蓼科

October 12, 2007

念願叶って

大河原峠・・・同じ佐久市市内にありながら、白樺湖の方へ抜けるときや御泉水に行くときに
たまーに通ることはあっても、ここを歩いたのは実は初めて。

今はクローズしてしまった アソシエイツスキー場 のある、仙境都市っていうところの
さらに、上にある峠。
アソシエイツ・・・あーなんて懐かしい響きなんだ。
かつてはここらへんに松任谷由実の別荘もあって、彼女も滑りに来ていたらしい。
苗場だけじゃないのね・・・(笑)
景色はすごくいいんだけど、まあアクセスが悪すぎたわね。

峠のてっぺん、大河原ヒュッテのあるこの場所は、風の通り道なのか
いつ行っても雲がビュンビュン流れている。
この日もすごく寒かったな。
ここで登山口の入り口であるこの場所で、すでに・・・標高2093mですからね。寒いよね。

きっと、そろそろ紅葉も見頃になることでしょう。
針葉樹と広葉樹が混ざった植生が織り成す、原生林の紅葉も
少し下ったところにある春日渓谷の紅葉も、それはそれは綺麗でしょうね♪

でも・・・今日は、もう、ひと月近く前のことになっちゃったんですが
【9月18日 蓼科山 山行報告】です。

 
休みだと、何故かパチっと目の覚める私。
この日は確か5:30くらいに起きて、7:30から登り始めました。
oogawara001

ここは、登り始めて15分か20分くらいの場所かな?
さすが 日本百名山のひとつ。人気のある7合目からのコースではないけれど
登山道もちゃんと整備されています。

木漏れ日も気持ちいいし、風のさわさわ〜という音と、野鳥の声が
忘れたころに聞こえてくるくらいで、ほんとに静か。

oogawara002

1時間くらい歩くと、縞枯れの向こうに蓼科山が見えてきました。下ると、将軍平に到着。
ここで、少し休憩をして、7合目の方から上がってきた方たちと合流して
蓼科山荘の山小屋のおじちゃんとおしゃべり。
数日間、ずっと霧と雨と風でだいぶ荒れていたけど
今日は久しぶりにいいコンデヒションとのこと。 やった〜!!

ここから先は岩場が続くのでストック(トレッキングポールっていうのかな?)を
収納して、いざ!

oogawara003

蓼科山って遠くからみたら、丸くてなんか優しい印象の山だったけど
近づくとこんな岩場なの。これが山頂までずっと続いている。それに結構、急なのね。

oogawara004

そして、2,530m山頂に到着!ここまで、約2時間!

昔は火山だったのかな?ココって噴火口跡ってことかしら?
山頂は、とにかく広くて直径100mくらいあるかなー?
岩がこれでもか!ってくらいゴロゴロとしていて、真ん中の方が少し窪んだ恰好になっていて
そこに神様が祀られている。

oogawara005

蓼科山は、八ヶ岳火山列の最北端に位置する独立峰。
山頂からは、素晴らしい眺望が広がってます。
手前は2in1スキー場かな?遠くには南アルプス。

oogawara006 

左の方には、八ヶ岳。

山頂の窪みで風を避けつつ、お約束の“スニッカーズ”をかじると見事エネルギー補給も完了!
また元気を取り戻し、颯爽と下山し始めます。

そのまま、来た道を戻るのが賢明・・・それがレベルだったのかもしれないけど
知らぬが仏と申しますか・・・何分、素人なもので
天祥寺原へ廻るコースをチョイスしていた私たち。 激下り!です。
こっちは、歩く人が割りと少ないコースなのか、上級者向けだからか
道もそれほど整備はされていないの。でも下りだから、まだ良かったのよね〜。

