写真

April 19, 2008

「死」というものは・・・

実は先月、家族をおくりました-------78歳の義父です。


そのことをブログに書くことを今日まで、とてもためらっていました。
でも、今日は義父への感謝の気持ちをこめてブログを書こうと思います。

数年、心臓を患ってはいましたので、入退院も何度か繰り返していましたが
あまりにも急なお別れだったので、にわかには信じ難かったし
今でも、まだ信じきれていないかもしれません。

普段の生活のリズムを少しずつですが取り戻しつつある中で
改めて、義父に教わったことの多さを思い返すにつけ
自分の浅慮を恥ずかしく情けなく思って、何となくカラダを縮ませるような気持ちで
過ごしたりしています。

義父はとても信心深く、博識で、毎朝のおつとめに 般若心経 を唱え
その後で必ず抹茶をたてて、朝日新聞を、端から端まで読む…そんな人でした。

最期は、本当に安らかで、穏やかなお顔でしたし
きっとあまり苦しむこともなかったのではないかと思います。まさに眠るような死でした。

天寿を全うしたというか何というか、義父にとってのこの人生というのは
いろんな修行を積んできた輪廻の中で
もしかしたら“最終ステージ”だったんじゃないかと、私には思えるんです。
「今までよくがんばったね」…と仏様が迎えに来てくれたんじゃないかと。

私が最後に義父に会ったのは、その前日でした。

久しぶりで実家に帰ったのですが
私が車から降りるなり「おお、来たか!」と話しかけてくれた時の笑顔が
すごく綺麗で、実はちょっと戸惑ったほどで、なんていい顔をして笑うんだろう…と
感動していたのです。
顔色も良かったし、心から嬉しそうな顔で、迎えてくれたので
「暖かくなって、外にも出られるようになって良かったね。ああ、今日は調子良さそう」
…なんて思っていたくらいで、でも、今思い返えしてみると
あの時には、きっと聖人のような顔立ちをしていたのではないかと。

その時の笑顔も、私の大切な宝物です。


そんな義父の死を想いながら、写真家・藤原新也さんの言葉を思い出しました。

「死というものは、なしくずしにヒトに訪れるものではなく、
死が訪れたその最期のときの何時かの瞬間を、ヒトは決断し、選びとるのです。
だから
生きているあいだに、あなたが死ぬときのための決断力をやしなっておきなさい。」

彼の写真集「メメント・モリ」に載っている言葉です。
メメント・モリ・・・とはラテン語で
[ 自分が、いつか、必ず、死ぬことを忘れるな ]という意味の、警句なのだそう。


義父は、“何時かの瞬間”を、本当に立派に、選び取るだけの力を
十分すぎるくらいに、習得していたのですよね。

私などは、まだまだ全く足元にも及びません・・・人生は修行ですね。


お義父さん!私たちが正しい道に進めるように、どうかお導きください。

ほんとうにありがとうございました。

takamaien_n at 02:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

April 18, 2007

今日はいい降りなので

それも、軽井沢では雪でした。
昨日、風が冷たいなーと思っていたら、やっぱり・・・予報どおり、夕方から雪が降り始めました。
これで、桜の開花も少し遅れそうです。

家のまわりにあるりんご畑の扇風機が、霜よけのために、ずっとブンブンと回っています。

今晩は音がちょっとうるさいので、部屋を暖めて、毛布でしっかり足元をぬくぬくにして
小説じゃなくて、のんびりと写真集を眺めることにします。

365日空の旅

365日空の旅 かけがえのない地球
カメラマンはフランス人航空写真家のヤン・アルテュス=ベルトラン

彼の写真は、「ナショナル・ジオグラフィック」 や 「LIFE」などで
よく見かけるらしいんですが、全く知りませんでした。

この写真集は、空から見た地球上の美しい風景や、自然災害の様子、日常のひとコマなどが
1年間、1日1枚=365枚の写真と、それぞれその場所が抱える問題と共に
紹介されています。

まず、その日の写真を見て
それが南米なのか、北欧なのか、アジアなのか・・・どこの国の写真だろうと考えるんだけど
いかに自分が世界を知らないのかを思い知らされたり
想像力の欠落を感じたりしながらも
でも、その写真の美しさに目を奪われて、狭い部屋の中でも
思考だけが世界を駆け巡る楽しい時間が訪れます。

そして、そこに提起されている地球温暖化や経済の格差など
世界が抱える現実や様々な問題を考えさせられたりもします。

この写真集は、先日行ったブックカフェの本棚に並んでいるのが目に留まった写真で
そのカフェでものんびり眺めていたんですが
帰ってきて、また続きが読みたくなってネットで購入したもの。

癒される・・・というより、地球のことが愛おしくなります。BGMはアディエマスかなー。
---なんて思ってサイトをウロウロしてたら、You Tube で、こんなの見つけましたよ。
バレきち@3丁目さんのところで
「地球を巡る30日/30 Days of Earth Shots」っていうのも見つけました。
時間があったら、ぜひぜひどうぞ!!


365日空の旅 かけがえのない地球
撮影:ヤン・アルテュス=ベルトラン
著:クリスチャン・バルム
訳:清水玲奈
出版社:ピエ・ブックス

takamaien_n at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

November 10, 2006

戸隠 鏡池

戸隠の写真が1枚残っていたので。

・・・ってわざわざアップするような写真じゃないのにスミマセン。
ノコギリのような戸隠連邦が確認できるのみ・・・ですが。

戸隠6





















紅葉もすっかり終わっているし、鏡池っていうくせに何にも映ってないし。
朝早く行くのがいいのでしょうね。

緑の季節も清々しいことでしょう。
また違う季節に早い時間帯に、出きればいいカメラを携えて行きたいものダ。
絵の才能があったらもっといいんだけどね。

恥ずかしながら長野に住んでいて、戸隠はもう何度も行っているのに
鏡池に行ったのは今回が初めてだった。
今回は子供が一緒だったのと、夕方から用事があったので
あまりゆっくり出来なかったのだけど
森林植物園も気持ちよさそうです。

こんな写真じゃ申し訳ないので
よろしかったらこちらのページの写真をご紹介させていただきます。
ぜひご覧になって感動してくださいまし。

takamaien_n at 02:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 08, 2006

夕焼け

何日前かな?
夕方、車を走らせていたら、久しぶりに夕焼けが綺麗だったので
思わず車を止めて数枚撮影。

夕焼け1



















綺麗だね〜。
こんな遮るものの何もない、キャベツ畑が広がる畑の近くに、私は住んでいます。

夕焼け2



















上の写真と下の写真は時間差は約3分程度です。
刻々と変化する夕暮れ時の空を眺めるなんて、ホント久しぶり。

コノ空、ちょっとだけ映画「宇宙戦争」のような雰囲気も醸し出している気がしません?

takamaien_n at 22:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)