災害

September 11, 2007

台風の爪痕

9月に入って驚くことがたくさんあり、10日を過ぎてやっと一息。
驚いたことナンバーワンは、もちろん先日の台風9号の脅威。

今回の台風の影響で軽井沢は結構な影響を受けたようで
景観が変わってしまったところが、街中あちこちで見られます。
多分、復旧にはもうしばらく時間がかかりそう。

台風1

勤務先でもお店の前にある樹齢100年近いモミの大木が倒れて
電線を切断し、電話線も切れたり、電球も割れたり・・・
でも、建物の損壊もなく、怪我人もなかったことは不幸中の幸いだったのだと思う。
きっと、その木も、選んで選んでちょうど建物と建物の間に倒れこんでくれたのでしょう。
なんてお利口な木なの!・・・と褒めてあげたい。

でも、
夏には暑い日差しがお店の中まで入り込まないように、木陰を作ってくれていた
大きな大きな木がなくなってしまったのは、何だかとても淋しいな。

台風2

それにしても、根が浅いのね・・・。こんな大木なのに、根っこは1mもナイ。

いろんな人から、大変だよーとメールや電話をいただいていたので
覚悟はして行ったんだけど、あまりにも衝撃的な映像に唖然!
観光客の人も、写メしたり、ビデオをまわしたり、記念撮影をしたり
観光スポット化していました。

夜中に連絡が入っていたので
翌朝はいつもより2時間早く出勤したんだけど、1時間近く遅刻をしてしまいました。
松井田方面の国道も高速も通行止めのため、18号バイパスが駐車場と化す大渋滞。
いつも通っている裏道も通れないらしい・・・とか情報が交錯していたこともあって
(ホントは通れたんだけどね)
いつも30分で通える距離が、3時間もかかってしまったので。

台風一過の軽井沢は街中が終日停電で、ホテルやレストランも営業ができず
自家発電で持ちこたえたところもあれば、お客様を受け入れることが出来なかったり
外からは無傷に見えても、実は地下が泥プールになってしまったりしたところなども
たくさんあったようです。

私たちも停電と電話の故障で仕事にならなかったので、ほぼ一日中
Tシャツとジーンズの作業日でした。

秋のブライダルシーズンに突入しているので、結婚式の対応もみんな必死。
私もその日に担当の結婚式があったので
前泊していてホテルに缶詰になっている新郎新婦と
渋滞の中を軽井沢に向かっているゲストに、抜け道ナビなどしながら
頻繁に連絡を取り合い、携帯電話の充電が切れないかヒヤヒヤしながら
皆様が無事にご到着されることを、ひたすら祈っていました。

お開きになったときは安堵して、どっとカラダが重くなりましたが
ほんとうに無事にお式ができてよかったです。

でも、ニュースを見ると、群馬県の南牧村はもっとひどい状況になっているようですね。
一日も早い復旧と、高齢者の方が多いという村民の皆様のご健康をお祈りいたします。



takamaien_n at 09:23|PermalinkComments(6)TrackBack(0)