アウトドア

October 01, 2007

ただの山

「週末は仕事」という職種のため、みんなで都合を合わせてどこかに行ったり遊んだりするのは
実はかなり至難の業だったりする。

たった一日のデイキャンプをするのに
アウトドアだから、天気の影響をもろ受けると言うこともあり、ナンだカンだと
実現するまでに、結局半年近くかかってしまった。

武石キャンプ

ここは ただの山。 なかなかの、いいスペースを見つけちゃいました。
渓流も滝もトイレも近くにあって、広々として車も乗り入れることが出来るし
なんてたって、車も人も、ほとんど来ないのがいい。
峠を越えていくバイクが、たま〜にエンジンをうならせて通り過ぎるくらい。
ここは上田市のはずれ。

こんなに気持ちよくて、これだけの条件が揃っているのに ただ=¥0なんて 有難い話だ。

武石キャンプ02 
今回のデイキャンプのメインディッシュは 鴨肉の塩漬けのスモーク。

鴨をオレンジジュースと塩水に一昼夜漬け込んで、余分な脂を落すために
高温でスモーク(チップはヒッコリーだったかな)

結構、塩味をキツくしておいたので、オレンジママレードを添えていただいたら
とってもいいカンジ。
だから、N支配人からいただいた、たっぷり澱の溜まったボルドーが進むこと進むこと。

サーモンとカツオの冷燻と畑で採りたてのミョウガのサラダもたっぷり!

それから、煮タマゴの燻製に、ソーセージ、ししゃもの燻製などなど
これでもかっていうくらい燻しちゃったなー。つい、ね。やりすぎちゃうんだよね、いつも。

武石キャンプ03
他にも、トマト、ナス、かぼちゃにズッキーニ、パプリカなど、採れたて野菜が目白押しだったので
ダッチオーブンで、ミネストローネをたんまり作ってもらいました。
たまたま、とても美味しいドライトマトがあったので、それを入れてもらったんだけど
フレンチのシェフが作るミネストローネは、私など全く足元にも及ばぬくらいの絶品スープで
同じミネストローネとは、到底思えないくらいの出来栄えでした。まさにプロの味。

お腹の張りも限界に近づいたので、渓流沿いを皆でノロノロと散歩。
---500mくらい先に橋が架かっていて、その先には静かな東屋があります。

武石キャンプ04

そこからは、こんなに涼しげな風景が。

daycamp05

上流には滝もあって、滝壺まで降りられるようになっているの。
(一部、崩れている場所もあるけどね・・・危険)
マイナスイオンが充満して、ここからしばらく動きたくないくらい気持ちがいいんだけど
“涼しい”を通り越して、寒くなっちゃうんだよね・・・。

武石キャンプ06


レンズを覗いていたときには、まさかこんな風に写るなんて思ってもみなかったんだけど
世界は光に満ち溢れているんだな〜と、実感させられるような1枚が撮れました。

武石キャンプ07
さらに、滝の上流にまわると、今度はこんなに綺麗な浅瀬が広がっているので
大の大人が10人も集まって、童心に帰ってしばし水遊びをしちゃった。  それにしても静かだ。

この秋には、きのこパーティで、また集まれるといいんだけどな〜。


takamaien_n at 00:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

September 22, 2007

数年ぶりに・・・

キャンプ場というところで、テントを張りました。
いつもは適当に渓流沿いとかで野営をするのですが
今回は諸事情により、ちゃんとお金を払ってテントを張らせていただきました。

場所は雨飾キャンプ場。とっても静かでいい場所です。
少し白馬方面に下ると、ファミリー向けの大きなキャンプ場があるんだけど
ここは新潟との県境、雨飾山の麓にある割とマイナー系?登山者向けキャンプ場といった趣。

雨飾山キャンプ01

ゆっくり準備をして、のんびりして、露天風呂に入ってきたら
だんだん日も落ちてきたので、ランタンに火を灯しました。
キャンプはコレが好き。

雨飾山キャンプ02

今回のキャンプは肉はナシ。ホタテとエビにと夏野菜。

雨飾山キャンプ03

そして焚き火のそばで、星を見上げながらバーボンでゆっくり夜更かししようかな・・・なんて
目論んでいたんだけども、登山者ばかりのキャンプ場なので
他のテントはあまりにも早く静かに、真っ暗になってしまうし
何だか物音をたてるのも憚られる感じで、バーボン一杯だけで眠気に襲われ
あっと言う間に就寝-----あれれれれ?

