ドイツ

January 20, 2008

映画「善き人のためのソナタ」

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション


久しぶりにドイツ映画をDVDで鑑賞。哀しいけれど、崇高な物語です。

ソナタをはじめとする音楽の美しさも秀逸。
静かに、でもジワジワと胸に迫りくる雰囲気を持った作品だと思う。
…というか“見せる?魅せる?力”が溢れている作品なんだな。
2007年のアカデミー外国語映画賞受賞も十分うなずける秀品。

最近、ヒトラーとか今まで取り扱うことそのものがタブー視されてきたようなテーマの
ドイツ史映画が増えてきたような気がしませんか。

そういえば、今年になって私が初めて観たDVDも
ドイツ映画:「ドレスデン、運命の日」(第二次世界大戦のドレスデン爆撃のハナシ)だったわ。


さて「善き人…」の舞台は、1984年、東西の壁が崩壊する数年前の東ベルリン。
共産主義体制のもとで、冷酷なシュタージ(国家保安省)が、国民を監視しているという歪んだ世界。

血の通っていないかのような表情のない顔で
背筋も腕もピンと伸ばしきって、隙と無駄のない男、ヴィースラー。
質素な服装に質素な食事、無駄の削ぎ落とされたミニマムな世界に生きている、そのシュタージが
ある芸術家を監視する日々を通して、血の通った人間に徐々にと変化をし
やがて愛に目覚め、静かな涙を流す。
盗聴器から聴こえてきたのは
自由な発想と愛の言葉、そしてもの哀しいピアノソナタだった…というハナシ。

このヴィースラーを演じるウルリッヒ・ミューエの静かな演技が本当に素晴らしい。
盗聴をしている訳だから、彼が言葉を発することはほとんどない。
国家に忠実な大尉というキャラクター的にも
表情がくるくる変わるわけでもないし、オーバーアクションな訳でもないという中で
瞳の動きや、ちょっとしたしぐさ
暗がりの中で上官への報告書を作成するタイプライターの打ち方や、その言葉の選び方なんかで
彼の心情の移り変わりが、本当に見事に、そしてとても丁寧に表現されている。

またラストの展開の仕方も特に素晴らしいと思う。
涙がつつつつつと流れ、静かに余韻を残す映画なのです。

ソナタの美しさも然ることながら、パブやホームパーティで使っている
BGMなどのセレクトもすごく良かったなー。

それから、私が特に好きなシーンは
ヴィースラーがサッカーボールを追いかけて来た子供と一緒にエレベーターに乗り合わせるシーン。
あの金髪の男の子の、グリーンのグラデーションでまとめてある洋服と靴のコーディネートが
いかにもヨーロッパ映画なセンスを感じさせて好き。


静かに家でゆっくりしたい時に、雨の日なんかにいいかな・・・と思える映画です。


善き人のためのソナタ 公式サイト


takamaien_n at 02:25|PermalinkComments(7)TrackBack(1)

March 27, 2007

ドイツvsトルコ

ピクルス1
映画「グッバイ!レーニン」を、観てからというもの
我が家のピクルス消費率はうなぎのぼり?!
---っていうか、それまでは
ピクルスなんてハンバーガーに入っているのを食べるか
レストランとかで食事をしたときに食べるくらいで
自分で買って食べたことがありませんでした。

でも、「グッバイ!レーニン」の影響で---この影響を受けやすい(過ぎる)体質のおかげで
ピクルスは冷蔵庫には欠かさず入っている食品のひとつになってしまった。
酸っぱいものは体にいいからね。まあ良しとしましょう。

私は、ドイツの超老舗食品メーカー?のキューネ社のものが好きです。
ハーブの調合加減は自宅ではどうやっても出せそうにないプロの味で
ワインビネガーの香りも伝統を感じさせる。
自分でチャレンジしてみよう・・・という気が私にはおこらないので
これからも、信頼のおけるこの味を楽しむつもりです。
ピクルスを食べ終わった後は
その特製ビネガーをポテトサラダとかマリネとかに再利用します。
いつもは「ガーキンス」=きゅうりの酢漬けの瓶を買っているのですが
今回、はじめてミックス・ピクルスを買ってみました。
コ−ニッション(小さいきゅうり)はもちろん、ちっちゃいオニオン
カリフラワー、赤ピーマン、にんじんに、ベビーヤングコーンが入っています。
見た目もカラフルで可愛いし、いろんな食感が楽しめます。

---ところが、KUROはこっちの方が美味しいというのです。
ピクルス2
トルコのRio Santoってところのやつ。
そうかな〜。私は、「キューネ派」です。

takamaien_n at 23:09|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

September 19, 2006

天は三物を与え給ふ

ティル・ブレナー1












ブルーアイの端正なお顔立ち。つい、見つめてしまうわ。甘い声もいいのよv
ここのところ、彼の音楽をついつい聴いてしまいます。
ティル・ブレナー-------1971年ドイツ生まれのトランペッター。

