自然

January 16, 2008

空気も凍る寒さ

takayama001

ここは地元のスキー場『ブランシュたかやま』に続く裏街道。
樅の木も多い、長和町の中でも、私が大好きな場所。。。
なので、春も夏も秋も、よく通る道ではあるのだけど…今回ほど感激したのは初めて。
思わず車を降りて、しばらく歩きながら写真を撮ることにしました。

ピンと張りつめたマイナス8℃くらいの森に、朝日がすーっと差し込み始めて
木の枝という枝が、キラキラと輝きだしだ。

これぞ、冬の里山の美しさ!神様ありがとう!

takayama02

こんな朝はゲレンデだって、最高ですvこれはリフトから撮影した一枚。
この日は、午前中はずっと雲ひとつない快晴。

新潟や北信のスキー場は、雪だったり、曇っていたりする日が多いけど
白樺湖エリアや東信のスキー場は晴天率が高いので、こんな景色に出会える確立も高くなるのが…
嬉しい。 しかし、ひたすら寒い。

takayama03

そして、これが山頂からの眺め。最高っす!中央アルプスの山並み。

この日は、練習の成果という意味でいえば
自分がイメージしていたようなスキーの仕上がりになったとは、残念ながら言い難いのだけど
でも、こういう景色に出会えただけでも、寒い中を出掛けて行った行った甲斐があったというもの。


takayama04

展望小屋の方へあがると、遠くに浅間山も。山頂の標高は1,710メートル。

takayama05


でもね、今回いちばん感激だったのはダイアモンドダストかなー。
なかなか巡りあえるシロモノではないので、しばし目をウルウルさせながら見とれてしまいましたよ。

肉眼で見たほどのキラキラ感は表現できなかったけど、何とか写ったみたい。
わかりますか?


今年からスキーヤーに転向した私は、実は今回初めて『ブランシュたかやま』に行ったのでした(汗)
地味ですが、すごくいいスキー場よ。上手なスキーヤーが多いから刺激にもなるし♪
スノーボーダーはいません。


スキーヤー・オンリー!ブランシュたかやまスキー場 公式サイト
ちょっと微妙なサイトだけどね(苦笑)

takamaien_n at 21:13|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

September 16, 2006

わさび漬け

山葵1





















何だか、最近は 田舎っ子全開 ---な記事ばかりですが。

先日、午後少し時間ができたので、武石村の畑に行って、ミョウガをたんまり収穫してきました。
武石のウチの畑、高原にあるので、ミョウガはまだまだ採れそうです。

○リーザーバックにいっぱい詰めて、冷凍庫に常備しましたので
これでしばらく安泰?かな。

それで、何となく山菜づいてというか何というか
デイキャンプに行った帰りに採った山葵が我が家で好評だったので
雨の中、さらに山葵採りにまで出かけてしまった。

これが、処理前の山葵。3年ものくらいでしょうか・・・。
葉っぱや茎の黒いところを取ったり、細かい根を切ったりして、泥を丁寧に洗い流し
茎や芋の部分をみじん切りにしたら、さっと熱湯にとおして水分を切る。

酒粕を細かくほぐして日本酒やみりんでのばし、なめらかになったら
砂糖と塩で味を整える。

あとは山葵をいれて、冷蔵庫で寝かせるだけ。

山葵2












あんまり辛味が強くなかったけど、2,3日したら味が落ち着いてきたみたい。

山葵3


















上の写真の葉っぱの分量で、小瓶に数個できたので、お友達にプレゼントしてみました。
楽しんでもらえるかな?

ちょっとお醤油を垂らしてアツアツご飯にのっけたらいいかも。
ねぇ、mai・・・ダークラムの“アテ”にも合うの??

takamaien_n at 23:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

September 12, 2006

軽井沢の植生

やっぱり軽井沢の気候って独特なのですね。

紫陽花毬栗

















もう冴えた月夜の頃だというのに紫陽花も咲く軽井沢。
かと思えば、毬栗の黄緑も美しく・・・。

2日ほど前に撮った写真です。念のため。

takamaien_n at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 02, 2006

蓼科 御泉水自然園

8月1日、佐久地方はお墓参り。

1742年の夏、超大型の台風が上陸して本州を縦断。
その時に千曲川上流域である佐久は大災害を被り、私の実家でもある佐久穂町では
さらに土石流があり、村の4割の人がなくなるという悲劇が起こったのだそうです。

その年は戌年。それから、この大災害のことは[戌の満水]と言われるようになって
佐久地方では、その大災害でなくなったたくさんの犠牲者の慰霊をするために
お盆を目前にしながらも8月1日にお墓参りをする習慣ができたとのこと。
会社もお休みになるところが多いんですよ。

そんな訳で親兄弟が集まる1日。
お墓参りを済ませてから家族で出かけるのが我が家の恒例行事です。

半日だけなので行動範囲はある程度限られるんだけど、毎年あれやこれやと計画をしてます。
今年はもうすぐ3歳になる甥っ子の喜びそうなところ・・・ってことで
蓼科の御泉水自然園と長門牧場へ。

gosensui2



















御泉水は私も前から行きたかった場所。
女神湖の東の山の上に広がっている湿地で、長野県が明治100年記念事業として開設したらしいです。

蓼科牧場から白樺国際スキー場のゴンドラリフトに乗って蓼科山の中腹から
歩き出すことも出来るけど、私たちは上の駐車場からそのまま入園。

たくさんの高山植物を眺め、野鳥の声に耳を澄まして、木道の散策コースを歩いて
森林浴。

gosensui3



















これが、御泉水の源泉。

gosensui1



















この苔むした岩の下から相当量のお水が湧き出しています。
たぶん、水温は5℃くらい。ずっと手を浸しているのはツライ温度です。

甘くて軟らかい水。美味しい!!!!!!!!ペットボトルに1本だけ頂いて帰りました。

azamiwaremokou





















ワレモコウ、野アザミなど可憐な花もたくさん見られます。
石楠花や山ツツジの咲く季節も素晴らしいんだろうなー。

御泉水自然園
長野県北佐久郡立科町大字芦田八ヶ野
TEL:0267-55-6201
8:30〜17:00/11月中旬〜4月下旬は休業
入場料 大人\300 子供\150

takamaien_n at 22:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)