トレッキング

October 12, 2007

念願叶って

大河原峠・・・同じ佐久市市内にありながら、白樺湖の方へ抜けるときや御泉水に行くときに
たまーに通ることはあっても、ここを歩いたのは実は初めて。

今はクローズしてしまった アソシエイツスキー場 のある、仙境都市っていうところの
さらに、上にある峠。
アソシエイツ・・・あーなんて懐かしい響きなんだ。
かつてはここらへんに松任谷由実の別荘もあって、彼女も滑りに来ていたらしい。
苗場だけじゃないのね・・・(笑)
景色はすごくいいんだけど、まあアクセスが悪すぎたわね。

峠のてっぺん、大河原ヒュッテのあるこの場所は、風の通り道なのか
いつ行っても雲がビュンビュン流れている。
この日もすごく寒かったな。
ここで登山口の入り口であるこの場所で、すでに・・・標高2093mですからね。寒いよね。

きっと、そろそろ紅葉も見頃になることでしょう。
針葉樹と広葉樹が混ざった植生が織り成す、原生林の紅葉も
少し下ったところにある春日渓谷の紅葉も、それはそれは綺麗でしょうね♪

でも・・・今日は、もう、ひと月近く前のことになっちゃったんですが
【9月18日 蓼科山 山行報告】です。

 
休みだと、何故かパチっと目の覚める私。
この日は確か5:30くらいに起きて、7:30から登り始めました。
oogawara001

ここは、登り始めて15分か20分くらいの場所かな?
さすが 日本百名山のひとつ。人気のある7合目からのコースではないけれど
登山道もちゃんと整備されています。

木漏れ日も気持ちいいし、風のさわさわ〜という音と、野鳥の声が
忘れたころに聞こえてくるくらいで、ほんとに静か。

oogawara002

1時間くらい歩くと、縞枯れの向こうに蓼科山が見えてきました。下ると、将軍平に到着。
ここで、少し休憩をして、7合目の方から上がってきた方たちと合流して
蓼科山荘の山小屋のおじちゃんとおしゃべり。
数日間、ずっと霧と雨と風でだいぶ荒れていたけど
今日は久しぶりにいいコンデヒションとのこと。 やった〜!!

ここから先は岩場が続くのでストック(トレッキングポールっていうのかな?)を
収納して、いざ!

oogawara003

蓼科山って遠くからみたら、丸くてなんか優しい印象の山だったけど
近づくとこんな岩場なの。これが山頂までずっと続いている。それに結構、急なのね。

oogawara004

そして、2,530m山頂に到着!ここまで、約2時間!

昔は火山だったのかな?ココって噴火口跡ってことかしら?
山頂は、とにかく広くて直径100mくらいあるかなー?
岩がこれでもか!ってくらいゴロゴロとしていて、真ん中の方が少し窪んだ恰好になっていて
そこに神様が祀られている。

oogawara005

蓼科山は、八ヶ岳火山列の最北端に位置する独立峰。
山頂からは、素晴らしい眺望が広がってます。
手前は2in1スキー場かな?遠くには南アルプス。

oogawara006 

左の方には、八ヶ岳。

山頂の窪みで風を避けつつ、お約束の“スニッカーズ”をかじると見事エネルギー補給も完了!
また元気を取り戻し、颯爽と下山し始めます。

そのまま、来た道を戻るのが賢明・・・それがレベルだったのかもしれないけど
知らぬが仏と申しますか・・・何分、素人なもので
天祥寺原へ廻るコースをチョイスしていた私たち。 激下り!です。
こっちは、歩く人が割りと少ないコースなのか、上級者向けだからか
道もそれほど整備はされていないの。でも下りだから、まだ良かったのよね〜。

登ってくる人たちににこやかに挨拶をしても、ほとんどの人が
喘ぎながら挨拶を返すのがやっと!という様相でしたモン。
oogawara007

私たちも、ストックでバランスを保ちつつ
スキーの感覚で降りるとあまり怖くないし、いいテンポを保つと意外と楽しいかも〜♪
-----なんて思い始めた頃に、天祥寺原に到着。
振り返ると、今、登ってきた山が、笹の原っぱの向こうで日を浴びてました。

oogawara008

そして、亀甲池に到着。深閑とした雰囲気です。ここでランチに。
この池は、干上がることもあるらしく、池底に見える岩が亀甲の形に浮かび上がるんだとか。

そしていよいよ後半。
この頃になると、口数も少なくなってきて
あとどれくらいかな〜って考えたりすることが多くなってきちゃったんだけど・・・
でも、こんな景色を見るとやっぱり元気をもらえる。

oogawara009

双子池に到着。まずは雄池。うーん。秋の空だね!!

