松阪

August 21, 2007

ネーミングが素敵!

富山の銘菓に続いて、三重県・松阪の銘菓。

老供01

初めていただいた和菓子でした。見るからにお上品な薄い和紙のパッケージ。
何より、この「老供」というネーミングが、とても和菓子らしくて気に入りましたわ♪

老供02老供03

この模様はが中国の後漢時代の瓦を模ったものだそうで
その昔は「古瓦」と呼ばれていた御菓子だったそうですが「老供」の方がずっと“あはれ”な感じ。
最中には 延年・・・と書いてあるのだそうで、つまり 不老長寿 の願いが込められいる?
末長くご愛顧くださいまし・・・という願いも込められているのですよね、きっと。

そして、この御菓子、中はふつうの餡子かとおもいきや、なんと羊羹なのでした。
へぇ〜、こんなん初めて。

老供04

あんこじゃなくて、羊羹にしたのは、日持ちを考慮してのことだそう。
夏でも美味しくいただけて嬉しゅうございます。

柳屋奉善

takamaien_n at 23:58|PermalinkComments(4)TrackBack(1)