登ってくる人たちににこやかに挨拶をしても、ほとんどの人が
喘ぎながら挨拶を返すのがやっと!という様相でしたモン。
oogawara007

私たちも、ストックでバランスを保ちつつ
スキーの感覚で降りるとあまり怖くないし、いいテンポを保つと意外と楽しいかも〜♪
-----なんて思い始めた頃に、天祥寺原に到着。
振り返ると、今、登ってきた山が、笹の原っぱの向こうで日を浴びてました。

oogawara008

そして、亀甲池に到着。深閑とした雰囲気です。ここでランチに。
この池は、干上がることもあるらしく、池底に見える岩が亀甲の形に浮かび上がるんだとか。

そしていよいよ後半。
この頃になると、口数も少なくなってきて
あとどれくらいかな〜って考えたりすることが多くなってきちゃったんだけど・・・
でも、こんな景色を見るとやっぱり元気をもらえる。

oogawara009

双子池に到着。まずは雄池。うーん。秋の空だね!!

ぐる〜っと半周くらい廻ると、双子山ヒュッテがあって、その奥に雌池が。

oogawara010

こっちの池の方が透明度が高いみたい。
どうやら双子山ヒュッテの水はこの池から確保しているらしく池底にホースも這っていた。

そして最後の難関、双子山に挑む!
もう既に、この時点で、私たちの体力はかなり限界レベルに近づいていたはずなんだけど
とにかく、この山を登って降りないことには、ウチに帰れない〜。
久しぶりに根性出しましたよー。

oogawara011

山頂で撮った写真は、もう記録として、ただ撮っただけ。構図も何もあったもんじゃない。
既にガタがきている膝をいたわりつつ、フラフラしながら降りました。

普段、何のトレーニングもしていないのに、ただの無鉄砲の何モノでもないね。


でも!やっぱり楽しかった。
カラダは疲れたけど、すっごくリフレッシュできたし(し過ぎかな?私)
肩こりとかは取れたし。
体育会系オンナとしては、久しぶりに気合いいれるのも、それほど悪くない。

oogawara012

おまけ。
今回の山歩きで、私を元気付けてくれたモノ。
これウチで食べても美味しいけど
山で食べたときの、鼻の奥までツンと刺激するようなバターとキャラメルの香りの高さは
忘れられないなー。


takamaien_n at 18:31|PermalinkComments(6)TrackBack(1)

August 17, 2007

夏のお約束

お盆を過ぎ、少しずつでも涼しくなってくると思いたい今日この頃・・・
でも、もうしばらくは暑い日が続きそうなので
カメラに残してあった、涼しげな画像などお届けしたく・・・。
nagato01

先日、実家のじゃがいも掘りを手伝ってくれた
妹と甥っ子にお礼を兼ねてちょこっとだけ遊びに行った渓流の写真です。
これは橋の上から見たところ。

途中までは車で行かれるんだけど、途中からは徒歩で数分、林道をくだっていきます。
蓼科の御泉水自然園の伏流水を源流としている渓流なんだけど
もうとにかく水が冷たくて冷たくて。
nagato02

水源にもかなり近い上流なので、水の量も大して多くないし
川底が岩になっているところが多いので、子供でも歩けるけど
何しろ水が冷たすぎて、長いこと足をつけていられないの。
30秒が限界かな。
大きな石に腰掛けたりしながら、少し休みながらじゃないと、先に進めない。

nagato03

水は抜群にキレイなんだけど、水遊びできるような環境じゃないのよね。
心臓マヒしちゃうっ。
まわりは木がたくさんで、ほとんどが木陰なので、そこに15分もいたら
冷え冷えしてくるくらい。
しばらく遊んで、十分に“涼”を取ったら、今度はお約束の長門牧場へ。
去年は、大河ドラマ「風林火山」のロケ地にもなったところ。
最近の回でも、KUROがよくきのこ採りに行くスポットなども含め
見覚えのある場所や、この界隈がロケ地としてたくさん出てきているようです。

nagato04nagato05

甥っ子のRyoは、トラクターと動物が大好きなので
牧場は大のお気に入りスポット。
ソフトクリームを夢中で食べ、馬と牛に草をあげ、飽きるまでトラクターごっこをして
休日を満喫しました。

私たちも、こだわりバターや瓶詰め商品をいくつかゲットして満足!

