スキー

January 10, 2010

お楽しみはコレ

熊の湯ホテル01

下の「熊の湯スキー場」記事の中のお楽しみ・・・とは、この温泉のコト。
15年も前から友達から行こう行こうと誘ってもらっていて、このたびやっと夢が叶いました。
あーウレシイ!ホントに嬉しい♪


源泉かけ流しの「熊の湯温泉」は、小熊ちゃんが傷を癒している姿を見かけた
佐久間象山先生が見出したと言われているそうな。

内風呂は総檜。
天井高く、太い梁がどっしりと渡っていて、床も湯船も黒光りして雰囲気あるの。

熊の湯ホテル02

珍しい黄緑色のお湯。濃厚な硫黄が生み出す色なんだって。つまり…ゆで卵臭。
そして、湯の花がいっぱい浮遊しています。

熊の湯ホテル03

露天風呂から空を見上げると、青空に雲が流れて・・・。
ずーっと眺めていたい衝動にちょっと駆られるのだけど、でも外は零下。

髪を洗った後に、露天風呂に入ってはいけません。


熊の湯ホテル・・・お風呂はもちろん、ホテルが適度にレトロで
アンティークな家具も置いてあって、でもロビーは広くて、カサブランカなんかも飾ってあったりして
んでもって、何と言ってもこのロビーの"スキーヤー柄"の絨毯が可愛いの♪

熊の湯ホテル04

お気に入りのホテルに仲間入り。

熊の湯ホテル

takamaien_n at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 09, 2010

雪の晴れ間

熊の湯スキー場01

志賀高原で、こんなにいい天気だったこと、私の経験で今まであったかなー。
それも今シーズンはちっともゲレンデに繰り出していないのに、なんて運のよい…。

神様どうもありがとう♪

1月8日 金曜日
松の内が明けて、連休手前…平日の熊の湯は、申し訳ないほどにすいていて
12時半前後のランチタイムには、ゲレンデがほぼ貸切。

熊の湯スキー場02
とにもかくにも!最高でした!!

すごく上手になるチャンスだったのに、あっという間にスキーを脱いでしまったことを
少しだけ後悔している私。
でもね・・・お楽しみがいっぱい待っていたからさ。

熊の湯スキー場 そして 志賀高原


takamaien_n at 23:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

November 19, 2008

冬支度

今日、初雪が舞いました。

9月頃にスキーの先輩方から
今年は寒い冬になりそうだぞ!何やら太陽の黒点が影響しているらしい!
・・・というウワサを入手し、世間話のテーマにしていた私。

その"寒い冬"の根拠は『富士山初冠雪94年ぶり記録更新』とのニュース。
それから
8月は太陽の黒点がぜんぜん現れなかった⇒つまり、太陽活動が活発ぢゃあなかったってことで
そういう年は、冬が早いんだって!!

予測どおりですね〜。

白馬では18センチもの積雪があって
「五竜」は21日OPENを決めたと、今ニュースでやってました。

そろそろ冬支度を…と思って、折しも、今日ちょうど
タイヤ交換をし、ファンヒーターを出して、10km弱のウォーキングをしてみました。
早めにチューンナップに出したスキー板も、実は明日戻ってくるところ。

ウォーキングなんて、一般的には冬支度とは呼ばないとは思うけど
私の中では冬に向けて何となくカラダを作っているつもりだったりする(悪あがき?:笑)

ニットのミトン
今日はこのニットのミトンをはめて(フリースで裏うちしてあるから、すっごく暖っかいの♪)
MBTを履いて、久しぶりにスタスタ歩いてみました。
風があったので、汗も適度に吹き消してくれて、快適だったわ。
MBTは不思議とどんどん足が前に出るので、ほとんど苦にならずに
佐久I.C.近くから中込まで歩いちゃって自分でもビックリ。

・・・で、中込のケーキ屋さん“ピータース”で自分用のお誕生日ケーキを買ってから
帰りは中込から岩村田まで、これまた久しぶりの小海線!

