パスタ

May 05, 2007

ムニエルはソースたっぷりで。

かじき

今日の【ウチごはん】カジキのムニエル
ソースは、薄力粉とバターを炒めて、帆立のストックと白ワインでのばして
塩とレモンで味を整えたもの。

ムニエルって焼くと身がパサつくので、ソースやレモンはとにかくたっぷり!!---が
美味しく食べるコツのような気がしませんか?
でも、ソースがゆるいと、香ばしさが逃げちゃうから、程よい濃度になるまで
お粉の量で調節するのがいいみたい。

付け合わせの野菜は、パプリカのソテーとジャガイモのミルフィーユ。
ミルフィーユは、先日の【外ごはん】で、美味しかったので、早速、家でも挑戦。
オーブンで20分も焼き上げるので、これがいちばん手間がかかるかも。

写真の奥は、パスタに見えるけど、ジャパニーズパスタ=蕎麦。
我が家では、たまにお目見えする(ご飯を炊くのが面倒なとき)蕎麦のペペロンチーノ。
これって、結構、美味しいよね。

今日のは、信州人なら誰もが知っている「雪ん子そば」っていう乾麺だけど
蕎麦って、オリーブオイルとあわせると、甘みが出てくるみたいです。
お試しになって!!

仕上げは、もちろん八幡屋磯五郎(唐辛子)でね♪

takamaien_n at 22:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)