登山

October 12, 2007

念願叶って

大河原峠・・・同じ佐久市市内にありながら、白樺湖の方へ抜けるときや御泉水に行くときに
たまーに通ることはあっても、ここを歩いたのは実は初めて。

今はクローズしてしまった アソシエイツスキー場 のある、仙境都市っていうところの
さらに、上にある峠。
アソシエイツ・・・あーなんて懐かしい響きなんだ。
かつてはここらへんに松任谷由実の別荘もあって、彼女も滑りに来ていたらしい。
苗場だけじゃないのね・・・(笑)
景色はすごくいいんだけど、まあアクセスが悪すぎたわね。

峠のてっぺん、大河原ヒュッテのあるこの場所は、風の通り道なのか
いつ行っても雲がビュンビュン流れている。
この日もすごく寒かったな。
ここで登山口の入り口であるこの場所で、すでに・・・標高2093mですからね。寒いよね。

きっと、そろそろ紅葉も見頃になることでしょう。
針葉樹と広葉樹が混ざった植生が織り成す、原生林の紅葉も
少し下ったところにある春日渓谷の紅葉も、それはそれは綺麗でしょうね♪

でも・・・今日は、もう、ひと月近く前のことになっちゃったんですが
【9月18日 蓼科山 山行報告】です。

 
休みだと、何故かパチっと目の覚める私。
この日は確か5:30くらいに起きて、7:30から登り始めました。
oogawara001

ここは、登り始めて15分か20分くらいの場所かな?
さすが 日本百名山のひとつ。人気のある7合目からのコースではないけれど
登山道もちゃんと整備されています。

木漏れ日も気持ちいいし、風のさわさわ〜という音と、野鳥の声が
忘れたころに聞こえてくるくらいで、ほんとに静か。

oogawara002

1時間くらい歩くと、縞枯れの向こうに蓼科山が見えてきました。下ると、将軍平に到着。
ここで、少し休憩をして、7合目の方から上がってきた方たちと合流して
蓼科山荘の山小屋のおじちゃんとおしゃべり。
数日間、ずっと霧と雨と風でだいぶ荒れていたけど
今日は久しぶりにいいコンデヒションとのこと。 やった〜!!

ここから先は岩場が続くのでストック(トレッキングポールっていうのかな?)を
収納して、いざ!

oogawara003

蓼科山って遠くからみたら、丸くてなんか優しい印象の山だったけど
近づくとこんな岩場なの。これが山頂までずっと続いている。それに結構、急なのね。

oogawara004

そして、2,530m山頂に到着!ここまで、約2時間!

昔は火山だったのかな?ココって噴火口跡ってことかしら?
山頂は、とにかく広くて直径100mくらいあるかなー?
岩がこれでもか!ってくらいゴロゴロとしていて、真ん中の方が少し窪んだ恰好になっていて
そこに神様が祀られている。

oogawara005

蓼科山は、八ヶ岳火山列の最北端に位置する独立峰。
山頂からは、素晴らしい眺望が広がってます。
手前は2in1スキー場かな?遠くには南アルプス。

oogawara006 

左の方には、八ヶ岳。

山頂の窪みで風を避けつつ、お約束の“スニッカーズ”をかじると見事エネルギー補給も完了!
また元気を取り戻し、颯爽と下山し始めます。

そのまま、来た道を戻るのが賢明・・・それがレベルだったのかもしれないけど
知らぬが仏と申しますか・・・何分、素人なもので
天祥寺原へ廻るコースをチョイスしていた私たち。 激下り!です。
こっちは、歩く人が割りと少ないコースなのか、上級者向けだからか
道もそれほど整備はされていないの。でも下りだから、まだ良かったのよね〜。

登ってくる人たちににこやかに挨拶をしても、ほとんどの人が
喘ぎながら挨拶を返すのがやっと!という様相でしたモン。
oogawara007

私たちも、ストックでバランスを保ちつつ
スキーの感覚で降りるとあまり怖くないし、いいテンポを保つと意外と楽しいかも〜♪
-----なんて思い始めた頃に、天祥寺原に到着。
振り返ると、今、登ってきた山が、笹の原っぱの向こうで日を浴びてました。

oogawara008

そして、亀甲池に到着。深閑とした雰囲気です。ここでランチに。
この池は、干上がることもあるらしく、池底に見える岩が亀甲の形に浮かび上がるんだとか。

そしていよいよ後半。
この頃になると、口数も少なくなってきて
あとどれくらいかな〜って考えたりすることが多くなってきちゃったんだけど・・・
でも、こんな景色を見るとやっぱり元気をもらえる。

oogawara009

双子池に到着。まずは雄池。うーん。秋の空だね!!

