手作り

September 21, 2007

ふんわりふわふわ

母が持ってきてくれた、おからのおやき。
おからおやき2

母の手作り・・・ではないんだけど、実家の近くで売っているおやきで
まさに 田舎のおばあちゃんの味。 ふっくらフワフワで、すごくおいしい。

このおやきみたいに、今日は何だかふんわりした気持ち。
久しぶりに母がウチに来て、午後の時間をゆっくりと過ごした。

いつもは姉妹が一緒だったり、それぞれの連れがいたり、子供がいたりして
母と娘とで膝を交えてじっくり話す時間なんて、なかなかないものだ。

日が傾いてくるまで、何時間も話したのは何年ぶりだろう。思い出せないなー。

笑ったり、感心したり、涙を流したりしながら、いろんな話をした。
久しぶりにのんびりとしたいい休日だったな・・・と思う。

もうすぐ年金をもらうようになる母も
私たち子供がそれぞれに暮らす場所を見つけ、今は父と二人暮らし。
静かに過ぎていく毎日の生活のなかに、ささやかな楽しみを見つけながら
自然や移りゆく季節を愛おしんで、友達との時間や、夫婦の時間を大切にしている母を見て
ちょっと小さくなったなーなんて思いながら
でも、素敵に年を重ねている様子を嬉しく感じながらおしゃべりをした。

両親が築いてきた家庭は、裕福とはいえないけれど
「モノより想い出」「想い出はプライスレス!」が、いちばんのテーマだった。

音楽を勉強させてもらったこと。
スポーツクラブにも入らせてもらって、早朝からトレーニングをしたり
いろんなところに遠征に行ったこと。
両親が所属するスポーツ団体の練習や大会にも連れていってもらったりして
大人たちと過ごした夜のこと。
そして、何より家族旅行にいっぱい連れていってもらったこと。
たくさんの経験をさせてもらったな・・・と思う。

今の私があるのも
結婚式を控えたカップルに「家族ってほんとにいいものだよ。幸せな結婚をしてね」って
心から祝福したい気持ちで、ハードな仕事を頑張れるのも
本当に両親のおかげだなーとしみじみ思う。

ありがとう。


takamaien_n at 22:04|PermalinkComments(4)TrackBack(2)

September 08, 2006

信州こだわりバター

協同乳業の松本工場でつくっている、この「信州こだわりバター」

バター1バター2










美味しいんです、コレ。色が白くて、コクがあって、でも品もあって・・・。
パッケージもなかなかいいと思うのですが。

昔ながらのチャーン法という製法で手作りしているバター。
チャーンというのは攪拌器のことらしく、
手間隙かけて、繰り返し回転させて、生乳が分離して出来たクリームの脂肪球どうしがぶつかりあって
やがてバターになるのだそうです。
一般的なバターの15〜20倍くらいの時間がかかるみたい。

美味しいワケがわかりました。
量産できないからでしょうか・・・近所では、全く見つかりません。
松本市内のスーパーとかでは売っているのでしょうか?

ネットで調べても全く出てきません。昨今、そんな商品の方が珍しいですよね。
そういう意味でもスゴイ。

takamaien_n at 23:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

September 02, 2006

行灯

行灯





















先日、実家の近所にある「和紙の里」に行ったときに(過去の記事
何だか可愛い和紙を見つけた。
KUROがホームセンターで角材を買ってきて、行灯をつくってくれた。

ほのぼの癒されるな〜。なかなかいい色でしょ?

takamaien_n at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)