ピータースでは元計くんに逢えなくて残念だったけど
来週末のC.R.E.A.M Luxury Night Partyのスタンバイでお忙しいんでしょうね、きっと。

でも、元計くんのご活躍は、自分のことのようにすごくすごく嬉しい♪

それから、みんなメッセージとか、プレゼントとかどうもありがとう!!!!!
とっても嬉しいです。

takamaien_n at 19:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

February 28, 2008

明宝 vs 明方

おっとっと。気がついたら、もう2月も終わりなんですね。
今月は、家でほとんどPCの電源を入れることがなく過ぎ去ってしまった。
というのも・・・2月はウィンターシーズン真っただ中。
ワタクシ“休みという休み”を、すべてスキーにつぎ込む日々を送ってしまいました。

仕事から21:00頃帰宅して、お風呂に入って準備をしたら、夜中のうちに移動をして
2〜3日間の休みは雪山で過ごすというような生活。
20年も前の『私をスキーに連れてって』にインスパイアされまくってた頃みたい?

でも…もう春になっちゃったね。淋しいな〜。

山生活はそれなりに刺激的で、たくさんの人たちとの出会いもあって
ブログに書きたいネタはそれなりに溜まってはいるのですが
山は超アナログ生活なのと、私はトロいので、荷物がいろいろと多いのと
今回は他にも気に掛けるべきことがたくさんありすぎて、デジカメを携帯する余裕が
ほとんどなかったの。

そんなこんなでネタのアップが出来ずに早1ヶ月…。
でも、そんな“山生活”の中でも、美味しいもの探しは忘れていなくってよ♪

今日はコレをご紹介したいと思います。

myogata

岐阜県は郡上の街の至るところに、のぼり旗が掲げられている「めいほうハム」
岐阜に行ったら 絶対「めいほうハム」をゲットしておいで!って言われていました。

メジャーなのは「明宝ハム」らしいの。
お土産屋さんとか道の駅とかで、派手に宣伝されているのは「明宝」の方。
でも、私が地元スーパーで手に入れたのは明方(みょうがた)ハムの方。
製造開始は昭和28年で、国産の豚もも肉で、独特の味を守り続けているんだそう。
この素朴なパッケージもいいではないですか!!
保存料、着色料、防腐剤は使っていないんだって。
こっちの「明方」の方は、岐阜県以外ではあまり流通していないとのこと。やった!
 
明方ハムと明宝ハムの違い(ウィキペディア)

中京圏ではたぶんスゴク有名なハムなんですよね?素直にとってもウマいっす。


明方ハム  by JAめぐみの  vs  明宝ハム  by 明宝特産物加工株式会社 

このハムに限らず、商品ラインナップが、こっちとは全然違うので
「スーパーめぐり」は
ほっといたら仲間を忘れて何時間も過ごしてしまいそうなほど、すごく楽しかった。

飛騨の郷土料理 鶏ちゃん焼き(けいちゃんやき)も、寮でみんなで食べたりしたけど
なかなかいかったよ♪

けいちゃんホルモンなど、飛騨名物もしっかりお土産にゲットできたのでホクホクでした。


飛騨高山も郡上八幡も大好きな街。
今はスキーの後に、温泉に入るぐらいしか時間が取れないけど
グリーンシーズンになったら、いつか長良川鉄道をゆっくりのんびり旅するぞ!って
今から決めてます。


takamaien_n at 22:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

January 16, 2008

空気も凍る寒さ

takayama001

ここは地元のスキー場『ブランシュたかやま』に続く裏街道。
樅の木も多い、長和町の中でも、私が大好きな場所。。。
なので、春も夏も秋も、よく通る道ではあるのだけど…今回ほど感激したのは初めて。
思わず車を降りて、しばらく歩きながら写真を撮ることにしました。

ピンと張りつめたマイナス8℃くらいの森に、朝日がすーっと差し込み始めて
木の枝という枝が、キラキラと輝きだしだ。

これぞ、冬の里山の美しさ!神様ありがとう!

