ピアノ

January 20, 2008

映画「善き人のためのソナタ」

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション


久しぶりにドイツ映画をDVDで鑑賞。哀しいけれど、崇高な物語です。

ソナタをはじめとする音楽の美しさも秀逸。
静かに、でもジワジワと胸に迫りくる雰囲気を持った作品だと思う。
…というか“見せる?魅せる?力”が溢れている作品なんだな。
2007年のアカデミー外国語映画賞受賞も十分うなずける秀品。

最近、ヒトラーとか今まで取り扱うことそのものがタブー視されてきたようなテーマの
ドイツ史映画が増えてきたような気がしませんか。

そういえば、今年になって私が初めて観たDVDも
ドイツ映画:「ドレスデン、運命の日」(第二次世界大戦のドレスデン爆撃のハナシ)だったわ。


さて「善き人…」の舞台は、1984年、東西の壁が崩壊する数年前の東ベルリン。
共産主義体制のもとで、冷酷なシュタージ(国家保安省)が、国民を監視しているという歪んだ世界。

血の通っていないかのような表情のない顔で
背筋も腕もピンと伸ばしきって、隙と無駄のない男、ヴィースラー。
質素な服装に質素な食事、無駄の削ぎ落とされたミニマムな世界に生きている、そのシュタージが
ある芸術家を監視する日々を通して、血の通った人間に徐々にと変化をし
やがて愛に目覚め、静かな涙を流す。
盗聴器から聴こえてきたのは
自由な発想と愛の言葉、そしてもの哀しいピアノソナタだった…というハナシ。

このヴィースラーを演じるウルリッヒ・ミューエの静かな演技が本当に素晴らしい。
盗聴をしている訳だから、彼が言葉を発することはほとんどない。
国家に忠実な大尉というキャラクター的にも
表情がくるくる変わるわけでもないし、オーバーアクションな訳でもないという中で
瞳の動きや、ちょっとしたしぐさ
暗がりの中で上官への報告書を作成するタイプライターの打ち方や、その言葉の選び方なんかで
彼の心情の移り変わりが、本当に見事に、そしてとても丁寧に表現されている。

またラストの展開の仕方も特に素晴らしいと思う。
涙がつつつつつと流れ、静かに余韻を残す映画なのです。

ソナタの美しさも然ることながら、パブやホームパーティで使っている
BGMなどのセレクトもすごく良かったなー。

それから、私が特に好きなシーンは
ヴィースラーがサッカーボールを追いかけて来た子供と一緒にエレベーターに乗り合わせるシーン。
あの金髪の男の子の、グリーンのグラデーションでまとめてある洋服と靴のコーディネートが
いかにもヨーロッパ映画なセンスを感じさせて好き。


静かに家でゆっくりしたい時に、雨の日なんかにいいかな・・・と思える映画です。


善き人のためのソナタ 公式サイト


takamaien_n at 02:25|PermalinkComments(7)TrackBack(1)

August 31, 2006

ヴィルトゥオーソ カプースチン

カプースチン 8つの演奏会用エチュード













音楽ネタが続きます。だって感動したんだもーん。

ウィキペディアによれば、ヴィルトゥオーソとは
「完璧な演奏技巧によって困難をやすやすと克服することのできる
卓越した演奏能力の持ち主に対する称賛の言葉」とのこと。

ニコライ・カプースチン
ロシアのコンポーザー・ピアニスト。ロシアのキーズ・ジャレットか?!

久しぶりに完全に惹きこまれる、ノックアウト系CDに出会いました。
カプースチンの自作自演集「8つの演奏会用エチュード」

先日、KUROが東京へ出張で行ってきた時のお土産
(・・・って別に私のために買ってきてくれたわけではなく
彼が自分で聴きたくてゲットしたものだけど、結局その次の日に休みだった私の方が先に
カプースチンワールドにはまりきってました。ゴメン)
何度も何度もリピートして聴くうちに、その度にボリュームがだんだん大きくなって・・・。
CDをジャケ買いすることの多いKUROだけど、今回はしっかり試聴して選んだのだとか。

1年半くらい前なのかな?ニュース・ステーションで
このアルバムの2曲目の「夢」という曲、そのス−パーテクニックを披露して
大反響を呼んだんだそうで、そうだったんですね。ちっとも知りませんでした。
ミレニアムの頃に本格的に国境を越えて、その作品が認められるようになった・・・
と解説に書いてありました。
ピアノ演奏が好きな方の間では、ずいぶん前から大注目だったそうなので
私たちはずいぶん遅れているのかもしれないけど、出会えて良かったな〜。

1曲目から完全にグイグイ引っぱられました。文句なしにカッコいい!心地よい音の洪水!!
縦横無尽にかけめぐる、ロシアの職人技的なメソッドと和声進行。

もちろん今も聴いています♪
何かね、美味しいコーヒーが飲みたくなるんよ。今から、丁寧に丁寧に淹れることにしよう。

カプースチン











カプスーチンという人をよく知らないけれどこのジャケット「ラスト・レコーディング」の
写真を見る限りでは“お堅い会社のお偉いさん”に見えなくもない風貌のおじさん。

彼の指から紡ぎだされる鮮やかなジャズエチュードは
ジャズのアドリブにも一瞬思えるようなテンションですが
モスクワ音楽院で学んだ伝統的なクラシックのピアニズムという後ろ盾がしっかりとあって
計算しつくされた複雑な技法が散りばめられているのだと思います。
楽譜・・・ものすごいことになっちゃっていそうだ。

カプースチンさんは、1937年生まれだそうなので、もうすぐ70歳のおじいちゃんだけど
この自作自演集は50歳くらいの時のものらしい。

[クラシックのピアニズムとジャズのイディオムをその作品の中に見事に融合させた人]かぁ。
ニコライ・カプースチン。きっと他の作品もすぐ買うことになりそうです。

カプースチン 自作自演集「8つの演奏会用エチュード」(amazon)

takamaien_n at 00:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)