山形

May 17, 2007

酒田の本間様

前山寺の日本庭園の写真で思い出した山形県酒田の美術館のこと。

本間美術館1

冬の山形だというのに雪がちっともなくて、ちょっと拍子抜けしてしまったのだけれど
でもやっぱり、日本一の大地主といわれ、今も本間さま本間さまと親しみを込めて
呼ばれている坂田の豪商はすごい人だったんだなーと実感しました。

藩主酒井のお殿様はもちろんのこと、東宮殿下(昭和天皇)も
お泊りになったことがあるという本間家の旧別荘「清遠閣」は
やがて迎賓館としても利用されるようになったそうで
風景がゆがんでみえる手漉きのガラス窓とか、シャンデリアとか、梅の透かし彫りの欄間とか・・・
大正ロマンな雰囲気が漂い、意匠を凝らした当時の最高級の技術が詰まったお部屋からは
見事な日本庭園の「鶴舞園」が望めます。
窓際にさりげなく置かれたイスが何とも言えず美しかった。
数々の骨董品も美術品も素晴らしく、ずいぶんとのんびり鑑賞させていただきました。
でも館内は撮影禁止。その感動が伝えられないのが寂しいなー。

本間美術館2

本間様はこのお屋敷や庭園を作ったのは
何も、自分の満足のため、贅を極めるためではなかったらしい。
庄内平野の米を港から北前船で出荷し
それと交換に京をはじめ様々な地域と貿易をして栄えた街、酒田。

その港湾労働者たちも、寒くなると時化るコトの多い日本海では冬は仕事にならない。
そんな彼らの働き口を確保するために、港から木や石をたくさん運ばせて
この別荘と庭園を作り上げたのだそう。
だから。
「本間様には及びもせぬが、せめてなりたやお殿様」-----と歌われるほど
庶民にとっては、殿様よりも本間様の方がすごい人だったってことらしいね。

当時は三井家や住友家に並ぶ大商家だったというけれど私腹を肥やすことなく
民衆のためにお骨を折ってくださって、酒田発展に尽くして来られたのですね。
有難い御方です。

今頃、この庭園は躑躅なんかが満開でさぞや美しい風景になっているのでしょうね。
私、季節を間違えました・・・ね。

本間美術館4

それから新館(・・・ってそうは思えないないんだけど)、と呼ばれている美術館の方も
地味ですが、でも、なかなかいい味かも・・・です。この看板のフォント?が好き。

昭和60年代のインテリアも、なかなかステキ!
本間美術館3

---なんて言っても撮れたのはこれだけですが。
でも、かっこいいランプシェードだと思いませんか?カフェとかで真似していそうなカンジです。

財団法人 本間美術館公式サイト
山形県酒田市御成町7-7
TEL:0234-24-4311

takamaien_n at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

March 01, 2007

みちのくふたり旅 その6

銀山温泉の旅館藤屋さんは、その異彩を放つ外観と、青い目の女将ジニーさん
(数年前の公共広告機構のCMの
「ニッポン人には、日本が足りない。」っていうコピーで有名になった人)が、とにかくキャッチーなので
能登屋さんと並んで注目を集めるところだけど-----
お料理の美しさ、美味しさは、まだあまり取り上げられていないみたいだった。どうしてだろう。

【一献】はジニーさんお手製の甘いブルーベリーの食前酒。

乾杯の後は、これまた、ジニーさんの故郷の近くナパバレーのワインで、夕食が始まった。
藤屋のごはん1

繊細なグラス。
旅館中にオーダーメイドがいっぱいなんだ!とスタッフの方がおっしゃっていたけど
このグラスもそうかしら。軽くて、すっぽり掌になじんで、ナントもお酒がすすむのだ。

藤屋のごはん2

春近し 如月献立---と板長の筆文字で綴られた献立書に 【羽前の旬彩】 とある。
養老赤海鼠 蛸菜種漬 真つぶ磯貝 合鴨ロース煮・・・ 春を感じますね。

藤屋のごはん3藤屋のごはん4
そして【吸物】潮ちり仕立 寒鯛

北大路魯山人がデザインしたといわれる「金銀日月椀」・・・素晴らしかった。

黒地に金と銀の円を交互に配置した、一見、単純そうに見えるこのデザインだけど
計算しつくされた美しさが、そこにはあると思う。魯山人というお方は、やはり天才だのだわ。
こんな器でお吸物がいただけるだけでも、ここに泊まった価値があったというものデス。
寒鯛もほろほろっと柔らかく、柚子の香りで、ふくよかさ倍増!

