物は胡麻じゃなくて胡桃だし
おはぎもアンコやきな粉より、断然、胡桃と砂糖がメジャー。
うどんや蕎麦、そうめんなど、麺類のつけダレにもたっぷり胡桃。
お菓子は和洋問わず、胡桃がトッピングされたり、練りこまれたり、具になったり
あの手この手の商品展開。
戸棚の中には、胡桃と小魚の佃煮が常備されている。
パンにつけるのは、ピーナッツバターよりくるみバター。

ちょっとあげただけでも、こんなにある。

そんな胡桃三昧な食べ物の中で、本日のお題。

胡桃団子


















見たとおりです。胡桃団子。
甘辛い味噌と香ばしい胡桃のバランスが絶妙なんだそうだ。
私は、素直にアンコの方が好き。美味しいとは思うけど、アンコの方が好き!なの。

でもトライしてみる価値は十分あると思う。
コレは、お餅が美味しい「大島屋」さんっていうお菓子屋さんのもの。
長和町の道の駅『マルメロの駅ながと』敷地内にお店があります。

おやきとかも有名なんだけど、個人的には 切り餅 が、超おすすめ!
豆餅、海苔、桜海老、きび・・・などのバリエーションがあり。豆餅の塩加減が絶妙!
先日のアウトドアパーティでも、大人気の一品だったね。

むかしの長門町の子供たちは「大島屋」さんのパンで大きくなったのだそうです。

ながと製菓・大島屋
長野県小県郡長和町古町
TEL:0268-68-0151
9:00〜17:00/月曜休

takamaien_n at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(1)