写真集

April 18, 2007

今日はいい降りなので

それも、軽井沢では雪でした。
昨日、風が冷たいなーと思っていたら、やっぱり・・・予報どおり、夕方から雪が降り始めました。
これで、桜の開花も少し遅れそうです。

家のまわりにあるりんご畑の扇風機が、霜よけのために、ずっとブンブンと回っています。

今晩は音がちょっとうるさいので、部屋を暖めて、毛布でしっかり足元をぬくぬくにして
小説じゃなくて、のんびりと写真集を眺めることにします。

365日空の旅

365日空の旅 かけがえのない地球
カメラマンはフランス人航空写真家のヤン・アルテュス=ベルトラン

彼の写真は、「ナショナル・ジオグラフィック」 や 「LIFE」などで
よく見かけるらしいんですが、全く知りませんでした。

この写真集は、空から見た地球上の美しい風景や、自然災害の様子、日常のひとコマなどが
1年間、1日1枚=365枚の写真と、それぞれその場所が抱える問題と共に
紹介されています。

まず、その日の写真を見て
それが南米なのか、北欧なのか、アジアなのか・・・どこの国の写真だろうと考えるんだけど
いかに自分が世界を知らないのかを思い知らされたり
想像力の欠落を感じたりしながらも
でも、その写真の美しさに目を奪われて、狭い部屋の中でも
思考だけが世界を駆け巡る楽しい時間が訪れます。

そして、そこに提起されている地球温暖化や経済の格差など
世界が抱える現実や様々な問題を考えさせられたりもします。

この写真集は、先日行ったブックカフェの本棚に並んでいるのが目に留まった写真で
そのカフェでものんびり眺めていたんですが
帰ってきて、また続きが読みたくなってネットで購入したもの。

癒される・・・というより、地球のことが愛おしくなります。BGMはアディエマスかなー。
---なんて思ってサイトをウロウロしてたら、You Tube で、こんなの見つけましたよ。
バレきち@3丁目さんのところで
「地球を巡る30日/30 Days of Earth Shots」っていうのも見つけました。
時間があったら、ぜひぜひどうぞ!!


365日空の旅 かけがえのない地球
撮影:ヤン・アルテュス=ベルトラン
著:クリスチャン・バルム
訳:清水玲奈
出版社:ピエ・ブックス

takamaien_n at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)