長門牧場
長野県小県郡長和町大門3539-2
TEL:0267-55-6969
10:00〜17:30(レストランは火曜休)

takamaien_n at 20:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

September 14, 2006

野菜のデパート

先ほどアップした野菜ネタの続き。

農ん喜村のことは、このブログでも何度もネタになっているんだけど
まだカメラの中に残してあった写真のアップを兼ねて・・・。

農ん喜村2

















国道142号線沿いで、こんな看板を見かけたら是非お立ち寄りを。

農ん喜村5



























親切価格の野菜がびっしり並んでます。

農ん喜村3
























農ん喜村4

















ポピュラーな野菜はもちろん、夕顔やらそうめんうりなどの季節野菜・・・それから
アロエベラなどの変り種までいろいろ並んでいるので、面白くて、ついいつも寄ってしまいます。

セロリ農ん喜村1


















このパンパンに入ったセロリ。すっごい青臭い!!私は大好きだけど、ね。
スープとかにしたら、かなりいい香りがたちます。
こんなにあると漬物にでもして消費しないと・・・です。

このジャンボピーマン。パプリカとかのかけ合わせなのかな?
サイズわかります?横に100円ライター置いてみたけど。
その上、超肉厚。どんな味がするのか楽しみです。
このサイズで3個入って¥80・・・ってどういうこつ?????

農ん喜村公式サイト 
ネットで買える商品もあります。
(生鮮野菜はないけど、蓼科のりんごも、そのりんごを食べて育った蓼科牛も
すごく美味しいよ〜)

takamaien_n at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 02, 2006

蓼科 御泉水自然園

8月1日、佐久地方はお墓参り。

1742年の夏、超大型の台風が上陸して本州を縦断。
その時に千曲川上流域である佐久は大災害を被り、私の実家でもある佐久穂町では
さらに土石流があり、村の4割の人がなくなるという悲劇が起こったのだそうです。

その年は戌年。それから、この大災害のことは[戌の満水]と言われるようになって
佐久地方では、その大災害でなくなったたくさんの犠牲者の慰霊をするために
お盆を目前にしながらも8月1日にお墓参りをする習慣ができたとのこと。
会社もお休みになるところが多いんですよ。

そんな訳で親兄弟が集まる1日。
お墓参りを済ませてから家族で出かけるのが我が家の恒例行事です。

半日だけなので行動範囲はある程度限られるんだけど、毎年あれやこれやと計画をしてます。
今年はもうすぐ3歳になる甥っ子の喜びそうなところ・・・ってことで
蓼科の御泉水自然園と長門牧場へ。

gosensui2



















御泉水は私も前から行きたかった場所。
女神湖の東の山の上に広がっている湿地で、長野県が明治100年記念事業として開設したらしいです。

蓼科牧場から白樺国際スキー場のゴンドラリフトに乗って蓼科山の中腹から
歩き出すことも出来るけど、私たちは上の駐車場からそのまま入園。

たくさんの高山植物を眺め、野鳥の声に耳を澄まして、木道の散策コースを歩いて
森林浴。

gosensui3



















これが、御泉水の源泉。

gosensui1



















この苔むした岩の下から相当量のお水が湧き出しています。
たぶん、水温は5℃くらい。ずっと手を浸しているのはツライ温度です。

甘くて軟らかい水。美味しい!!!!!!!!ペットボトルに1本だけ頂いて帰りました。

azamiwaremokou





















ワレモコウ、野アザミなど可憐な花もたくさん見られます。
石楠花や山ツツジの咲く季節も素晴らしいんだろうなー。

御泉水自然園
長野県北佐久郡立科町大字芦田八ヶ野
TEL:0267-55-6201
8:30〜17:00/11月中旬〜4月下旬は休業
入場料 大人\300 子供\150

takamaien_n at 22:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)