岐阜

February 28, 2008

明宝 vs 明方

おっとっと。気がついたら、もう2月も終わりなんですね。
今月は、家でほとんどPCの電源を入れることがなく過ぎ去ってしまった。
というのも・・・2月はウィンターシーズン真っただ中。
ワタクシ“休みという休み”を、すべてスキーにつぎ込む日々を送ってしまいました。

仕事から21:00頃帰宅して、お風呂に入って準備をしたら、夜中のうちに移動をして
2〜3日間の休みは雪山で過ごすというような生活。
20年も前の『私をスキーに連れてって』にインスパイアされまくってた頃みたい?

でも…もう春になっちゃったね。淋しいな〜。

山生活はそれなりに刺激的で、たくさんの人たちとの出会いもあって
ブログに書きたいネタはそれなりに溜まってはいるのですが
山は超アナログ生活なのと、私はトロいので、荷物がいろいろと多いのと
今回は他にも気に掛けるべきことがたくさんありすぎて、デジカメを携帯する余裕が
ほとんどなかったの。

そんなこんなでネタのアップが出来ずに早1ヶ月…。
でも、そんな“山生活”の中でも、美味しいもの探しは忘れていなくってよ♪

今日はコレをご紹介したいと思います。

myogata

岐阜県は郡上の街の至るところに、のぼり旗が掲げられている「めいほうハム」
岐阜に行ったら 絶対「めいほうハム」をゲットしておいで!って言われていました。

メジャーなのは「明宝ハム」らしいの。
お土産屋さんとか道の駅とかで、派手に宣伝されているのは「明宝」の方。
でも、私が地元スーパーで手に入れたのは明方(みょうがた)ハムの方。
製造開始は昭和28年で、国産の豚もも肉で、独特の味を守り続けているんだそう。
この素朴なパッケージもいいではないですか!!
保存料、着色料、防腐剤は使っていないんだって。
こっちの「明方」の方は、岐阜県以外ではあまり流通していないとのこと。やった!
 
明方ハムと明宝ハムの違い(ウィキペディア)

中京圏ではたぶんスゴク有名なハムなんですよね?素直にとってもウマいっす。


明方ハム  by JAめぐみの  vs  明宝ハム  by 明宝特産物加工株式会社 

このハムに限らず、商品ラインナップが、こっちとは全然違うので
「スーパーめぐり」は
ほっといたら仲間を忘れて何時間も過ごしてしまいそうなほど、すごく楽しかった。

飛騨の郷土料理 鶏ちゃん焼き(けいちゃんやき)も、寮でみんなで食べたりしたけど
なかなかいかったよ♪

けいちゃんホルモンなど、飛騨名物もしっかりお土産にゲットできたのでホクホクでした。


飛騨高山も郡上八幡も大好きな街。
今はスキーの後に、温泉に入るぐらいしか時間が取れないけど
グリーンシーズンになったら、いつか長良川鉄道をゆっくりのんびり旅するぞ!って
今から決めてます。


takamaien_n at 22:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)