takayama02

こんな朝はゲレンデだって、最高ですvこれはリフトから撮影した一枚。
この日は、午前中はずっと雲ひとつない快晴。

新潟や北信のスキー場は、雪だったり、曇っていたりする日が多いけど
白樺湖エリアや東信のスキー場は晴天率が高いので、こんな景色に出会える確立も高くなるのが…
嬉しい。 しかし、ひたすら寒い。

takayama03

そして、これが山頂からの眺め。最高っす!中央アルプスの山並み。

この日は、練習の成果という意味でいえば
自分がイメージしていたようなスキーの仕上がりになったとは、残念ながら言い難いのだけど
でも、こういう景色に出会えただけでも、寒い中を出掛けて行った行った甲斐があったというもの。


takayama04

展望小屋の方へあがると、遠くに浅間山も。山頂の標高は1,710メートル。

takayama05


でもね、今回いちばん感激だったのはダイアモンドダストかなー。
なかなか巡りあえるシロモノではないので、しばし目をウルウルさせながら見とれてしまいましたよ。

肉眼で見たほどのキラキラ感は表現できなかったけど、何とか写ったみたい。
わかりますか?


今年からスキーヤーに転向した私は、実は今回初めて『ブランシュたかやま』に行ったのでした(汗)
地味ですが、すごくいいスキー場よ。上手なスキーヤーが多いから刺激にもなるし♪
スノーボーダーはいません。


スキーヤー・オンリー!ブランシュたかやまスキー場 公式サイト
ちょっと微妙なサイトだけどね(苦笑)

takamaien_n at 21:13|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

January 11, 2008

シーズン真っ最中!

昨日、あるウエディング雑誌の営業の方と、すっかり話し込んでしまいました。

今回は来年の予算組みの話がテーマだったはずですが
例によって例のごとく、それ以外のテーマが8〜9割!(仕事しろよっ!)
 
今回の、“それ以外のテーマ”は、私が年末に怪我をした話から始まり
=ウィンタースポーツとバブル時代のスキー場=

バブリーな時代のスキー場にはディスコもバーもあったし、メーカーの協賛もバンバンあって
ほんとに華やかな世界だったよねーという思い出話も楽しかったけど
特に、北海道出身の彼から聞いた「ガッチャ」のお話がすごく面白かった。

皆さんご存知ですか?通称「ガッチャ」=「雪スケート(もしくは機械スキー)」
ガチャスケート

これは北海道デジタル図鑑っていうところから引っ張ってきてしまった画像。
スケートの歯の部分だけですね。コレ。

私は下駄スケートっていうのは見たことがあるけど、「雪スケート」っていうのは、初めて聞きました。
要は、ブレード(スケート靴の歯の部分)をブーツに「ガチャ」ってはめて履くので
「ガッチャ」っていうらしい。
当日、札幌近郊では小学生はほとんど「ガッチャ」で通学していたんだって。
クラスメートは全員“光GENJI”!?(笑)
毎日の通学路がワンダーランドだったんだろうなー。
スキー板より断然小回りきくもんね。すごく早く登下校できそうですね…って言ったら
「楽しくていろんなところで遊びまわっちゃうから、余計時間がかかっちゃうんだよね、これが…」
とのこと。そうねー。そうねー。

雪国の子供はスキーで学校に行ってたけど、スケート靴で通ったっていう子もたくさんいるのかな?
雪も少なくなったし、そんな風に冬を過ごす子供たちが、今の日本に果たして居るのかしら。

私の住んでいるところは寒いけど、雪は少ないので、冬はもっぱらやっぱりスケートだった。
スケートクラブにも入っていたので、真っ暗な早朝から 田んぼスケートリンク にもよく行った。
(今日は滑れません…という日には、田んぼに赤い旗が立っているんだったよね)
諏訪や清里のスケートリンクや松原湖でも、スポ根アニメばりの鬼のような練習を
今から思えばよくやっていたよなーと思う。

