イチゴ

April 12, 2007

職人技のサクサクパイ

地元ではちょっと有名なパイ専門店。
結婚してからは、遠くなってしまったので
ここのパイを食べる機会が減ってしまったけれど
以前、働いていた職場ではもらって嬉しいお土産ナンバーワン!だった敷島屋のパイ。

小海を通ることはあっても、なかなか寄るチャンスにも恵まれずにいたけど
この間、ふいに思い立って、やっと行くことが出来ました。

お店は、とにかくわかりにくい場所にあるのです。
小海線の小海駅の裏側みたいな場所。坂道を登った狭い住宅道路沿いにある
ほんとに小さな小さなお店。

でも、小海住民なら、絶対に誰でも知っているお店な(・・・だと思う)ので
小海駅あたりまで来たら、第一村人に尋ねるがよろし。

坂の下からはすぐには見分けられないほどの控えめな看板。
shikishimaya01shikishimaya02

店内に入ると可愛い手描きのサイン。微笑ましいでしょう?

shikishimaya03

ご夫婦ふたりでやっていらっしゃる自宅に続く小さなお店なので
店内にはふたり入れば、いっぱい!というくらいの大きさ。

shikishimaya04

パイを本気でつくろうと思ったら
すっごい手間暇かかりすぎて(完成までに3日を要するのだそう)
夫婦ふたりでこれが限界かしらね。
小海町の人口も、もちろん関係しているとは思いますが。

ここのパイのサクサク感は、ちょっと他では得られない。
軽いのにしっかりしてて、絶妙な塩加減と生クリームやカスタードクリームとの一体感。
職人の技を感じえずにはいられません。

shikishimaya05

油断したら生クリームがダレちゃった。

shikishimaya06

反対側からも・・・。
季節によって旬のフルーツを使ったいろんなパイがお目見えするんだけど
つい手を出したくなっちゃうのは、この「バナナパイ」だなー。

今は「ストロベリーパイ」が旬。
イチゴの甘酸っぱさとクリームの甘さのバランスのよさに
思わずニンマリしてしまいます。
秋には「紅玉パイ」が大人気♪ 
りんごとチーズスフレのパイっていうのに、今年の秋は出会ってみたいわ。

高原列車で有名な小海線に乗ることがあったら
国道141号線をドライブすることがあったら、思い出してみてね♪

パイの家 敷島屋
長野県南佐久郡小海町小海4406-4
TEL:0267−92−4342
10:00〜19:00/月曜休

takamaien_n at 23:25|PermalinkComments(4)TrackBack(3)