オーベルジュ

May 08, 2007

大好きなレストラン

トリュフの記事を書いて、デジカメの中に眠っていた写真のことを思い出しました。

primavera1

レストランがキャンドルの光と間接照明だったので
フラッシュをまともたくと、真っ白に飛んでしまうので、すごく撮るのに苦労した1枚。
あまり努力の甲斐は見られないけど・・・。その名もTHE「トリュフ」
この真っ黒なヤツが、トリュフです。
こんなに厚切りで、これでもかっ!くらいトリュフが並べ立てられたのは初めて!
下の白いドーム状なのは、メレンゲ。弾力のあるこのかまくらみたいのを崩すと
中からとろとろの卵の黄身が流れ出てくるの。
トリュフにそれをたっぷりつけていただきます。

ここは、軽井沢で私がいちばん好きなフレンチのお店「オーベルジュ・ド・プリマヴェーラ」で
仕事仲間と毎日遅くまで働いて頑張ったご褒美に・・・と奮発したディナーの写真。

primavera2

これは、隣に座った同僚のオーダーした「アンコウのテリーヌ」
もちろんフレンチだろうがお構いナシに、みんなでシェアして、ちょっとずつ頂きました(笑)

primavera3

その後の3皿くらいは写真もそっちのけで食べまくり、これは、ギャルソンの方が
チーズをサーブしてくれているところ。
せっかくなので、クセの強いのばかりを選んで切っていただきました。

primavera4

すると
やっぱり欲しくなるのは強い食後酒で、コニャックなんてものも飲んでみちゃったりして、
完全にオヤジ化しています。

primavera5

この後のデザートタイムもゆるゆると続いていきました。
これは、ここの看板デザートの「虹色のスフレ」
7層の味の違いが楽しめるし、見た目もすごく華やかな一皿です。

primavera6

これは、私がオーダーしたデザート。名前は忘れちゃったけど、とにかくイチゴスペシャル!!
イチゴがまるまる1パック分くらいお皿に載っていて飴細工もゴージャスなの!

本当に幸せなひと時でした。
ここはレストランでのお食事もさることながら、オーベルジュも、とっても素敵なんですよ。

友達が軽井沢に遊びに来るからどこかホテルを取って欲しい---と言われたら
“温泉”という指定がない限り、迷わず絶対ここを予約します。(自分が泊まりたい)

最近、旧軽銀座のテニスコート通りに、「エスプリ・ド・プリマヴェーラ」っていう
セレクト・ショップもOPENしたんですよ。
フレグランスやバスグッズなども取り扱っていたりして素敵なお店です。そちらも、ぜひ!!

Auberge de Primavera オーベルジュ・ド・プリマヴェーラ
長野県北佐久郡軽井沢町 1278-11
TEL:0267-42-0095

takamaien_n at 23:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)