ソウル

May 11, 2007

ソウルは大音量で?!

先日の夏のような暑さがウソのように、今日は足元が冷え冷えとしています。
車でも、しっかり暖房をつけて、ひざ掛けもかけて、帰ってきました。
私の車はヒーターの音が、かなり!うるさいんだけど、それに負けないくらいの
結構な音量でソウルを聴きながら・・・ノリノリ?で帰ってきました。

ソウルというジャンルは、実はあまり聴くジャンルではありません。
でも!このアルバムは去年の夏に買ってから、かなりの頻度で聴くことが多い1枚です。

ロバータ・フラックの「ファースト・テイク」
ロバータ・フラック

確か、夏にNHK−FMで、日本のゴスペルシンガー第一人者の亀渕友香さんが
ロバータ・フラックをリコメンドしていたのを聞いて、え〜?ロバータ??
「やさしく歌って」のロバータじゃなくってーーー??

何?何なの??この知的なソウルは???ロバータ・フラックってかっこいいぢゃん!!
・・・と目からウロコな体験をして、即行で買ったCDです。

映画『地下室のメロディ』にも使われてブレイクしたらしい「愛は面影の中に」って曲は
私が生まれた頃に流行った曲だけど
今、聴いてもすごくカッコいい。確か、セリーヌ・ディオンとかもカバーしてたよね。

ロバータ・フラックって“ソウル”って括りで考えると
ちょっと違うんじゃないの?って思っていたのだが、亀淵さん曰く
彼女ってば、黒人ミュージシャンンの中ではエリートコースを歩んでいるというか
クール系の正統派な歌手らしい。
大学ではクラシックを専攻して、オペラ歌手にも師事して声楽も勉強しているらしい。

そんな訳で、知性を感じさせる、なかなか素敵な“スルメな”1枚であります。

First Take (amazon)
視聴もOK

ちなみに、今、このブログを書きながら聴いている音楽は
うって変わってクリストファー・クロスとか、モンキーズとか、ニルソンとか。
今週末のパーティのBGMのチェックです・・・。懐かしいなー。

takamaien_n at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)