藤屋のごはん9
そして【割鮮】

黒曹以(クロソイ)
これはどちらかというと釣り人の魚・・・つまり、あまり市場には出回らない魚だと聞きました。
北海つぶ貝に帆立に、なんと言っても珍しかったのは、サエズリ=鯨の舌。
私は初体験だった。
脂がのって口の中で蕩けそうというか、まったり!!な食感。独特なのね。
完全にこれは酒の肴。辛口のシャンパンとかどうかしらねー、合いそうな気がする。

藤屋のごはん5藤屋のごはん6藤屋のごはん7

このあたりから、私、酔っ払ってます。もう写真がテキトーだもの(笑)

【鉢物】寒ブリ大根
   ・・・板前さんの“仕事してる”出汁がたまらないっ。こんなに美味しいブリ大根は初めてです。
【焼物】松島産の牡蠣伝宝焼
   ・・・これもグッドアイディア。さっそく自宅でも試してみたけど
   <牡蠣と葱と甘味噌とチーズ> 合うぅ〜。この組み合わせ驚き。クセになりそう。
【蒸し物】雲子豆乳蒸
   ・・・雲子がこれでもかっていうくらい入っていて、食べきれないほど。餡も最高だったなー。

そして【強肴】
チョイスメニューだったので、私はズワイ蟹に、KUROは尾花沢牛に。
すっかり写真は忘れてます(汗)

これから【御飯】と【水菓子】かー、もうお腹いっぱいでこれ以上無理!!
もう、別腹もないよーと思っていたら・・・
「御飯と水菓子はお部屋の方へご用意させていただきます。
お風呂でもゆっくり入られて、宜しければお夜食としてお召し上がりください」だって。 嬉!
藤屋のごはん8

お風呂のハシゴをして、エネルギー消費をタップリ?して、もちろんしっかり頂きました!
お風呂上りのフルーツの美味しいこと♪

----------

そして翌日の朝ごはん。朝からやっぱり 幸せ が、てんこ盛りなのだ!
まず、この黒い土鍋で炊かれたご飯に、期待がますます膨らみ、おこげも香ばしく。
藤屋のごはん10

生ハムのサラダに、豆乳豆腐に、焼鮭に、納豆とあおさ海苔を混ぜたのに、出汁巻き卵に、お新香に
・・・後はなんだっけ?
藤屋のごはん11

他にも2、3品あったはずだけど、記憶が曖昧になってしまった。ダメね。

藤屋のごはん12

とにかく食器も素晴らしくて、目にも舌にも楽しい大絶賛のお料理の数々だった。
板長にお目にかかれなかったのが、唯一の心残りかな。

藤屋1藤屋2

最後に写真をもう2枚。私が藤屋の中で、好きになった場所というか、風景。

右は、2階の窓辺のイス。ちょっとしたライブラリーコーナーになっていて
日差しが差し込みポカポカしそう。時間があったら、ここで微睡みたいところだ。

左は地下にあるお風呂からあがってくる階段から天井を見上げたところ。 この採光!
これからの日本の家づくり(特にお風呂のあり方)に、影響力があるように思うのは私だけ?
「バス空間は、究極の超私的リビング」だって、先月読んだある月間誌で特集されてたな・・・。

こんな風に、昼と夜で全く表情を変える---それが「旅館藤屋」のいちばんの魅力なのかも。

正直言って、私たちが「藤屋」に泊まるなんて、どう考えても“分不相応”だったかもしれない。
確かに“高いお買い物”だったけれど、でも、いろいろインスパイアされたかったのだ。
いい経験させてもらえたな・・・と思う。意味のある授業料払ったつもりで、またがんばって働こう。
旅ってやっぱいいね。

戻って数日後、女将からお礼のはがきが届いた。猪のシールが貼ってあった。
ありがとう、ジニーさん。

銀山温泉旅館藤屋公式サイト山形県尾花沢市大字銀山新畑443
TEL:0237-28-2141


takamaien_n at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

February 28, 2007

みちのくふたり旅 その5

銀山温泉1

山形・銀山温泉・・・仙境の湯。
日本の理想の温泉場を絵に描いたらこうなるのかな---という場所です。
鄙びた・・・というコトバがぴったりな風情。かつては日本三大温泉として栄えたんだそうな。

木造多層造りのお宿が銀山川沿いにずらーっと並んでいて、車もは入れないし、照明はガス灯。
これを守っていくのって大変な努力が必要なのでしょうね。

銀山温泉でいちばん有名なのは何といっても「能登屋」(注:上の写真です)
銀山のシンボルといえるのかもしれないね。どの雑誌にも絶対に載っている。
大正ロマンたっぷりで、ノスタルジックで、本当に美しい旅館。
文化財にも指定されているらしい。

