和紙

September 02, 2006

行灯

行灯





















先日、実家の近所にある「和紙の里」に行ったときに(過去の記事
何だか可愛い和紙を見つけた。
KUROがホームセンターで角材を買ってきて、行灯をつくってくれた。

ほのぼの癒されるな〜。なかなかいい色でしょ?

takamaien_n at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

August 23, 2006

和紙の里

実家の近くにこんなところがあります。

washinosato1washinosato2


















立岩という地区に最盛期には50戸も紙漉きを家業としている農家があったのだそうで
もうかれこれ300年以上もの伝統があるのだとか。

先日の大雨で氾濫もしましたが、今でも綺麗な川の流れの 依田川 で
その昔は紙を漉いていたらしい。

washinosato8washinosato9










先日の 上高地の梓川 のようにはさすがに無理ですが、でもそこそこ綺麗な川で
浮き輪持参でで川遊びをする家族連れ、竿を垂れてじっとしているお兄ちゃん
一生懸命、網を投げる彼と魚キープ係の彼女・・・など、川遊びをしている人もちらほら。

私?ただ流れに足をつけてバタバタして涼んでいただけです。

それはいいとして。

「和紙の里」には、大型バスがやってくるので大きな駐車場があります。
最高で250人まで収容の葉書や団扇などをつくることができる
紙漉き体験コーナーがあるので、割と遠くからも主に小学生などがたくさん来るらしい。

私も、数年前にここでイベントをやったことがあるんだけど、結構これが楽しくて
はまる人もいる。

washinosato5





















出来上がった作品は天日干しにして、仕上がったら取りに行くか、郵送してもらうしくみ。

washinosato4washinosato3










こんな風に、様々なタイプの和紙や、和紙を使った民芸品などはもちろんのこと

washinosato7washinosato6










いわゆるお土産品も売っています。

左の写真の奥に写っているぶどうジュース・・・
近所のぶどう畑でおじちゃんが丹精こめてつくっているもの。量産はしていません。
その香りと濃厚さは、ウェルチなんて目じゃないぜっ!素朴なパッケージもステキ。
(1本¥800もするんだもん。当然ですが、もちろん私には買えません・・・↓)

このトマトソースも美味しそう。ラスト1個でした。人気なのね。

蜂の子 とか いなご も 並んでいるけど、売れているのかしら??

あ、あと美味しいお蕎麦も食べられます。(注:蕎麦打ち体験はできません)

和紙の里ふるさとセンター
長野県小県郡長和町古町22-1
TEL:0268-68-3874
9:00〜17:00/月曜休館

takamaien_n at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)