そんな中での唯一の楽しみは、軽井沢スケートセンター にやってくるアイドルのショーだった。

トシちゃん、マッチの時代ですぜ。
ショーのある日は、熱いステージが繰り広げられるホールに入ることのできる休憩時間を夢見て
どんなに辛い練習も、鬼コーチの罵声にも歯を喰いしばって頑張れたものです。

でもさ、みんなトイレタイムが異様に長いんだよね。
でもね、トイレがそのコンサートをするホールの中にあるの。
だからみんなショーのある日は、おしっこが近くなっちゃうの。
んでもってトイレタイムの長いこと。トイレなんか行かずに後ろの方で
ジャンプをしながら、一目アイドルを見ようと必死だったなー。

熱気に包まれたその空間に身を置ける数分間が至福のひと時でした(笑)
大きなストーブがいくつも焚かれて黒いゴムマットが一面に敷かれた、ザワザワとしたあの空間。

400mトラックのアウトサイドのリンクもホッケーリンクもゲームセンターもホテルもあって
氷まつりも、アイドルショーもたくさん行われた一大アミュージメントパークだった
当時の軽井沢スケートセンター
あぁぁ、懐かしいなー。 この時代のスケートセンターのことを、誰かと一晩語り合いたい気分です。


でもでも、私の心は今年はがっちりスキーに釘付け!
カラダの痛みも和らいできたことだし、ね♪
今シーズンは道具もせっかく揃えたので、『銀色のシーズン』でも観て
テンションをアゲアゲでいかねば?! おっし、冬の白馬に行くぞっ!!!!!

瑛太くん主演のこの映画、信州各地のスキー場でPV放映やポスター展開バンバンしてます。
(私も先日、斑尾ですーっと見てました。このPV)

今年は私もナゼか、かなりスキー業界に近いところにいるので
この映画を、微力ながらでも応援したいと思っています。スキー人口増えるといいねー。

『銀色のシーズン』明日1月12日公開!



銀色のシーズン 公式サイト

takamaien_n at 11:17|PermalinkComments(10)TrackBack(1)

January 03, 2008

新年のご挨拶

新年おめでとうございます。
皆様には、晴れやかなお正月をお過ごしのことと思います。

私の拙いブログを覗いてくださっている皆様、いつもほんとうに有難うございます。

以前に比べて、更新の頻度はだいぶ下がってしまいましたが
これからも自分のアンテナの感度をあまりさげないようにするためにも
ブログは続けていきたいと思っています。

本年も変わらぬおつきあいを、どうぞどうぞよろしくお願いいたします。

野沢温泉山頂

さて、そんな私の近況ですが
ここのところあまり良い星のまわりではないのか
(いえ・・・ただの私の不注意以外の何物でもないのですが)
実は、肩と腰に怪我をしてしまいました。

普段、手を抜きまくっている主婦の汚名返上をすべく、予定していた年末の掃除も
腕が上がらないし、腰も傾いているので、横になって静かにしているしかなく
いくつかの予定もキャンセルを余儀なくされ
全く、自分のアホさ加減に呆れるばかりです。

その怪我をした時の詳細については、ここで述べることは差し控えたいと思いますが
その怪我をした場所で過ごした数日間の時間の中で
とてもたくさんの出逢いがありました。
そしてその出逢いや、怪我をして
まわりの方からかけていただいた温かい言葉や冷やかな視線や
いろんなことを通して、アホな私も私なりにいろいろと感じるところがあり
じっと横たわっている時間は、自分自身をじっくりと省みる貴重な時間となりました。

まあ一言でいえば
自分を過信していたことがこの怪我に繋がったわけで
私は、自分の年齢と体力と実力を完全に読み違えている
大バカ野郎だということです。

もっと謙虚に、まわりの迷惑も考え、行動に責任を持つ
・・・何だか成人式に聞く訓示のような気もする、そんな基本的な
社会人としての自覚をもう一度認識しなおしたいなーと
思うお正月でした。



でも、やっぱりスキーは上手くなりたい・・・な。
     
    
      写真は記事とは関係ありません…今年の初滑り=野沢温泉スキー場の山頂にて。





takamaien_n at 16:58|PermalinkComments(12)TrackBack(2)