ぐる〜っと半周くらい廻ると、双子山ヒュッテがあって、その奥に雌池が。

oogawara010

こっちの池の方が透明度が高いみたい。
どうやら双子山ヒュッテの水はこの池から確保しているらしく池底にホースも這っていた。

そして最後の難関、双子山に挑む!
もう既に、この時点で、私たちの体力はかなり限界レベルに近づいていたはずなんだけど
とにかく、この山を登って降りないことには、ウチに帰れない〜。
久しぶりに根性出しましたよー。

oogawara011

山頂で撮った写真は、もう記録として、ただ撮っただけ。構図も何もあったもんじゃない。
既にガタがきている膝をいたわりつつ、フラフラしながら降りました。

普段、何のトレーニングもしていないのに、ただの無鉄砲の何モノでもないね。


でも!やっぱり楽しかった。
カラダは疲れたけど、すっごくリフレッシュできたし(し過ぎかな?私)
肩こりとかは取れたし。
体育会系オンナとしては、久しぶりに気合いいれるのも、それほど悪くない。

oogawara012

おまけ。
今回の山歩きで、私を元気付けてくれたモノ。
これウチで食べても美味しいけど
山で食べたときの、鼻の奥までツンと刺激するようなバターとキャラメルの香りの高さは
忘れられないなー。


takamaien_n at 18:31|PermalinkComments(6)TrackBack(1)

September 26, 2007

夏山と雲上の池

三束雨さんの記事を読んで、どうしても行きたくなった八方池。
1ヶ月ほど前に行ってきました。

夏休み中だったし、気軽なトレッキングコースなので、家族連れや熟年夫婦
ナゼかスーツ姿で革靴のサラリーマンまで・・・
ゴンドラとリフトを乗り継いで 第一ケルン まで上がってくる人が
後を絶たない、八方の夏山-----夏の白馬は久しぶりです。

八方01

これは、第一ケルンから登り始めてすぐぐらいのところだったかな・・・?
下からものすごく気持ちのいい風が吹きあげてきて思わず足を止めた時だったと思う。

八方02

これは第二ケルンあたりかな・・・?すでによく覚えていない自分が哀しい。

八方03

これは八方ケルンを過ぎて歩いて来た道を振り返ったところ。
この尾根を歩いている時に
左側から上がって来る湿った空気が、尾根を越して暖かく変化する
いわゆる「フェーン現象」を身をもって?体験。  すごく面白かった。
カラダの左側と右側とで温度が全く違うんだもの!

確か、この日は下界は猛暑だった日だわ。
下山して松本に行ったら
外気温とクーラーのガンガンきいたお店の中の温度差に辟易して
そう思った途端、お腹が痛くなってきてトイレから出られなくなっちゃって
やっぱり街には住めないんだわ、私・・・て思った日だった(蛇足ですが)

八方04

そんなわけで、池の周りも雲が立ちこめていて
残雪の白馬三山の映り込む八方池の写真を撮ることが叶わなかったの。
マウンテンパーカーを羽織って、しばらく雲が切れるのを待っていたんだけど
ダメだった・・・残念!

八方05

でもでも、池のほとりで
スニッカーズ(これはトレッキングのお供。必ず持って行きます♪)を食べたり
サンショウウオを見つけたりして、夏山を満喫しました。

三束雨さん、いつもいい情報をありがとうございます。

白馬村観光局公式サイト

takamaien_n at 15:36|PermalinkComments(4)TrackBack(2)

July 05, 2007

究極の野天風呂

今日もまた“思い出し投稿”です。
昨日、菱野温泉“雲の助”のことに触れて、雲の上のお風呂といえば
もっとすごいトコあるじゃん。と思い出したのが
KUROがひと月ほど前に出かけたときのもの。残念ながら、私は行けなかったのですが。
(行ってたら、きっと“足ひっぱり”になったかもなー)

本沢温泉1

こんな景色を眺めながら、トレッキングが始まります。
甘くみていると、普段、運動をしていないカラダには堪えるものがありそうですね。

本沢温泉2

本沢温泉入り口から徒歩2時間(タフな4WDの車があれば、徒歩1時間強で済むらしい)
日頃の運動不足を悔やみはじめた頃、やっと到着!
もちろん、ここは日本秘湯の会の一軒宿。
冬は、雪上車で迎えに来てくれるんだって。それも楽しそうですね!

本沢温泉3

この中にも内湯の檜風呂『こけももの湯』があるのだけど、今回のいちばんの目的は『雲上の湯』
成分が全然違うみたいなので、2つのお風呂に入り比べてみるのもいいかも。
でも、お風呂って意外と体力消耗するじゃない?
帰りはまたさらにタイヘンってことにならなかったのかな?大ちゃん。

本沢温泉4

ここが、おの野天風呂です。キョロキョロしても、まわりを遮るものは何もなし。
つまりシャワーなんてもっての他、蛇口も、脱衣所もナンもなし!

本沢温泉5

上から見たらこうなってます。さあ、覚悟を決めて、ハダカになるべし!!
湯舟の隙間から泡が出てくるんだって。プクプクと湧き出る源泉がお尻を刺激するらしい。
お湯はかなり硫黄くさいらしく、帰ってきたKUROのTシャツにも移り香が・・・。

だって目の前に広がるのは「硫黄岳」
まさに「雲上の湯」ですね。標高2150m 日本最高地点にある野天風呂でございっ!

本沢は今頃きっと石楠花の群生が美しいのでしょうね。秋に行ってみたいなー。

秘湯・八ヶ岳 本沢温泉
南佐久郡南牧村海尻 国定公園内
現地直通電話:090-3140-7312
日帰り入浴:大人600円

takamaien_n at 22:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)