神社仏閣

May 16, 2007

花の寺 前山寺

今年の春は仕事のオフ日が少なかったこともあり(やりくり下手の言い訳ですが)
この花の美しい時期に見頃を逃してしまい、残念だったけど、
それでもカメラに収めたままでは
せっかくの写真も、いつまでも日の目を見ずに可哀相なので・・・。
前山寺1

桜の季節の終わりかけに出かけた上田の前山寺。

前山寺2

別名「花の寺」とも呼ばれるこの真言宗のお寺は
都会から遊びに来た人に、ぜひ連れていってあげたい場所のひとつ。

前山寺3

この「未完成の完成の塔」と呼ばれる三重搭のまわりには
そろそろ藤の花が美しく咲き乱れていることでしょう。

今年は、紅葉が綺麗な季節になったらまた行ってみたいと思っています。
あああ、でも紫陽花の季節もきっと美しいことでしょう。
写真のお好きな方は、ぜひお出かけくださいませ。

前山寺4

この庫裏のお座敷から眺めるお庭も静かで、心が落ち着きます。
いいですね、休日にお寺で、じっくり物思いに耽るというのも。
ずっと、そよそよと吹く風に吹かれて縁側に座っていたい気分です。

冬の境内も静けさがより一層際立つことと思いますが、前山寺に行ったら
ぜひこのお座敷にはお邪魔して欲しいので、冬はちょっとね・・・。

何故って・・・
前山寺5

理由はコレ。
くるみおはぎの、お接待。冬の間はないんです。このサービス。
上小エリア(上田市&小県郡)の名物のくるみ。
その香り高い おにぐるみ のタレをたっぷりつけていただく、この「くるみおはぎ」が
前山寺のもうひとつの顔。すごく美味しいです。
この日、お座敷でご一緒させていただいた富山から来ていたという初老のご夫婦は
初めて頂きました・・・といたく感動されていたご様子でした。

向付の 梅のしそ巻 も、いいお味です。
あ〜、お尻に根っこが生えそうです。

真言宗 智山派 獨股山 前山寺公式サイト
長野県上田市前山300
TEL:0268-38-2855
花や緑に囲まれた美しい前山寺の様子は
このサイトの「四季のうつろい」というページでぜひご覧になって。

「くるみおはぎ」の接待は700円(予約をした方が安心かも)
金曜はお休みみたいです。

takamaien_n at 23:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 22, 2007

「風林火山」な散歩道 その1

龍雲寺1

去年から少しずつ、巡りはじめていた風林火山の縁の地。いちばん手近なバージョンです。

自宅から車で5分の場所にある曹洞宗のお寺龍雲寺
かつて武田信玄が越後から禅師を迎えて
オンボロに朽ち果ててしまっていたこの寺を復興したのだそう。

信玄が、信濃出兵の時は、必ずと言っていいほど戦の勝利を祈願しに立ち寄ったと
言われているそうで、信玄に縁の深い寺らしい。

「え?こんなところに?!こんなお寺が?!」というくらい意外な感じで
住宅街の中にりっそりと佇んでいて、表通り(国道)からは見えない。

龍雲寺2


この山門もなかなか立派です。

龍雲寺3

この奥に信玄公の霊廟があるの。このトンネルみたいなのをくぐると---

龍雲寺4

信玄の遺骨が出てきたという場所があって、墓標が立っています。

信長と同盟を結んでいたくせに、将軍・足利義昭の信長討伐令に同調して信長を欺き
遠江の家康の領地に攻め込んで徳川軍をビビらせた武田信玄・・・。

でも、ついに持病には打ち勝てずに、甲斐への撤退せざるを得なくて
しかもその途中、信濃国駒場で亡くなってしまう。
でも、敵につけいる隙を与えないため、
それに親方様崩御の知らせを受けたら、味方の士気も下がるから・・・と部下さえも欺き
その喪をひたすらに隠し通したというのは、有名な話。
死んでもなお、強い武将でありつつけなければならなかったのね、信玄は。

その信玄の遺骨を、この龍雲寺を再建した北高禅師が
密かに持ち帰ってこの寺に埋葬したという言い伝えが残っているのだそうで
墓標の建っている場所で、昭和6年には骨壺が発見されて
中から骨と短刀、袈裟環が発見されたんだそうだ。

龍雲寺5龍雲寺6

信玄の霊廟。武田菱がなんだか誇らしげですね。

takamaien_n at 23:51|PermalinkComments(2)TrackBack(1)