雨飾キャンプ場(注:野鳥の鳴声がします)


takamaien_n at 00:08|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

August 17, 2007

夏のお約束

お盆を過ぎ、少しずつでも涼しくなってくると思いたい今日この頃・・・
でも、もうしばらくは暑い日が続きそうなので
カメラに残してあった、涼しげな画像などお届けしたく・・・。
nagato01

先日、実家のじゃがいも掘りを手伝ってくれた
妹と甥っ子にお礼を兼ねてちょこっとだけ遊びに行った渓流の写真です。
これは橋の上から見たところ。

途中までは車で行かれるんだけど、途中からは徒歩で数分、林道をくだっていきます。
蓼科の御泉水自然園の伏流水を源流としている渓流なんだけど
もうとにかく水が冷たくて冷たくて。
nagato02

水源にもかなり近い上流なので、水の量も大して多くないし
川底が岩になっているところが多いので、子供でも歩けるけど
何しろ水が冷たすぎて、長いこと足をつけていられないの。
30秒が限界かな。
大きな石に腰掛けたりしながら、少し休みながらじゃないと、先に進めない。

nagato03

水は抜群にキレイなんだけど、水遊びできるような環境じゃないのよね。
心臓マヒしちゃうっ。
まわりは木がたくさんで、ほとんどが木陰なので、そこに15分もいたら
冷え冷えしてくるくらい。
しばらく遊んで、十分に“涼”を取ったら、今度はお約束の長門牧場へ。
去年は、大河ドラマ「風林火山」のロケ地にもなったところ。
最近の回でも、KUROがよくきのこ採りに行くスポットなども含め
見覚えのある場所や、この界隈がロケ地としてたくさん出てきているようです。

nagato04nagato05

甥っ子のRyoは、トラクターと動物が大好きなので
牧場は大のお気に入りスポット。
ソフトクリームを夢中で食べ、馬と牛に草をあげ、飽きるまでトラクターごっこをして
休日を満喫しました。

私たちも、こだわりバターや瓶詰め商品をいくつかゲットして満足!

長門牧場
長野県小県郡長和町大門3539-2
TEL:0267-55-6969
10:00〜17:30(レストランは火曜休)

takamaien_n at 20:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

December 25, 2006

寒さ対策は足元から

メリー・クリスマス☆
みなさま、どんなクリスマスをお過ごしで?

今日はOFFでしたが、クリスマス・イブは毎度のことながらお仕事です。
我が家では、遅い時間に家に帰ってきてから
ビーフシチューとチーズと赤ワインでささやかなクリスマスディナーしました。

冬になって人もめっきり少なくなった軽井沢も
23日と24日は、そこらじゅうカップルだらけで、レストランもホテルも
ロマンティックがいっぱいv・・・でございました。
イルミネーションバスツアーも盛況で、道路も結構混んでいたみたい。
冬の夜の軽井沢でも、ラブラブカップルにとっては寒さなんてへっちゃらなので
毎年、軽井沢いちばんのイルミネーションスポット『恵みシャレー』は
駐車待ちの車でごった返すほどです。

恵みシャレー
ホワイトクリスマスin軽井沢

で、今日の話題は、別に軽井沢の話ではなく・・・
寒い冬にとっても重宝しているルームシューズの話。

mont-bell 02




















フリース素材で出来ているこのシューズ。
足首まですっぽり覆ってくれて、軽いのが気にいっています。
ソールが人工皮革で補強されているので、滑らないし
スタッフバッグ入れたらすっごくコンパクトにまとまっちゃうし、洗濯機で洗えるし。
旅行とかに持っていくのも良さそう。
KUROが誕生日にプレゼントしてくれました。足元がぬくぬくしていると幸せですね。

mont-bell 01




















山に篭っていた頃は
モンベルの熱烈ファンで、持ち物がほとんどモンベルって子が、同じスクールにいました。
アウトドアが好きな人なら必ず1つや2つお持ちでしょう。
私もシャツやニットキャップや細々としたもの、いろいろお世話になってます♪

mont-bell

takamaien_n at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)