私の写真では、暗すぎて何のことやら??なので、こちらをどうそ。能登屋旅館

左の写真は温泉街のいちばん奥の景色。右は泊まった旅館から見えた景色。
銀山温泉2銀山温泉3

私は、もちろん「能登屋」に泊まるつもりでいたのだけれど
KUROが仕事の関係で役立てたいと思ったのか、是非泊まってみたいということで
急遽、「藤屋」に泊まることに・・・。

出かける前に見たリクルートの「おとなのいい旅」(つまり じゃらん ね) の特集
“オールド&ニューデザイン・名建築の温泉”にも
今月発売のマガジンハウスの「CasaBRUTUS」の特集
“ニッポンの新しい宿に行きたい90”にも載っていてにわかに人気?な感じの「藤屋」さん。

ハッキリ言って浮いてます。

もともと「藤屋」さんは、青い目の女将さんがいる宿として浮いていた?のかもしれない。
そのジニーさんっていう人は、サバサバした感じのアメリカ人で
サンフランシスコから日本にやってきて藤屋の若旦那と山形のスキー場で出会い
老舗旅館の女将になっちゃった人。
(私、友達に似た境遇のカナダ人がいるんだけど
ジニーさんに会った瞬間に、彼女と同じニオイを感じてしまいました)

そのお嫁に来た彼女の発案なのかどうなのか詳しいことは知らないけど、
藤屋さんは去年の夏に、建築家の 隈研吾(くまけんご)さん がデザインして
大々的なリノベーションを遂げたから、そりゃもう大変!

夕暮れ時になると、藤屋の建物全体が行灯と化してしまったかのように
ぼわんと浮かび上がっています。
相変わらず、三脚ナシの手ブレ写真ですが、お許しを〜。

銀山温泉4

銀山温泉に到着すると、ジニーさん自ら橋のたもとまでお出迎えしてくれて
楽しくおしゃべりをしながら、川沿いの道を歩いて、旅館に到着。

銀山温泉5

ほの暗いロビー。音楽の全くかかっていない空間。
(私はこういうオサレ空間に全く音がしないっていうのも潔くてよいなーと思ったのだけど
働いている人は大変だろうなと思って、食事のときにスタッフの女の子にそう告げたら
苦笑いしてました)

黄色いガラスはフランス製のシトー派の修道会がよく使うらしい黄色いステンドグラス。
日本人のステンドグラス作家の方が表面に腐食加工をして表面を荒らしているらしい。
それが自然でいい味を出しているの。

館内で一番目立つのは細い竹のスクリーン。
竹をこれでもかっていうくらい細く細くそいで、つなぎ合わせた、簾虫籠(すむしこ)と呼ばれる
まあ簾みたいなものが壁や天井や、とにかくいろんな所に、めちゃめちゃいっぱい使われている。
金沢の職人さんが3ヶ月半かけて完成させたものだとのこと。

職人泣かせの、いや職人魂をくすぐるだろう設計。
私はのっけから、OH!オモシロイ!!ときょろきょろしながら、階段をあがると、そこにお部屋が。
銀山温泉6

どこが入り口だかわかんないほどのシンプルさ。ドア、どれだかわかります?

銀山温泉13銀山温泉14

部屋の中もいたってシンプル。
間接照明と和紙の壁紙が静かに・・・とても静かにその空間を包んでいます。
テレビやドライヤーやタオルもアメニティもゴミ箱も
そういったものは、一切何もない。
(いや、あるんだけど、外に出てないの。すべて石で出来た洗面台の下に隠されているの)
銀山温泉7

↑これは、座椅子。座布団がね---和紙なの。お尻に気持ちいいの。
畳とバススペースの間に格子の大きな引き戸があるんだけど、この影がまた、美しいのです。
何だか嬉しくなって、スタイリングも入念に、1枚パシャリ。

その後は、言うまでもなく---夕食前にも後にもお風呂三昧を楽しみました。
銀山温泉のお湯はさらっとしてて熱め。
藤屋さんには客室が8室しかないのにお風呂が5つあって、すべてが貸切風呂。

銀山温泉11銀山温泉12

これは竹のお風呂。仄暗さがいい。

銀山温泉9

2階のお風呂。外気を取りこんで入るがよし。

銀山温泉10

このヒノキのお風呂は夜よりも朝がすがすがしくていい感じ。光の入り方が絶妙です。

銀山温泉8

そしてお楽しみの食事は、夜も朝も1Fのステンドグラスに囲まれたスペースで。
だって、お部屋は禁煙なんですもの。

お料理最高でした!!!!! なので、詳しいことはまた後日ということで。

銀山温泉旅館藤屋公式サイト山形県尾花沢市大字銀山新畑443
TEL:0237-28-2141

takamaien_n at 23:55|PermalinkComments(4)TrackBack(2)