数年前まで、ベルリン・ドイツ交響楽団に在籍していたという実力の持ち主で
テクニックは文句なし。
その上にこのルックスですもの。

彼のトランペットは何とも言えない音色。叙情的…。
その歌声も。
肺活量が命のトランペット。だから、トランペッターが歌がうまいのは自然の法則??
まあ、そんなことはないと思うけど、とにかく彼は
チェット・ベイカー(マイ・ファニー・バレンタインが有名ですね)の再来か・・・と
言われたほど衝撃のデビューだったとか。

で、私が持っているのは ザット・サマー というCD

ティル・ブレナー2















マイケル・フランクスの有名な「アントニオの唄」なんかもカバーされていて
タイトルどおり、“夏にまつわる想い出特集”ってな感じの一枚です。

都会のカフェの夏の夕暮れに聴きたい一枚とか何とかレビューに書いてあったけど
そうかな〜?
私は、今ぐらいの時期の方がしっくりくるんだけど。
あ〜あ、夏終わっちゃったなー みたいな。
ミュートなトランペットも、フリューゲルホーンのスモーキーな音色も
秋めいていると思うし。

カナダのオンタリオ湖半のコテージ?のようなところで作られたCDらしくて
作っている側の肩の力の抜けたナチュラルな感じがいい。

あと好きなのは
彼がドイツ人だからだと思うんだけど、甘い声なのに割舌のいいフレージングが
とても聴き易い英語に仕立てている感じがするところ。
変な表現かもしれないけど、ジャズ盤“ひろみちお兄さん”みたいなんだよね。

何でそんなこと思ったのかな?と考えたんだけど
#2のビーイン・グリーン(リアムに捧ぐ)っていう曲が「セサミ・ストリート」の中で
カエルのカーミットが歌った曲だったからかもしれない。


彼、素敵じゃないっ?!って思った方は、このサイトで検索して
彼のバイオグラフィーをご覧あれ。
UNIVERSAL JAZZ

That Summer(amazon)

takamaien_n at 09:50|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

May 31, 2006

ドイツ カリーブルスト

私はスポ根少女だったにも関わらず(その反動なのか?)
スポーツ観戦に興味があまり深くなく、野球もサッカーも
ワールドゲームの頃だけ、にわかファンになる程度のハンパなというか邪道なというか
ファンですが・・・(それはファンとは言わないのですよね、たぶん)
世は、ドイツワールド杯開幕に向けてヒートアップしているので
我が家も我が家なりに、ドイツネタなどを。

papadepoco2


















(いつもながらピンがあってなくてすみません)

先日、久々にお邪魔した
軽井沢の隠れ家レストラン「○パ○○コ」で(←これじゃ全くわからん?よね。ごめんなさい。
ご興味のある方には、直接場所をご案内しますのでお問い合わせを)
頂いた一皿、カレーブルスト。

ドイツ人はこれを日曜日に食べるんでしたっけ?R子さん、○○ケさん、覚えてます??

ソーセージの間に細かく刻んだ玉ねぎが挟んであって、カレーパウダーがかけてある。
ソーセージは冷蔵庫の常備品で、私は煮込み系に使うことが多いけど
この一皿はすぐに真似っこしたい。

ソーセージも然ることながら、そのつけあわせ(・・・こっちが主役に思えるほどの
衝撃の美味しさ)のポテトサラダと赤キャベツのザワークラウト。
レシピを教えてもらったので、早速トライしてみようと思います。
ジャガイモも美味しくなる季節だし。

キーワードは「ドイツピクルス」
先日の記事 
映画 グッバイ、レーニン!
 でも書いたけど
映画にすぐインフルエンスしてしまう素直な?私の冷蔵庫には
ドイツ製ピクルスが鎮座していて、瓶ごとバリボリするのもいかがなものか・・・と
思案していたところに
このドイツメニュー!!嬉しくなっちゃうな。
ポテトサラダの仕上げにピクルスの漬け汁・・・なんだそう。なるほど〜!!
今まで、もったいないと思いつつも、普通に捨てていました。

そして、飲むヨーグルトを入れて滑らかにのばす。ほほー。
ドイツの家庭ではよくこうやってポテトサラダを作るんだそう。

赤キャベツのザワークラウトについては
わざわざ注文してお取りよせしている方もいるくらいだそうなので
ここでの公開は控えようと思います。
(○○ケさん、○○○たけさん、もう作りましたか?)

「○パ○○コ」に行くといつも目からウロコな楽しい発見があって
(・・・と言いながら、自分の舌では解明できず、だいたい降参するんですが)
オーナーが何十年もかけて世界中から仕入れられてきた、ネタ帳を少しずつ少しずつ
覗き見させていただいているという感じ。
今日いただいたワインも最高でした。
いつも見たことも聞いたこともないようなワインを飲ませていただき感激です。

wine


















プロヴァンスの少し北でつくっているワイン。「グラン・リュベロン」
やや辛口の白。
こんなにしっかりしたボディの白ワインは初めてです。
蜂蜜の味がするの。それからバニラかな?甘いにおい。
でも酸味もあって、すっごく飲みやすかった。
赤は出まわっているみたいだけど、白は希少らしく、買い占めたそうな。

一緒に食事をしたR子さんと、○○ケさんは昼間にもう一本空けたんだそうだ。
納得!!

軽井沢に居ながらにして、舌と耳とで、旅をさせていただいています。
いつもありがとうございます!!

takamaien_n at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)