ぐる〜っと半周くらい廻ると、双子山ヒュッテがあって、その奥に雌池が。

oogawara010

こっちの池の方が透明度が高いみたい。
どうやら双子山ヒュッテの水はこの池から確保しているらしく池底にホースも這っていた。

そして最後の難関、双子山に挑む!
もう既に、この時点で、私たちの体力はかなり限界レベルに近づいていたはずなんだけど
とにかく、この山を登って降りないことには、ウチに帰れない〜。
久しぶりに根性出しましたよー。

oogawara011

山頂で撮った写真は、もう記録として、ただ撮っただけ。構図も何もあったもんじゃない。
既にガタがきている膝をいたわりつつ、フラフラしながら降りました。

普段、何のトレーニングもしていないのに、ただの無鉄砲の何モノでもないね。


でも!やっぱり楽しかった。
カラダは疲れたけど、すっごくリフレッシュできたし(し過ぎかな?私)
肩こりとかは取れたし。
体育会系オンナとしては、久しぶりに気合いいれるのも、それほど悪くない。

oogawara012

おまけ。
今回の山歩きで、私を元気付けてくれたモノ。
これウチで食べても美味しいけど
山で食べたときの、鼻の奥までツンと刺激するようなバターとキャラメルの香りの高さは
忘れられないなー。


takamaien_n at 18:31|PermalinkComments(6)TrackBack(1)

August 13, 2007

アルプスのお花畑

残暑お見舞い申し上げます。
猛暑続きで夏バテなどされていませんか?
私が仕事をしている軽井沢の事務所は、まわりに木も多いせいか
窓をあけておけば、とりあえずクーラーは要りません。
夜になると20℃くらいにもなりますし、今年ほど避暑地を有難く思った夏もないほどです。

さて、皆様はどんなお盆をお過ごしでしょうか?
私は、今日久しぶりに実家に帰ります。1泊だけだけど。

なので、その前に・・・先日、例によってたまった家事を済ませてから
お昼少し前に出かけたプチ登山のお話なぞ。

信州、中央アルプスの「千畳敷カール」といえば、上高地と並んで
誰でも気軽に訪れることの出来る山岳レジャーエリア。

7月下旬から8月中は高山植物の本当に美しい、清々しさに彩られた姿の山々。
紅葉の季節も絶景かもしれないけど、私はやっぱり夏の山が好き。

千畳敷001
千畳敷は日本でいちばん高いところにかけられているロープウェイのおかげで
2,610mまでいっきに連れて行ってもらえるから、ナマケモノの私にも
気軽にアルピニスト気分を味わえちゃったりするから有難い。

ロープウェイは約7.5分で高低差950mの山を一気に登っていきます。
千畳敷002
眼下には大小様々な滝が見えたり

千畳敷003
斜度が50度もあるという岩肌が見えたり
その眺望を楽しんでいるだけで、7.5分のスカイウォーク(っていう?)は
あっという間です。

千畳敷004
山頂駅からの眺めはこんなカンジ。

と、ところが。
ちょっと雲行きが怪しかったのは事実なんだけど
山頂駅を出て写真を撮っていたら、結構ないい降りの雨が!!
お昼がまだだったので、レストランで腹ごしらえを。
迷わず「駒ヶ根名物・ソースカツ丼」をガッツリ!
千畳敷005


すると・・・やっぱり山の天気は変わりやすいのね。
40分ほどですっかり雨もあがって、明るくなり、気持ちのいい風が吹き始めました


・・・という訳でいざ、出発!まず見えてくるのはこんな景色。
千畳敷006
仕事で疲れていたこともすっかり忘れ、足取りも軽く
鼻歌なぞ歌いながら(もちろん「アルプスの少女ハイジ」を♪)お花畑を歩きます。

さっきの雨で、早めの帰り支度をし始めた人が多かったのか
さっきまで、いっぱいだったカールもすっかり人影がまばらになってきて
独り占め・・・とはいかないけど
夏休み真っ只中なのに、こんなに空いててラッキー!ってカンジでした。
自分のペースで歩けると嬉しいもんね。

千畳敷007
で、山歩きをするには考えられないくらい遅ーく自宅を出た私たちには
ロープウェイが止まるまでの持ち時間は2時間。
どうしようか迷ったけど、せっかくココまで来たんだし・・・と
お花畑の遊歩道から、所要時間小1時間と書いてあった「乗越浄土」まで
八丁坂というつづれ折の斜面をピッチをあげて、肺をゼイゼイいわせながら
何とか35分くらいでのぼりきった。

千畳敷008
頂上付近の写真。
ロープウェイ駅のある「千畳敷ホテル」がずいぶん小さく見える。

爽快!!
やっぱり山登りの爽快感はいいね。久しぶりに滝のような汗をかいたけど
サラっとしていて、ちっともベタつかない気持ちのよさなんだよね。
千畳敷009
雲の流れがはやい、はやいっ。汗もいっきにひいていきます。
Tシャツ1枚では寒くて、マウンテンパーカーを急いで羽織ったほど。

千畳敷010
彼は、ほぼ私とちと同じペースで登りきった小学生。
「パパ遅いな〜」と、ひとりごちていました。

千畳敷012
ね、意外と急でしょ?
千畳敷013
黒百合とシナノキンバイ・・・かな?

千畳敷014
これは、わからない。
千畳敷015
これは、不明。
千畳敷016
そしてコレも、全く知らない。
知っている方教えてください。(・・・っていうか調べろよっ)でも可愛いな〜。

千畳敷017

そして、最後におさめた千畳敷カールの写真。コレが撮りたかったのよね。

しかし・・・この後、思わぬアクシデントがっ!
KUROが岩場から落ちて手の小指を脱臼してしまいました。
カメラのレンズをかばったからかな・・・?
私、思わずレンズ大丈夫?って聞いちゃった。KURO・・・ごめんね。

千畳敷のことがわかる公式サイト
中央アルプス観光株式会社

takamaien_n at 11:40|PermalinkComments(10)TrackBack(0)